年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菅野 洋充かんの ひろみつ

マンション売却物件「シーアイマンション上野」のご案内

最終更新日:2020年2月1日
公開日:2016年9月22日

(注:本物件は販売を終了しております。)

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。 上野のマンション「シーアイマンション上野」のご紹介です。  7階の南西角住戸、2面バルコニー付の83.14平米物件です。 なかなか80平米超えのマンションは出物がないので、上野・浅草周辺で広めのマンションをお探しのかたは必見です。 畏れながら室内は使用感がありますので、リフォームは必要かと思われます。   現地をご覧になりたいお客様は、弊社にご連絡頂いても、懇意にされている不動産業者様にご依頼されても結構です。 是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。   REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。 REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。   「売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。 お気軽にお問合せください。   REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。 もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。   皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。   仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?   今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。   それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。   手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。   私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。   REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。 どうぞよろしくお願いいたします。  

カテゴリー:

江東区森下の一棟売りビルのご紹介です

最終更新日:2016年12月10日
公開日:2016年9月22日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。

 

江東区森下の一棟売りビルをご紹介させて頂きます。

江東区 森下3丁目一棟ビル

最上階はオーナー住戸で、1階が店舗事務所、2階・3階はワンルーム住戸となっております。

現況で月収が50万円超、オーナー住戸も貸し出して更に上乗せも可能です。

 

現地をご覧になりたいお客様は、弊社にご連絡頂いても、懇意にされている不動産業者様にご依頼されても結構です。

是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。

 

REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。

REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。

売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。

お気軽にお問合せください。

 

REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

 

仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?

今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。

 

それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。

手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:

茅場町・八丁堀のマンション売却物件「中銀東京日本橋マンシオン」のご案内

最終更新日:2016年12月11日
公開日:2016年9月22日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。

 

茅場町・八丁堀のマンション「中銀東京日本橋マンシオン」のご紹介です。

茅場町 八丁堀 中銀東京日本橋マンシオン

こちらは一部リフォーム済で、すぐにお住まいになれそうな物件です。

9.2帖の洋室は三方に窓があり、明るく風通しも良好です。

 

現地をご覧になりたいお客様は、弊社にご連絡頂いても、懇意にされている不動産業者様にご依頼されても結構です。

是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。

 

REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。

REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。

 

売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。

お気軽にお問合せください。

 

REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

 

仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?

今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。

それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。

手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:

アパート売却物件「日野市・東平山2丁目、一棟アパート」のご案内

最終更新日:2018年7月1日
公開日:2016年9月15日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。

 

アパート売却のご案内「日野市・東平山2丁目、一棟アパート」のご紹介です。

日野市東平山二丁目一棟アパート

旭化成施工の軽量鉄骨へーベルメゾンです。現在、2階の一室と駐車場2台が空いています。

南側は8m公道で、高台にあるので2階からの眺望も良好です。

近隣には豊田の操車場や、三井不動産ロジスティクスパーク日野、その他大手企業の配送センターや工場などが多数あり、賃貸需要はかなり高い立地です。

 

現地をご覧になりたいお客様は、弊社にご連絡頂いても、懇意にされている不動産業者様にご依頼されても結構です。

是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。

 

REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。

REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。

 

売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。

お気軽にお問合せください。

 

REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。

 

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

 

仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?

 

今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。

 

それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。

 

手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。

 

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー:

戸建て売却物件「大田区・久が原5丁目・中古一戸建て」のご案内

最終更新日:2016年12月11日
公開日:2016年9月15日

仲介手数料最大無料の不動産流通システム・REDS(レッズ)の菅野洋充です。

人気の住宅地大田区・久が原5丁目の「中古一戸建て」のご紹介です。

久が原五丁目一戸建て
土地形状は接道幅2mの敷地延長物件ですが、近隣5戸の敷地延長物件と協定を結んでいるため駐車場は確保されています。
協定部分にはインターロッキングブロック舗装が施され、境界部分に塀などもなく開放感があります。
どこかヨーロッパの住宅地のような雰囲気の物件で、ぜひ一度ご覧いただければと存じます。

現地をご覧になりたいお客様は、弊社にご連絡頂いても、懇意にされている不動産業者様にご依頼されても結構です。

是非ともご検討宜しくお願い申し上げます。

REDS(レッズ)の事務所は秋葉原が最寄り駅です。

REDS(レッズ)の販売手法を駆使すれば、秋葉原エリアだけではなく、東京23区、23区周辺の東京都下及び都内通勤エリアまでも対応可能なエリアとなります。

売却相談・無料査定」・「仲介手数料査定」・「お問合せ」は、メールであれば24時間受付中です。メールでも迅速な対応を心掛けています。

お気軽にお問合せください。

REDS(レッズ)は水曜日も9:00-19:00まで営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。お気軽にお電話ください。

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

仲介手数料が無料、半額と聞くと「大丈夫なのだろうか」と疑問に思う方も少なくないと思います。「そんなうまい話があるわけない!」、「仕事が雑なのでは?」、「他に追加費用がかかるのでは?」などと思っていませんか?

今までREDS(レッズ)をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、初めのうちは多かれ少なかれ、そのような疑問を持っておられたと思います。

それでも「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果と評価を「お客様の声」や、お客様へのインタビューでご紹介しています。

手前みそで恐縮ですが、大変ご好評をいただいておりますので、ぜひご覧ください。

私、菅野洋充のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー:

借地借家法にない建物賃貸借「終身賃貸借契約」

公開日:2016年9月9日

ここ半月ほど、体があと3つ欲しいと感じるくらい忙しい菅野です。
と申しますのも、身内の介護と引っ越しを急に請け負うことになってしまい、千葉県鴨川市と埼玉県三郷市、八潮市を週に何度も往復する状況となっております。

 

いつまでも 無事と思うな 老両親
(字余り)

 

妻の両親はどちらも持病があったのですが、ここ数ヶ月で急激に悪化し、二人で暮らしていくことにドクターストップがかかってしまいました。

義両親のうち、義母は鴨川にとても愛着があり引っ越したくないと頑なでしたが、どうにか納得してもらい、私と妻の住む埼玉県東部に来てもらうことになりました。

私も祖母の一人が認知症だったこともあって、意識のはっきりしている義両親であれば、それほど苦労がないと考えていたのですが、入所する老人ホームの選定にまず一苦労しました。

最初は費用が安いと聞いていたので、特別養護老人ホームを検討していました。

越谷市に新しい施設で空きのある所があったので、相談に行きました。

そこで「介護度の壁」にぶつかってしまいました。

ご存じの方もたくさんおられるかと思いますが、2015年に介護保険制度が改正され、特別養護老人ホームには要介護度3以上でないと入所できないことになりました。

義父は要介護3なのですが、義母は要介護2で、これでは特別養護老人ホームには父しか入れません。

二人は仲がよく、分かれて別々のところに住まわせるのは可哀想ですし、二人の要望としても一緒が良いとのことでした。

 

結局、探しだしたのが「サ高住」と呼ばれる施設でした。

「サ高住」とは「サービス付き高齢者住宅」の略で、アパートのように賃貸借契約を貸主と結んで入居するのが特徴です。

二人の連帯保証人に私がなったのですが、その時に説明されたのが「終身賃貸借契約」という内容でした。

私は宅地建物取引士で、宅建マイスターです(笑)。

でも「終身賃貸借契約」ってなんぞや?と思ったのでした。

借地借家法には「期限の定めのない借家契約」という条項がありますが、それとは明らかに違います。

これは「サ高住」にほぼ限定される特殊な賃貸借契約で、入居者の死亡を持って契約期限とする、という契約です。

通常、不確定な期限を定めた契約は、借家人に不利な契約として無効となるため、以前はこういった契約は結ぶことが出来なかったのです。

しかし「高齢者の居住の安定確保に関する法律」という法律ができて根拠となり、そういった契約で老人用の住宅を運営することが可能になりました。

しかも「終身建物賃貸借事業者」として営業するには都道府県知事の認可が必要とのことで、厳しい基準で建てられた住宅やサービスが保証されるというメリットもあるようです。

 

一方では、国交省の管轄分野に厚労省がちょっかい出してきたという、うがった見方をする方も居るようです。

しかし、私はこの法律、制度があったことで、現在、助かっています。

 

 

カテゴリー: