上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

菅野 洋充

赤羽一番街のとんこつラーメン

公開日:2013年8月30日

最近、赤羽、十条方面に行くことが多いです。

実は私の父方の実家がこの辺りで親戚も多く住み、土地勘もある場所です。

 

赤羽駅東口には、「一番街」という商店街があります。

ここは、昼間から飲み屋さんが開いていて、昼間っから飲んでいる人たちがたくさんいる場所です。いっちゃ悪いですがダメ人間天国です。

かく言う私も学生時代は十条に住んでいて、赤羽や池袋で飲むことが多く、深夜バイト後に朝から昼過ぎまでバイト仲間とこの「一番街」の立ち飲み屋で飲んで、寝ずにそのまままたバイト、なんていうダメ人間的生活をしていたこともありました。みんな昼から飲んでいるので、ここで昼飲んでも余り罪悪感を感じられないで済むんですよね?

先日も夕方3時頃にたまたまココを通って赤羽駅まで行ったのですが、かなり誘惑が多いここを抜けきる事ができず、じゃあということで一番無難なラーメン屋に入りました。

「博多流斗樹」さんというお店です。

 

「斗樹スペシャル」というラーメンですが、いわゆる全部のせってやつでしょうか。

スープは博多の豚骨臭さは少し薄く、マイルドな印象です。

スープにかくれちゃってますが、博多豚骨にしてはチャーシューが厚く柔らかでバカウマでした。(ちなみに赤羽一番街では毎年4月に「バカ祭り」というお祭りがあります。)

麺は博多風の細麺で、もちろん替え玉可。バリカタ一丁!!ってなかんじです。

となりのカウンターは私が入ったときは空いていたのですが、注文後に続々と人が入って満席に。

その中のお一人が「締めのラーメンはうまいな?」って、あんたいつから飲んでたのと突っ込みたくなるようなことをおっしゃっていました。

そんな呑んだくれ庶民の町、赤羽でした。

関連ランキング:ラーメン | 赤羽駅赤羽岩淵駅

カテゴリー :

鴨川の田園風景

公開日:2013年8月18日

8月9日より16日まで、弊社は夏季休業させていただきました。

ご迷惑をお掛けしました方がいらっしゃいましたらこの場を借りてお詫び申し上げます。

 

ところで、久々のお休みを頂きましたので、嫁の実家に行ってまいりました。

千葉県の鴨川というところです。

東京よりも南にありますが、緑が多くコンクリートジャングルに比べれば幾分涼しいところです。

嫁の実家は農家ではないのですが、田んぼの真中にあります。

2階から稲の実った田んぼを見るととてもきれいです。暑かったですが、秋の気配も少し漂う鴨川でした。

 

カテゴリー :

おユぴちょんくん

公開日:2013年8月6日

 

週末の秋葉原駅昭和口では、イベントがよく行われています。おユぴちょんくんおユぴちょんくんがいましたが、正直あまり盛り上がっていませんでした。

(ピンクのやつは「おユぴちょんくん」、青いのが「ぴちょんくん」、他にもいろいろいるらしいです。)

 

レアキャラです、と一生懸命となりのお兄さんが通行人に呼びかけてました。

でも、通りがかりの子供たちはちょっとビビって遠回りしてました。

きぐるみって、確かにちょっとこわいよな?と思いながら撮影してきました。

カテゴリー :

靖国神社

公開日:2013年8月3日

先日、近くの物件をお取り扱いしまして、九段下駅まで歩く際に立ち寄りました。

拝殿

南門から入ったのですぐにお参りする拝殿がありました。

お参りして、ふと横を見たところ警察官さんに敬礼されました。

 

大燈籠

大きな灯籠です。道を歩く人と比べると大きさがわかると思います。

目の前を通ることはたくさんあったのですが、境内には初めて入りました。

なんというか、空気が違いました。

 

 

 

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • プロが解説、家売るドラマのウソ・ホント
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する