上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

菅野 洋充

関東住みたい街ランキング急上昇!さいたま市の「さ」

公開日:2019年2月28日

菅野です。

どうやら今、「さいたま」が話題です。

映画「翔んで埼玉」が静かにヒットしているそうです。

また、SUUMOの「関東 住みたい街ランキング」で、大宮が4位、浦和が8位、さいたま新都心が23位と人気が急上昇しています。

関東住みたい街ランキング2019

 

そんな話題のさいたまですが、「さいたま市」の「さ」は

 

ではなく

でないといけないそうです。

はダメで、

はOK。

おわかりでしょうか?

 

 

これは、さいたま市役所の内規で2画の「さ」を使用すると決められているのだそうです。

一応、市のサイトでは「市民の皆様は2画、3画どちらの『さ』を利用していただいても構いません。 」とあります。

ですので、市民以外は2画の使用を厳守してください。(嘘)

(厳守してくださいと言っているそばからすみません。このサイトでは3画になってしまいます。これじゃ困るだろ、WEB担当なんとかしろ)

 

ところで、なぜさいたま市は「ひらがな」なのかというと、最初「埼玉市」を案としたときに、行田市が反対したとか。

「埼玉」の地名の発祥は行田市が合併する前の旧「埼玉村」(これは「さきたまむら」と読みます)なんだそうで、それを違う行政が使用するのはまかりならん!と言われたらしいです。

それはそれで別にええやん、とか思ってしまいますが、さいたま市は大人の対応でひらがなを選択した、ということらしいです。

大宮と浦和が血で血を洗う戦いのうえに決まった「さいたま市」の名前ですから、市役所の人も「もう争いはこりごりだ!」とか思ったのでしょうか。(これも嘘です)

 

まあ、浦和のあたりは災害危険度も低く、また大宮は交通の要所ですのでいろいろなところに移動するのが非常に便利ですので、人気があるのもよく分かるというところです。

さいたま市の物件をご検討の際には、ぜひ不動産流通システムREDSをご利用下さい。

カテゴリー :

「ウィルローズ東京ラルーナ」販売開始しました!

公開日:2019年2月21日

菅野です。

先週販売予告した物件のうち、横浜の物件は販売開始後すぐに申し込みが入ってしまいました!!!!!

お待ちいただいていた方がいらっしゃったら、申し訳ございませんっ!!!!!

 

もう一件の物件もか・な・り!良い物件ですので、こちらにご紹介させていただきます。

 

ウィルローズ東京ラルーナ外観

 

 

ウィルローズ東京ラルーナ

中央区新川の角地にある6階角住戸です。室内は明るく、周辺には生活施設も充実しており非常に住みやすいところです。

通勤も徒歩圏に鉄道が4線利用可能で、エントランス目の前には東京駅八重洲口行きのバス停もあります。

こちらも早いもの勝ちになりそうですので、ぜひご検討ください!!

 

カテゴリー :

販売予告のお知らせ(横浜関内、中央区新川)

公開日:2019年2月14日

菅野です。

近日にお売り出し予定の物件が2件ございます。

・東京都中央区新川2丁目の平成16年築 1LDK3000万円台

・横浜市の関内駅すぐの平成18年築 1LDK+DEN4000万円台

乞うご期待ください!!

カテゴリー :

四谷の築1年半のマンション売り出しました【新規受任物件】

公開日:2019年2月8日

菅野です。

既に案内も入っているのですが、四谷の築1年半しか経っていない、とても新しくて良い!マンションを売り出しました!!!

室内画像を撮影させていただいたので(しかもかなり良い!!)

それを載せます!!

良いです!!

ジオ四谷三栄町リビング1

ジオ四谷三栄町リビング2

売主ご夫妻がぶっちゃけてくださいました。

「生活に支障の出るレベルまで片付け、清掃しました!」

その心意気が素晴らしい!!!!!!

(そこまでやらせてしまい、まことに申し訳ございません)

でも、本当に良いです!

 

 

 

 

 

マンション名は「ジオ四谷三栄町」といいます。

この辺りでご検討されている方は必見の物件です。

ご予約はお早めに!!

 

販売図面ジオ四谷三栄町

カテゴリー :

昨年12月の新築マンション初月契約率が50%を切る(1991年8月以来)

公開日:2019年2月1日

菅野です。

1月31日に修正の入った、株式会社不動産経済研究所の首都圏不動産市場動向に関する資料です。

首都圏マンション・建売市場動向2018年12月度(PDF注意)

これを見ますと、首都圏の新築マンション販売動向が急に悪化していることがわかります。

本ブログの見出しの通り、新築マンションの初月契約率が50%を切っていることの他に、単価が一戸あたり前月から2%も下落しているとのこと。

(㎡単価は0.2%下落)

年率換算ですと戸当たり2割以上の下落率となり、かなりひどい状況であると言えます。

 

 

株価は年末に大暴落したあと、年明けはゆっくり回復基調ではあります。

ただ、毎日の状況としては不安定要素が多く、先行きの見通しは決して楽観的ではない状況です。

東京都の不動産市況は株価に連動しているとよく言われます。

消費税増税も控えている中、このような民心にとって不安の大きい景気状況では、不動産の価格が上向きになるという状況はあまり望めないのではないかと考えております。

 

住宅ローンの金利は再び下がる方向に動いており、不動産への金融がまた緩和される状況に向かえばよいと思いますが、金融庁の不動産への融資に対する締め付けは未だ続いているようにも見えます。

不正を行った人たちはどんどん罰せられていってほしいと思いますが、真面目に不動産を買おうとしている人たちにとばっちりが来る状況は続いてほしくないなと思います。

 

とにかく、不動産市況の先行きは決して明るくない状況であると言えるでしょう。

売るにしても、買うにしても、早めの対処が必要です。

カテゴリー :

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する