交渉依頼書とは、買主が売主に対して、不動産を購入する意思があることを伝え、交渉を依頼する書面で、契約書を交わす前に用いられるものです。

契約書と違い、売主と買主の双方に権利や義務は発生しませんが、不動産の売買では慣習として使われています。その理由は、契約をする意思が有ることを確認することにより、売買金額や引き渡し時期、その他の要件を調整するのに有効だからです。

しかし、交渉依頼書には法的な効力はなく、提出後に買主の意思でキャンセルすることもでき、仲介業者もそれを認識しています。そうはいっても、キャンセルできるからと安易な気持ちでとりあえず提出するようなことは、モラル的にも避けるべきです。交渉依頼書を提出する際に手付金を支払う必要はありません。

また、交渉依頼書に売買希望価格を記載して提出することによって、値引き交渉をすることもできます。

このページの最後では、「交渉依頼書」の書式をダウンロードできますので、不動産購入の依頼時にぜひご活用ください。

一般に交渉依頼書に記される内容

交渉依頼書に記載される内容は、一般に下記のような項目があります。

交渉依頼書の書式

こちらから交渉依頼書の書式がダウンロードできますので、
ぜひご活用ください。

物件の表示(住所、建物名、面積など)

売買の予定金額

(値引き交渉が有るときは、売買の希望金額)

契約予定日

契約時の手付金の金額

不動産の引き渡し予定日

住宅ローン利用の有無

その他の確認・要望事項

このテーマに関連する記事、「仲介手数料無料の良い不動産会社を見つけるには?(購入者編)」「不動産の仲介手数料が無料にできるワケ」も、ぜひご覧ください。