上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

不動産仲介の仕組み不動産仲介≒レインズのフル活用である

REINS

「不動産流通機構(レインズ)」や「仲介」とは?

不動産用語でよく「不動産流通機構(レインズ)」や「仲介」との言葉が使われますが、一般の方にはあまりなじみのない言葉かもしれません。しかし、この言葉の意味をしっかりとご理解いただくことが、不動産会社に物件の売却や購入を依頼する際の重要なポイントとなります。

下の図は、一般の品物の流れとは違う「仲介」の仕組みのイメージです。あわせて、「仲介」の仕組みを支える「不動産流通機構(レインズ)」にとはどのようなものか、さらにREDSで仲介手数料が無料や半額にできる理由についても解説します。

一般の品物の流れ

お店は利益を乗せて販売

不動産売買(仲介)の流れ

あくまで不動産物件の受け渡しのお手伝い

不動産の「仲介」とは

?

このように不動産の「仲介」とは、一般の品物の流れとはまったく性質が異なります。「仲介」では、不動産会社は物件を仕入れることなく、売主から買主へ物件を受け渡すお手伝いをします。また、取引成立後にその報酬として売主や買主、あるいはその両方から法律で定められた範囲内の仲介手数料を受領します。


不動産を 買うとき

不動産会社がいつも買主の希望に合った売主や物件情報を知っているわけではありません。そんなときは日本中の不動産会社が売却依頼を受けた物件を登録している「不動産流通機構(レインズ)」というシステムを利用し、買主の希望に合った物件情報を見つけ出して紹介するのです。

レインズに登録されているあらゆる物件から紹介が可能

不動産を 売るとき

不動産会社が売主と不動産売却の媒介契約を結んだ際には、依頼を受けた不動産が早く売れるように、物件情報をレインズに登録することを国土交通大臣は義務づけています。多くの不動産会社で情報を共有することにより、全国から物件の買主を探すことが出来ます。

レインズへ、物件情報の登録義務

このように物件を売るときも買うときも不動産の仲介取引では、不動産業者専用情報システムのレインズを中心に行われています。だからこそ不動産売買を成功させる最大のポイントは、レインズを徹底的に活用することに尽きます。

だからREDSはどんな物件でも紹介できるのです!

だから、REINSとREDSを活用すると、どんな物件でもご紹介可能なのです!
point

REDSは、レインズのシステムをフル活用します!

新聞の折込チラシやインターネットで公開されている物件、また、オープンハウスをおこなっている物件なども、ほとんどがこのレインズに登録されています。つまり、すべてREDSでもご紹介ができるのです。

売るときも、REDSに任せるだけで大丈夫!

各種広告

point

REDSを窓口として物件情報をレインズに登録することにより、全国の不動産会社に情報が行きわたります。両手仲介をしたいがために囲い込みなどを行わないREDSが登録した物件情報だからこそ、多くの不動産会社が積極的に販売活動を行ってくれるのです。

おまかせ

買いたい方も売りたい方も!専任エージェントにお任せください!

おまかせ

  • 購入手数料査定フォーム
  • 売りたい方はこちら

0800-100-6633 10-19時 365日 メール24時間

0800-100-6633 10-19時 365日 メール24時間

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • プロが解説、家売るドラマのウソ・ホント
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
ページの先頭へ ページの先頭へ

フリーコールで
REDSに電話発信する