上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

REDS宅建マイスターよる

無料セミナー無料セミナー

12月17日 テレビ東京で放送された「どっちの家を買いますか?」に出演したREDS(レッズ)村上太朗(宅建士)らによる宅建マイスターの無料の個別相談会を実施します。

宅建マイスターの
村上太朗のプロフィール

資格:宅地建物取引士、宅建マイスター、損害保険募集代理人
1972年 千葉県出身。不動産業界の経験19年(全て売買仲介)、契約件数約520件超の実績のあるレッズのエージェント。少数先鋭のREDSのエージェントの中でも、入社初年度の売買仲介実績で約20億円を記録し、トップ・セールスとなる。2019年12月テレビ東京「どっちの家を買いますか?」に出演し、好評を得る。

こんなご相談にお答えします!

購入相談

マンション、土地、戸建住宅、収益不動産の購入相談をはじめ、リフォームなどの幅広い内容について、レッズの宅建マイスターが個別に相談を承ります。ぜひご参加ください。

売却相談

「今の家を売却したら、いくらになるのだろう・・・」 「売却したいけど、どこに相談すればよいだろうか」 「住み替え前提で、売却を検討したい」など、不動産のご売却のご相談、お住み替えについて、レッズの宅建マイスターが皆様のご不安やご質問に回答をさせていただきます。

  • ※いずれも予約制のセミナーとなりますので事前にご予約をお願いいたします。なお、メール、電話でのお問い合わせは、随時受け付けております。画面上のボタンよりお問い合わせください。
  • ※ご相談をお受けできる不動産物件のエリアは、東京23区内ならびに山手線の主要ターミナル駅から概ね30分圏内の東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県となります。

宅建マイスターとは

宅建マイスター 宅地建物取引士 宅建アソシエイト

宅建マイスターとは、「宅地建物取引のエキスパート」で国家資格の宅地建物取引士が、常に専門知識をブラッシュアップしつづける目的で開設した認定制度で認められた者が持つ資格で、いわば「上級宅建士」といえる称号です。

2019年3月末までの宅建士の登録者105万人に対し宅建マイスターの有資格者はわずか524人であり、そのうち当社には10名の宅建マイスターが在籍しております。

宅建マイスターに
求められる能力とは?

01

潜むリスクを
見逃さない視点

ときに不動産物件には所有者すら把握していないリスクが隠れている場合があります。それを経験則だけではなく、理論的思考に基づいて予見します。

02

トラブルを
未然に防ぐ調査力

事前に対策を講じれば殆どのトラブルは未然に防ぐことができます。そのためには確かな調査力が不可欠であり、丁寧で確実なリサーチを行うことが安全な取引につながります。

03

信頼関係を築く
コミュニケーション能力

不動産取引には煩雑な手続きや難しい専門用語が付きまといます。お客様同士の利害が相反する場面も多く、双方の合意を得るのは簡単なことではありません。だからこそご満足いただくお取引の成立には、コミュニケーション能力が欠かせません。

こうした能力を高い水準で持つ宅建マイスターだからこそ、安心で安全な不動産取引のお手伝いが可能です。

REDS宅建マイスターによる無料セミナーのお申込み

2020年1月
1
元日
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
成人の日
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年12月

メール、電話でのお問い合わせは、随時受け付けております。画面上のボタンよりお問い合わせください。

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • 宅建マイスターによる不動産無料相談
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する