上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェント紹介agent

福島 直哉(宅建士)

ふくしま なおや

n.fukushima@red-sys.jp

不動産のご購入・ご売却をお考えのみなさま、
みなさまの幸せのために誠心誠意お手伝いさせていただきます。

生年月日
8月4日 しし座 B型
出身地
埼玉県
 生まれも育ちも埼玉ですが学校も会社も東京の埼玉都民です。
趣味
読書
飲み食べ歩き
資格・特技
・宅地建物取引士
・宅建マイスター
・損保募集人資格
・普通自動車運転免許
担当エリア
・東京・埼玉
得意な物件
・マンション
・一戸建て
・土地
メッセージ
はじめまして、買うときも売るときも仲介手数料最大無料REDSの不動産エージェント  福島 直哉(ふくしま なおや)と申します。
こちらのページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

わたくしは、最初は人生で二番目に大きなお買物である保険業界に10年間、その後は一番大きなお買物である不動産業界に17年間携わってまいりました。
今までの経験を活かして不動産にまつわるわかりにくい税金面、多種多様の住宅ローンや火災保険選びなど、お客様の立場に立ってわかりやすくアドバイスさせていただきます。

まずはお気軽にお問合せください、「福島に任せてよかった!」と言っていただけるよう誠心誠意お手伝いさせていただきます。

エージェントインタビュー

福島 直哉

ふくしま なおや

  • #01

    趣味や休日の過ごし方を教えてください。

    読書が好きなので、休日には図書館に出かけまして、流行りの本を中心にいろいろな本を読んでいます。

    また、食べ歩きも好きなので、池袋や新宿などでラーメン屋さんや居酒屋巡りをしています。新しいお店ではなく、昔からあるお店が好きで、特定のお店に繰り返し行ってます。

  • #02

    出身地や地元での思い出話などお聞かせください。

    生まれは埼玉県の秩父市です。育ちはふじみ野市で、今は志木市に住んでいますので、ずっと埼玉に住んでいることになります。高校、大学は東京でしたので、いわゆる「埼玉都民」です。

  • #03

    REDS(レッズ)に入るまでの経歴を教えてください。

    大学卒業後は損害保険会社に10年勤務しました。最初の5年間は本社で企業営業部に配属されました。その後の5年間は東北で地域営業をやっていました。

    実は、損保会社に10年勤めたら不動産業界に行こうと考えていましたので、大手不動産会社に転職しました。損保時代に、企業営業と地域営業の両方を経験できましたので、不動産業界に転職してからも、その営業ノウハウは非常に役立ちました。その後、中小不動産仲介会社を併せてトータルで17年間勤務しましたので、大半の仲介業務を経験しています。

  • #04

    保有している資格は?

    宅地建物取引士の資格を持っています。また、これから宅建マイスターの資格も取る予定です。

  • #05

    レッズで他の不動産会社との違いを感じたことは?

    レッズは、事務所内に自分の決まった椅子・机がありません。フリーアドレス制といって、空いているところに自由に座るという仕事方法を採用しています。これは、机の上を乱雑にできませんので、情報管理能力が高まりますし、なにより事務所費用の削減になっていると思います。

    また、専門知識と倫理観の高いエージェントがそろっていまして、1人で一から十までこなしていきます。つまり、事務担当の女性社員などはいません。これによって人件費の削減を実現しています。

    こうしたコストダウンを徹底することで、仲介手数料の半額、または無料ということを実現できています。

    そのほか、スマートフォンとパソコンを貸与されていますので、事務所に戻らなくてもどこでも仕事をこなせるようになっているのも特徴だと思います。これによって、お客様にスピード感をもって高品質のサービスを提供できていると感じています。

  • #06

    レッズのアピールポイントは何でしょうか。

    買うときも売るときも、仲介手数料が最大で無料。最低でも仲介手数料半額であり、それを実現しているエージェント全員が宅建資格を保有しており、高品位なサービスをご提供しています。

    また、上場企業のヒノキヤグループの一員でもあり、安定した財務基盤がありますから、安心してご利用いただけると思います。

    エージェント一人ひとりの携帯電話の番号もホームページに公開されていますので、オープンな社風で、なおかつ今の仕事に自信を持っています。

  • #07

    得意とされている仲介業務はどのような内容ですか。

    売買の仲介業務はすべて対応可能です。

    中でも、居住用のマンションや戸建ての扱い比率は高く、自信を持ってサービス提供ができます。また、今後は、中古物件の扱いが増えると思われますが、そういったニーズにも柔軟に対応していきます。

  • #08

    この仕事を「やっていて良かった」と感じたことは?

    ご購入いただいたお客様から他のお客様をご紹介いただけたときや、ご購入いただいたお客様が売却されるときにもお声がけいただけたときは、やっていて良かったと実感します。

  • #09

    お客様へのメッセージをお願いします。

    お客様と一緒に、後悔のない取引を実現します。レッズの福島に任せてよかった、と言っていただけるように誠心誠意お手伝いさせていただきます。

    まずはお気軽にお問合せいただければと思います。

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • プロが解説、家売るドラマのウソ・ホント
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する