上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェント紹介agent

藤ノ木 裕(宅建士)

ふじのき ゆたか

yutaka.f@red-sys.jp

生年月日
1973年12月26日
出身地
新潟県中魚沼郡津南町
趣味
お米の食べくらべ・食の名店巡り・料理・時計収集
資格・特技
【資格】
・損害保険募集代理人
・少額短期保険
・宅地建物取引士
・普通自動車免許
担当エリア
【担当エリア】 
埼玉県・東京
得意な物件
【得意な物件】 
新築戸建 中古戸建 中古マンション
メッセージ
新潟県中魚沼出身のお米が大好き藤ノ木です。
実家が旅館を営んでおりました。
小さい頃から食に通じておりましたので食べる事が大好きです。
食べ物も建物と同じで自分が気に入ったと感じるものが一番大事だと思います。
白米のように毎日住んでも飽きないような建物の提案を心がけています。

・「この価格で売却や購入できるの??」
魚沼産コシヒカリのように粘りと味のある交渉を私がします!!
是非、不動産エージェントは藤ノ木をご指名下さい。よろしくお願いします。

エージェントインタビュー

藤ノ木 裕

ふじのき ゆたか

  • #01

    趣味や休日の過ごし方を教えてください。

    時計が好きなので、休日には時計のお店に行くことが多いです。特に、機械式腕時計の精巧なメカニズム(仕組み)を見たりするのが楽しいです。高級品ではないですが、自分でも機械式の腕時計を所有しています。顔なじみの時計店で、店長さんたちと時計の話をするのも好きです。

  • #02

    出身地や地元での思い出話などお聞かせください。

    新潟県魚沼市です。東京から新幹線で行きますと塩沢を過ぎたあたりになります。美味しい米の産地として知られ、日本海も近いので、新鮮な魚を味わえるのが魅力ですね。冬はスキー。最近は雪が減ったとはいえ、今でも雪が多く積もると家の出入口が塞がれてしまうほどで、雪国の建物は1階がガレージで2階が玄関の雪国独特の変わった作りになります。

  • #03

    REDS(レッズ)に入るまでの経歴を教えてください。

    最初はインフラの会社で営業を行っており、仕事を通じて知り合うことができた外食産業のベンチャー創業者の創業理念が「多くのお客様から支持されているのはなぜか」という問題に向き合い、美味しいのはもちろん、他の何に理由があるのかということに興味を抱きました。
    この経験がきっかけとなり、やがて小さい不動産仲介の会社に転職。この業界の一から十を学びました。

    結果、飲食店も不動産仲介も、「お客様に喜んでもらう」という点を主眼に置いて仕事を進めていくことが、大切なポイントであると知らされました。現在は、それをさらに突き詰めたいという思いもあって、レッズのエージェントというお仕事をさせていただいています。

  • #04

    レッズに入って、他の不動産会社との違いを感じたことは?

    「不動産仲介の大手企業にも勝てる、そのサービスの質の高さ」に他社との違いがあると感じています。
    「手数料の安さ」もさることながら、「実績と信用性の高さ」が物を言うと思います。また、不動産仲介会社の中には、「ローン事務手数料」という手数料を取ることがありますが、レッズではこうした不明朗な手数料などは一切頂いておりませんので、安心してお取引していただけます。

  • #05

    レッズのアピールポイントは何でしょうか?

    「明朗会計」というところがアピールポイントだと思います。不動産は高額な買い物です。その取引の過程で、「なし崩し的」に計上されている手数料などが、実は一般的な不動産売買には意外とあります。そうしたものを取り除き、純粋な仲介手数料だけを頂くのが「レッズ」です。

    さらに、その仲介手数料も半額以下または無料という点に、魅力を感じていただけるのだと思います。

  • #06

    お客様への対応で心掛けていることを教えてください。

    私が一般消費者の立場でしたら、自分自身が使いたい不動産仲介会社ですし、もちろん友人にも紹介したいと思っています。自信を持っておすすめできるように、1つ1つの取引に関わらせていただいています。

  • #07

    得意とされている仲介業務はどのような内容ですか。

    新築戸建てと中古マンションの仲介業務です。また、リノベーション済みのマンションも得意です。何かこだわりのある事があればお客様に適切なアドバイスができます。

  • #08

    この仕事を「やっていて良かった」と感じたことは?

    お客様に日々感謝されることです。レッズでの取引は、お客様にとってデメリットになることは1つもないと断言させていただきます。

    お客様とは短期間のお付き合いにはなりますが、高額な財産を購入されるのですから、エージェントとしてお役に立ちたいという思いから、最大限の努力をしています。鍵の引き渡しの際に、感謝されるというのが何よりもうれしいですね。

    また、ご夫婦のお客様などでは、「お父さん、本当にありがとう」などと言っているのを目の当たりにし、この仕事に関わらせていただけて本当に良かったなと感じることもあります。

  • #09

    お客様へのメッセージをお願いします。

    「数ある不動産仲介会社の中で、後悔したくないのであれば、レッズを選ばないでどこを選ぶのか?」と申し上げたいです。メリットだらけの「レッズ」を選ばない理由はないと思います。

    エージェントとの相性もあるかと思いますが、「レッズで売る」「レッズで買う」そうしないともったいない、と正直感じています。レッズで買わなければ良かった、という話は一度も聞いたことがありません。安心して任せていただければと思います。

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する