上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェント紹介agent

津司 徳義(宅建士)

つし のりよし

n.tsushi@red-sys.jp

プロの知識を割引価格、最大無料で利用できるのがREDSの強みです!

営業スタッフの保有資格数が専門性を証明しています。

生年月日
1972年3月7日
出身地
北海道
趣味
大学、社会人とアメリカンフットボールをしていました。
CB/WR/Kとして出場していました。
現在はネットで猫や犬(特にゴールデンレトリーバーのキッカ、ハロ、アムロ、ハッチ、ベンツ等)の動画をみること。
趣味ではないですが毎日出社前・通勤中・帰宅後に不動産について勉強しています。
資格・特技
マンション管理士
宅地建物取引士
管理業務主任者(未登録)
2級ファイナンシャルプランニング技能士
2019年不動産鑑定士短答式試験合格
担当エリア
目黒区、大田区、品川区、港区、渋谷区のマンション、戸建て、土地はお任せください!
得意な物件
マンション・新築戸建て・中古戸建
メッセージ
はじめまして、仲介手数料最大無料REDS 津司 徳義(つし のりよし)と申します。
こちらのページをご覧いただき誠にありがとうございます。

不動産を購入する時には何かと不安を感じられる事も多いと思いますが、その心配事の共有、解決していくことが不動産エージェントに求められる重要な仕事と考えております。

例えば中古物件のご購入時には
① 「本当にこの築年数の物件を購入しても大丈夫なんだろうか?」

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では
② 「今は住宅ローンの支払いに問題はないけど教育費のかかる10年後の支払いは本当に大丈夫なんだろうか?」

このようなお悩みをお持ちのお客様が多いと感じていますし、私自身も非常に重要な事がらだと思っています。

上記の問題は主に2点に注意を払うことで回避の可能性を高めることができます。

端的に申し上げさせていただきますと。
① に関しては「良い管理ができている物件かどうか」ということが重要です。

国土交通省のデータによると約20%の物件で大規模修繕工事時(約12年に1回実施します)に積立金が足りなくなり管理組合による一時金の徴収、または管理組合が金融機関からの借り入れをしているという事実があります。

つまり良い管理ができない物件が意外に多いということです。

私はマンションの管理組合に管理の助言をする国家資格である「マンション管理士」の資格を有していますので、プロの視点でマンションの将来像について情報をご提供させていただくことができます。もちろん管理がすべてではありません。

しかし「マンションは管理を買え」の言葉がある通り、重要な要因であると思います。

また私は物件のご売却の相談を受けることも多くあります。
売却理由の多くはご購入時の資金計画の精度が低かったり、もしくはしてなかったということが原因ですが、これはお客様にとって非常に気の毒なことです。

私のお客様にはこのような思いを絶対にしていただきたくないと考え、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。

お声がけいただければ現状最良と考えられるライフプランのご提案も可能でございます。ライフプランの将来見通しは②についての解決策として、「将来の望まない売却」を避ける一助になると考えてます。

最後に「仲介手数料最大無料って大丈夫?」と思っていらっしゃるかたが多いのではないでしょうか。この件につきましてはブログに記載させていただこうと考えております。

是非ブログもご覧になっていただければ嬉しいです。

貴重なお時間をいただきご覧になっていただき誠にありがとうございます。安心できるお住まい探しをプロとしてお手伝いさせていただければ幸いと考えております。

お客様の声

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する