上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェント紹介agent

菅原 秀泰(宅建士)

すがはら ひでやす

h.sugahara@red-sys.jp

お客様からの感謝の言葉が私のモチベーションです。 皆様から感謝していただけるように、誠実に不動産取引をお手伝いさせていただきます。

生年月日
1967年10月14日
出身地
東京都大田区
趣味
音楽鑑賞
資格・特技
・宅地建物取引士
・普通自動車免許
・大型自動二輪免許
担当エリア
・東京・埼玉・神奈川・千葉
得意な物件
土地、戸建、マンション、投資物件
メッセージ
不動産エージェント 菅原 秀泰(スガハラ ヒデヤス)と申します。 私の自己紹介をご覧いただきありがとうございます。

私は薬学部卒の異色(?)の不動産エージェントです。製薬メーカー、ドラッグストアーを経験し、もともと不動産に興味があり、健康には住まいも重要と思い、35歳で不動産業界へ転職しました。

不動産業界に入る前は「仲介手数料って高い」と思っていました。「不動産屋ってうさん臭い」とか、「楽な商売だな」とも思っていました。皆様もあまり良いイメージはないと思います。

しかし、いざ自分の仕事として携わると、いろいろと複雑で、知識や経験も必要で、決して楽な商売ではない、責任重大な仕事だということがわかりました。

また、お取引をお手伝いさせていただいたお客様から、高額な仲介手数料をお支払いいただいているにもかかわらず、さらに感謝していただける仕事だということもわかりました。お客様からの感謝の言葉が、私の仕事へのモチベーションになっています。

不動産に携わるようになってからは、ハウスメーカー、新築マンション・戸建の分譲営業、売買仲介営業を経験し、土地、戸建、マンション、投資物件など、なんでも扱って参りました。

皆様から安心して取引をお任せいただけるよう、不動産屋へ対するイメージを変えていただけるよう、私の知識と経験でお役に立てれば幸いでございます。

不動産のことなら、なんでもご相談ください。お客様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

お客様の声

エージェントインタビュー

菅原 秀泰

すがはら ひでやす

  • #01

    趣味や休みの日の過ごし方を教えてください。

    バイクで林道を走り、景色のいいところでコーヒーを飲むのが至福の時間。なんて言いたいところですが、実際は生活感満載です。近所のメガドンキへ買い物に行き、家のことをするぐらいで、自分の時間を作るのは難しいですね。

  • #02

    出身地はどちらでしょうか。

    東京の大田区です。池上で生まれて、大森で育ちました。7年間、新浦安に住んでいましたが、2019年4月に大森に戻っています。

  • #03

    REDSに入るまでの経歴を教えてください。

    不動産業界では異色の薬学部出身なので、最初は製薬メーカーに就職しました。30歳のときにFCのドラッグストアで独立しましたが、30代半ばで競合店の出店により挫折。サラリーマンに戻るときに不動産業界に入りました。

    この業界のスタートはハウスメーカーの住宅展示場での営業です。シックハウス症候群が社会問題になっていたころで、オファーをいただいた会社の売り文句が「健康に良い住宅」でした。健康がキーワードなら私にもできるかなと思ったのがきっかけです。

    その後は、新築マンション・新築戸建の営業を経て、不動産仲介の営業に。

    新築の営業は担当物件を買ってもらえないときに、物件を振り替えることができません。しかし、仲介物件はお客様のニーズに合った物件をご紹介できるので、物件ありきではなく、お客様自身とお付き合いできるところが私に合っていると思います。

  • #04

    保有資格を教えてください。

    宅建士の他は普通自動車免許、大型自動二輪免許です。

  • #05

    REDSに入って、他の不動産会社との違いを感じたことは?

    自由ですね。メンバーもベテラン揃いなので、いい意味で放任主義です。

  • #06

    REDSのアピールポイントは何でしょうか。

    もちろんお客様の大きな興味は仲介手数料だと思いますが、それだけではありません。自社の利益追求のために囲い込みをしないところも、大きなアピールポイントです。

    多くの不動産業者は片手仲介になるくらいなら、早く売る必要はないと考えます。特にご売却のお客様にとって、囲い込みは機会損失に繋がるのに、信じられませんよね。早く売るより、両手仲介を目指すのです。それは、お客様に嘘をつかなくてはできないことだと思います。

    REDSではお客様に正直に向き合えるので、私にもストレスがなく、お客様にも仲介手数料の金額だけではない利益を手にしていただけると思います。

  • #07

    得意とされている仲介業務はどのような内容ですか。

    購入も売却も、マンション、土地、戸建、一棟収益物件など、何でも扱ってきました。エリアも東京、神奈川、千葉、埼玉と、それぞれ経験しています。

    複雑な権利関係や調整が必要で、すぐに売れない物件を、時間がかかっても諸々調整し、売れる状態にして売買するのはこの仕事の醍醐味です。

    過去には22人の相続人がいる相続登記未登記の底地と、3戸の戸建の賃借人がいる借地人の底地と借地の同時売却をお手伝いしたこともあります。

  • #08

    この仕事を「やっていて良かった」と感じたのは?

    お客様に感謝していただけるところです。

    普段の買い物でお店の人に感謝の気持ちを伝えたくなることって、あまりないですよね。たとえ数百円でも、「こんなに待たされて」と不満に思うこともあるのではないでしょうか。

    REDSは仲介手数料がお得と言っても、手数料無料の物件でなければ、数十万円いただきます。それでも「これだけ払っているのだから当たり前だ」というお客様はいなくて、むしろ喜んでいただけるのが、この仕事の魅力です。

  • #09

    お客様へのメッセージをお願いします。

    お客様に正直に、お客様のために、お客様に喜んでいただける仕事をしたいと思っています。不動産の売買はREDSの菅原に、ぜひご相談ください。

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する