上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

菅野 洋充

ホワイト餃子

公開日:2014年3月21日

「ホワイト餃子 亀有店」に行ってまいりました。

千代田線(常磐線)綾瀬駅と亀有駅の真ん中よりちょっと亀有よりにあるお店です。

昔は、普通のお家を改造して土間に4人掛けのテーブルをいくつか置いて営業していましたが、お客さんが多くて入りきらず、いつも並んでました。

サイトを見ると2000年に建替えていまのお店になったそうです。もう、このお店になって14年になるんですね・・・

わたしの家からは行きづらくもなく行きやすくもない距離で、しかも水曜日が定休日!のため、最近はなかなか足を延ばしていませんでした。

が!久々に行ってまいりました。

右が焼餃子、左が水餃子です。

相変わらず、皮が厚くて食べごたえがあります。焼餃子は外側パリパリ、中はモチっとした食感です。(一応、接客業ですので気になる)にんにくが入っていないので、次の日の心配もありません。こちらは醤油、酢、ラー油の王道3点セットにラー油を作った時の焼き唐辛子を加えて頂きます。熱々で出てきますので、フウフウしながらゆっくりと食べます。

水餃子はもちもち、ツルンとした食感です。こちらはポン酢に焼き唐辛子で頂いてます。レモンを絞ると更に爽やかでさっぱりとした味わいになります。

夜8時頃には満席で待っているお客さんも数人いる状況に。帰りに冷凍の餃子20個を買って帰りました。

お会計はおばあちゃんでした。昔と変わらずまだまだ元気で、なんかこちらも元気になりました。

以下リンクです。

ホワイト餃子 亀有店

いま、この「ホワイト餃子 亀有店」の近くのマンションを売り出し中です。

「ハイホーム亀有弐番館」というマンションです。

お勧めですのでぜひご検討ください。詳しくは私の紹介ページの「新着情報」を御覧ください。

宜しくお願い申し上げます。

 

カテゴリー :

毎日物産展

公開日:2014年3月15日

秋葉原は本当に便利な場所になりましたね~

昔は昼ごはんを食べるのも大変な場所だったのですが。。。

秋葉原駅の北側、JRのガード下に「ちゃばら」というお店が入ってます。

ここは、毎日物産展をやっているようなお店で、全国の土産物が売っているお店です。

私は札幌の生まれで、よく北海道のお菓子やドリンクを買いに行ってます。

昨日もこの「コアップガラナ」を飲んでました。

「コアップガラナ」道央のソウルドリンクでございます。

他にも一時期流行った「花畑牧場 生キャラメル」なんかも売ってます。

お酒なんかもたくさんあって、面白いところです。

 

CHABARA AKI-OKA MARCHE

カテゴリー :

京浜東北線 脱線

公開日:2014年3月1日

現在、川崎の一戸建てを売っております。
ご案内の為、川崎駅に向かった日にあの事故がありました。

京浜東北線脱線転覆1

横倒しになり列車の屋根が見えます。

本当にたまたまその日に当たってしまう何と運の悪いことか、と思いました。

東海道線は動いていましたので東京駅で乗り換えましたが、車内は日曜日にも関わらずごった返していました。

クレーンとやじ馬

線路東側より

せっかくなので写真を撮ってきました。いつもこんなにいるのかと思うくらい、駅の周囲や駅ナカ、ラゾーナ川崎に人が溢れていました。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する