上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

菅野 洋充

トランプ大統領来日!交通規制!!

公開日:2019年5月24日

トランプのジョーカー

菅野です。

明日からアメリカのトランプ大統領が来日します。

私、結構忙しいんですが、都内の移動で絡むとちょっと大変だと思い調べました。

予定をみるとゴルフに相撲観戦に炉端焼きと、どっかのサラリーマンのお偉いさんへの接待と変わらんですな。

 

トランプ来日時の日程はこちら(時事通信)

【図解・国際】トランプ米大統領の来日日程(2019年5月)

そしてこちらは『乗り物ニュース』の道路に関する記事です。

首都高で大規模交通規制 5月25日から28日にかけ、トランプ大統領来日で 警視庁

 

 

明日の土曜日25日は午後に都心環状線、1号上野線、2号目黒線、3号渋谷線、4号新宿線、11号台場線、湾岸線、八重洲線が通行止めになるそう。

26日日曜日は午前中が都心環状線、3号渋谷線、4号新宿線(ゴルフに行く)、午後は相撲を見るそうですので両国方面がヤバい(都心環状線、1号上野線、3号渋谷線、4号新宿線、6号向島線、7号小松川線、八重洲線)、あと夕食は六本木で炉端焼きだそうですので、六本木周辺の一般道も通行止めになりそうです。

(偏食家のトランプは炉端焼きなんて食べるんだろうか?)

27日月曜日は都心環状線、4号新宿線、八重洲線と、一般道の赤坂迎賓館前が通行止めになるそうです。(日米首脳会談)

28日火曜日は午前中に都心環状線、3号渋谷線、4号新宿線が通行止め(横須賀で護衛艦『かが』に乗ったあと離日)

 

 

こちらとしては、日曜日が一番影響を受けそう。

あと平日はみんな大変かもしれませんね。

ご注意あれ!!

カテゴリー :

納豆大好き!!!納豆博物館

公開日:2019年5月17日

菅野です。

GWからだいぶ経ちましたが、納豆博物館に行ってまいりました。

場所はここです。

わかりますか?ここです。

 

まだわかりませんね、ここです。

 

茨城県小美玉市のおかめ納豆のタカノフーズ株式会社さんの本社敷地内にあり、茨城空港から比較的近所です。

常磐道でETCのみ下りられる「石岡小美玉スマートIC」が最寄りですが、千代田石岡ICからもそこそこの距離で着きます。

車がないとちょっと行きにくいかもしれません。

これがタカノフーズさん本社です。

タカノフーズ本社

ちょうど行ったときは、本社の外装工事を行っているようでした。

この正門から入って左側に納豆博物館があります。

 

納豆博物館入口

わりと地味です。

納豆博物館に入ると、かなり人がいてびっくりしました。

そして、おかめがあります。

菅野おかめ

展示物はそれほど多くないので、できれば工場見学(絶対、予約したほうがいいです。当日申込は朝、いっぱいになってしまうそうですよ。この日もすでに受付は終わってました。)とセットで楽しんだほうが良いと思いました。

最後に、工場見学セットを買って帰りました。

納豆博物館工場見学セット

まだ、全部食べきれていませんが、そぼろ納豆が気に入りました。

今度は工場見学を予約して行こうと思います。

カテゴリー :

住宅ローンの不正利用(フラット35を利用した不正融資)について

公開日:2019年5月9日

ずっと固定金利の安心【フラット35】

住宅ローン

菅野です。

今、巷でフラット35の不正利用が話題となっています。

 

先月末、急にARUHIから、フラット35を利用して不動産を賃貸することに対する注意喚起がありました。いつも来てくれる担当に加えて支店長クラスが同行してくるという、ものものしい雰囲気での注意喚起でした。
もとより「住宅ローン」を利用した不動産の賃貸は原則禁止されていて、それが発覚した時には一括返済を迫られる場合があります。
ARUHIからはこれを再度徹底していただき、万が一賃貸の用途で購入にフラット35を利用させた場合には取引停止もあり得る、という強い調子の話でした。
私が相談を受けたお客様のなかにも、そのような行為を行っているために、新規の物件を購入しようとしても、どの金融機関も受けてもらえなかった、というケースがしばしばございました。

 

 

住宅ローンで購入した物件を賃貸することは、住宅ローンの目的と違う行為となるため「契約違反」となります。ですので、住宅ローンで買った物件を賃貸していることが発覚した場合、金融機関は「契約の履行」を催告することになります。具体的には、住宅ローンとして貸している状態に戻す、すなわち住宅ローンを利用して購入した物件に住むことを催告してくる形となります。住むためには、今借りてもらっている賃借人に出ていってもらわなければなりません。
ただ「借地借家法」という法律がここで大きな壁となります。貸主から賃貸借を解約するというのは、ほぼ無理です。話の分かる方が借りていたとしても、解約しようとするとおそらく、大きな立ち退き費用が必要となります。
そして立ち退きがうまくいかず賃貸借を解消できない(契約の履行ができない)場合に、金融機関は「一括返済」を求めることになります。

 

 

昨年のスルガショックから、金融庁は銀行の不動産に対する融資への調査を進めています。また、レオパレス21の建築基準法違反の件など、いままで明るみに出なかった不正が次々と露見しています。住宅ローンの不正利用についても、金融機関はいままで何も言わなかったかもしれませんが、今後はかなり厳しく突っ込んでくるものと思われます。
もしそのような行為を行っていたとしたら、今の段階で解消できるならしておくに越したことはありません。

 

 

 

重要なことなので2度お伝えします。
「住宅ローン」を利用した不動産の賃貸は原則禁止されていて、それが発覚した時には一括返済を迫られる場合があります。

ダメなんですよ。

カテゴリー :

『たかみな』と、ある同僚の思い出

最終更新日:2019年5月6日
公開日:2019年5月5日

菅野です。

元号が令和にかわりました!

その朝のニュースで、「令和婚」元AKBの高橋みなみさん(通称『たかみな』)がご結婚されたと聞き、ふと思い出したことを、つらつらと書きたいと思います。

 

 

もう、2年前になるのですが、うちの会社にOさんという方がいました。

Oさんは、あるマンション分譲業者から保険業界を経て弊社に入社した、若干経歴が他の方と違う感じの方でした。ただ、リテール営業畑を歩いてきた経験が活きていて、明朗かつ柔和な語り口でお客様にすぐに支持される、そんなタイプの営業マンでした。

お客様と話すときは非常に紳士的かつ真面目な印象なのですが、私達同僚と話すときは結構、下ネタなんかも飛ばしたりして、すぐに社内でも打ち解けていました。

 

 

その年のお盆休み前後だったかと思いますが、Oさんが笑顔ながら「どうしようかな~」と悩んでいたようだったのでどうしたんですか?と聞くと、新潟で『たかみな』のコンサートがあるとかないとか。

Oさんは熱狂的なAKBの、そのなかでも「たかみな」の大ファンだったようなのです。
前田敦子さんの卒業公演も秋葉原のAKB48劇場で見たそうで、筋金入りの「AKBオタ」らしかったのです。
コンサート翌日が出勤で、休みをずらせばいいのでは?と勧めたのですが、強行軍で夜行バスで帰ってくるという気合の入り具合がまた、Oさんに対する尊敬度を高めていきました。

 

 

 

そんなやりとりから何ヶ月後だったか、Oさんが苦痛に顔を歪めて、腹部に大きなしこりがある、と。
すぐに入院し、みな無事に戻ることを祈ったのですが。

本当に、本当に残念な結果となってしまった、、、本当に、、

 

 

 

 

一緒に働けたのは1年に満たなかったのですが、今でもあの笑顔をありありと思い出せるくらい印象の深い人だったと、たかみなさんの結婚記事を見ながら思い出していました。

Oさんだったら、きっとこの結婚を草葉の陰から祝福しているんじゃないか。

そんなことをふと考えた、令和元年5月1日の出来事でした。

カテゴリー :

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する