エージェントブログAGENT BLOG

小野田 浩(宅建士・リフォームスタイリスト)

「安心・安全」なお取引をご提供します。

4.9

63

このエージェントに相談する

最終更新日:2023年7月1日
公開日:2023年4月29日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

このところ、雨の日が少しずつ増えてきて、空気中の湿気も多くなっている感じがします。

今年は桜も1週間以上早く咲くほどの暖冬でしたが、梅雨とその後にくる夏も 例年より早く来るのでしょうか・・・?

 

ところで、今年(令和5年)の弊社のGW休暇は下記の期間となります。

〇 5/2(火)~5/10(水)

 

会社はお休みとなりますが、GW休暇の期間中も営業が交代で、皆様からのお問合せやご相談に対応させていただきます。

 

不動産のご購入やご売却をお考えの方は、営業スタッフが全員「宅建士」の弊社へ是非お問合せ下さい。

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

では、また。

カテゴリー:

最終更新日:2023年7月1日
公開日:2023年4月22日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

2023年2月からNHKの「首都圏ナビ」で始まった「不動産のリアル」というコーナーをご存知でしょうか。

「全国から「ヒト・モノ・カネ」が集まってくる東京で、その映し鏡となる不動産の現場を見つめていく」という企画とのこです。

 

第11回では、「異例の人気 晴海フラッグ 販売方法見直しへ 実効性は?」との題名で、「晴海フラッグ」について、転売目的で複数戸の購入を行う投資家等の存在が問題視されていたことから、東京都の要請等に基づいて、今年の6月に販売される予定の「晴海フラッグ」の2棟のタワーマンションについては、一般世帯の購入機会が増える様に販売方法が見直されたとの内容が紹介されています。

 

第11回: 異例の人気 晴海フラッグ 販売方法見直しへ 実効性は?

(NHK 不動産のリアル)

 

具体的には、第1希望の部屋に限り当選確率を2倍に設定して、通常1部屋のみ購入する一般世帯の当選確率を高くして、複数戸を購入する転売目的の投資家等よりも優遇するということです。

個人的には、元は都の所有する土地であった公共性を考えれば、転売目的の購入を防ぐために「転売禁止の特約」を契約条件に盛り込む等、効率的でもっと強い措置を取っても良かったのでは無いかと思うところです。

 

ところで「不動産のリアル」という同じ名前の企画は、【REDS】にもあります!

【REDS】の「不動産のリアル」は、2016年から続けている企画で、不動産に関する諸々の幅広い話題についてのコラムになります。

REDSのエージェントの実体験に基づいたリアルな不動産取引の裏話や、不動産市場の動向等のREDSのエージェントのブログや「正直不動産」、「家売るオンナ」などのドラマの話題等、少々固い話から柔らかい話題まで、数多くのコラムを掲載しています。

不動産の売買をお考えの方はもちろん、そうでない方も楽しめるコラムが多数掲載されていますので、ご興味ある方は、REDSのホームページ、または下記のリンクから、一度ご覧になって見て下さい。

REDSホームページ  「不動産のリアル」

 

では、また。

 

カテゴリー:

最終更新日:2023年7月1日
公開日:2023年4月15日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

本日はペアローンで一人だけ「団信」に入れない場合の解決方法についてブログを書かせていただきます。

 

先日のブログで書かせていただきましたが、住宅を購入される方達にとって、住宅ローンの「団信」はとても重要です。

ご自身に万一のことがあった場合には、大切なご家族に住居・資産を残せるとても頼りになるのが「団信」です。

 

この「団信」、住宅ローンを組む上で、フラット以外では加入が必須条件ですので、健康上の理由で「団信」に加入出来ないと、フラット以外では住宅ローンを組めないのが実情です。

このところ不動産価格が高騰しているので、ペアでローンを組まないと希望の物件を購入出来ないなんてケースも多数あるかと思います。

 

もし健康上の理由でどちらかお一人が「団信」(普通団信)に加入出来ない場合には、一般的には「ワイド団信」に加入するケースが多いのですが、「ワイド団信」も健康上の理由等で加入出来ない場合もございます。

 

その場合には、どちらか一方の方が「団信」に加入出来れば、もう一方の方は「団信」に加入出来なくてもペアローンを組めるという金融機関もございます!

(「団信」で保証されるのは「団信」に加入出来た方の債務のみとなります)

 

「団信」に加入していない方でも、ペアローンで住宅ローンを組むことになるので、もちろん「住宅ローン控除」もお二人で利用可能となります!

 

全ての金融機関で対応している訳ではございませんが、健康上の理由でペアローンは組めないと思っていらっしゃる方は、あきらめないでお気軽に当方までお問合せ下さい。

 

では、また。

カテゴリー:

最終更新日:2023年6月25日
公開日:2023年4月8日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

「(株)東京カンテイ」は2023年4月6日付で「主要都市圏・主要都市別/中古木造一戸建て住宅平均価格」というプレスリリースを発表しました。

https://www.kantei.ne.jp/report/kodatecyuko202303.pdf

 

調査対象は下記の条件を備えた物件。

①敷地面積 100~300 ㎡の物件、

②最寄り駅からの所要時間が徒歩 30 分以内かバス 20 分以内の物件

③木造 ④土地・建物ともに所有権の物件

 

◆主要都市の平均価格動向

首都圏の平均価格は前月比+0.4%の3,849万円と反転上昇。

東京 23 区は前月比-7.3%の 10,162 万円と反転下落。

都下は-3.5%の 4,027 万円と2 ヵ月連続の下落。

横浜市は+3.5%の4,985 万円と 2 ヵ月連続の上昇。

川崎市は+1.4%の 5,007 万円と再び上昇に転じた。

千葉市は-0.7%の 3,061 万円と 2 ヵ月連続の下落。

さいたま市は+8.3%の 4,538 万円と 2 ヵ月連続の上昇。

 

弊社のみならず他社の営業マンの方とお話していると、(株)東京カンテイのレポートの記載のように、東京の中古戸建の価格について「天井に達し、価格調整に入った」と考えている方が相当割合いらっしゃることを感じます。

また「新築戸建」は、建築資材・設備の高騰が続いているので、中古よりも価格が下がりにくいとは聞きますが、個人的にはこちらも「そろそろ天井かな?」と思っています)

 

本当に東京の中古戸建ての価格は天井に達したのか、また、その影響が他の地域の不動産価格にどの様に影響を与えることになるのか、注意して見て行きたいと思います。

では、また。

カテゴリー:

公開日:2023年4月1日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

本日(4/1)からSUUMOで「仲介手数料」についての記載が出来るようになりました!

(本日(4/1)はエイプリールフールですが、フェイクニュースではありません)

 

(上記は、弊社で実際に SUUMO に掲載させていただいているWEBページの画像になります)

 

これまでSUUMOでは、仲介手数料についての記載は一切出来ませんでした。

 

弊社では10年以上前から、企業努力により 不動産売買の仲介手数料を「無料・割引」」で提供させていただいておりますが、これまでほとんどのお客様には認知されていないのが実態でした。

(2016年に弊社でリサーチ会社を使って不動産売買の「仲介手数料 無料・割引」の認知度を調査したところ、「全く知らない」が男性76.0%、女性が82.4%と、一般にはまだ認知がされていない状況でした)

 

※ 詳細は下記のURLからご確認ください。

PRタイムズ(2016年10月24日 )

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000019545.html

 

SUUMO の影響力はとても大きいので、これから徐々に不動産売買の仲介手数料の「無料・割引」についての認知度が上がって行くと思います。

 

また弊社の様に、 不動産売買の仲介手数料を「無料・割引」とする仲介会社も増えてくると思います。

 

そうなると心配になってくるのが、仲介手数料の無料・割引の仲介会社は「仕事が雑だ」、「対応が悪い」という噂が立つのではないかと思われます。

「仲介手数料 無料・割引」のビジネスモデルには、数々の企業努力とノウハウの積み重ねが必要です。また、ある一定以上のスキルを持ったスタッフも必要となりますで、おそらく一朝一夕には、弊社の様には行かないと思います。

 

これから数多く「仲介手数料 無料・割引」の仲介会社が現れると思いますが、大切な不動産の売買をお任せになる際には、実績と優秀なエージェントが揃っている弊社【REDS】へお任せください。

 

では、また。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

不動産売買をお考えの際は、

「宅建マイスター・不動産コンサルティングマスター・住宅診断士」の

小野田 (おのだ)までお気軽にご相談ください!

 

小野田のメール メールはこちら

フリーコール 0800-100-6633

小野田の携帯 080 – 9353 – 9588

カテゴリー:

アーカイブ