上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

小野田 浩

不動産価格指数、マンションが2ヵ月連続で最高値を記録/国交省調査

公開日:2014年6月27日

こんにちは。

 昨年の末頃から駅近のマンションの売れ行きが好調で、ここ数ヶ月は売物が出るとすぐに買い手が決まる状況が続いています。
 物件が少ないものですから、需要と供給の関係で必然的に価格も上昇気味になっています。
 特にここ数ヶ月はその傾向が顕著です。

この状況は全国的な物で「マンション」は値上がり傾向が続いている様です。

??????????????????????????????????????????
 国土交通省は25日、2014年3月分の不動産価格指数(住宅、速報値)を公表した。08年度平均を100として、年間約30万件の住宅・マンション等の取引価格情報を基に、不動産価格の推移を数値化したもの。

 全国の住宅総合指数は97.5(対前年同月比1.3%減)。マンションは116.2(同8.2%増)と、指数が作成されている08年4月以降の最高値を2ヵ月連続で更新。対前年比でも15ヵ月連続のプラスとなった。更地・建物付土地は94.3(同3.2%減)だった。

 都市圏別では、南関東(埼玉、千葉、東京、神奈川)が住宅総合101.6(同0.3%減)、マンション112.4(同8.9%増)、更地・建物付土地98.7(同2.8%減)。名古屋圏(岐阜・愛知・三重)が、住宅総合96.4(同0.4%減)、マンション119.3(同5.2%増)、更地・建物付土地94.5(同1.1%減)。京阪神圏(京都・大阪・兵庫)が、住宅総合97.4(同1.6%減)、マンション119.0(同6.8%増)、更地・建物 付土地94.1(同3.3%減)。
 また、東京都は、住宅総合104.5(同変化なし)、マンション111.5(同9.3%増)、更地・建物付土地102.2(同2.9%減)となった。 / 国土交通省
????????????????????????????????????????????

カテゴリー :

高齢者・車イス対応のシステムキッチンについて

公開日:2014年6月16日

こんにちは。

中古マンションの仲介をさせて頂いたお客様から、リフォームのご相談を受けており、最近、高齢者・車イス対応のシステムキッチン について調べています。

大手メーカーでも対応商品の無い会社もあり、選択の余地はあまり無い状況のようです。
あまり数は出ない商品なのでしょうが、残念ながら、どのメーカーのモデルルームにも現物が置いておらず、商品を確かめられない状況でした。
(あまり場所をとらない洗面台なんかは割と置いてあるのですが、システムキッチンはそれなりに場所を取る為か置いてない様です・・・)

これから高齢化社会になりますから、この手の商品需要も増えるので、商品が充実するのを期待しています。

参考までに、下はパナソニックさんから出ている商品カタログですが、座って作業出来るのは足腰の弱くなったお年寄りには良いですね。

パナソニック SK カタログ-001
パナソニック SK カタログ-002

浅いシンクや、水栓のレバーが蛇口付近に付いていたりと、良く考えられています。
(こういう商品だからこそ、ショウルーム等で現物の使い勝手を試せると良いんですが・・・)

カテゴリー :

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • 宅建マイスターによる不動産無料相談
  • REDSリフォーム
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する