エージェントブログAGENT BLOG

小野田 浩(宅建士・リフォームスタイリスト)

「安心・安全」なお取引をご提供します。

4.9

63

このエージェントに相談する

公開日:2022年2月27日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

今週は下記の2物件のお引き渡しをさせて頂きました。

 

◆ N様 大田区の新築戸建のご購入

通常の不動産業者では【約190万円】かかる仲介手数料が、

弊社のご利用で【無料】(0円)となり、【約190万円】お得にご購入となりました。

 

◆U様 船橋市のマンションのご売却

通常の不動産業者では【約110万円】かかる仲介手数料が、

弊社のご利用で【割引】(約75万円)となり、【約35万円】お得にご売却となりました。

※U様は、弊社のご利用が2度目となるリピーターのお客様でした。

 

皆さま、誠におめでとうございました。

 

次にお得に不動産の売買をされるのは、あなたの番かも知れません!

不動産の売買をお考えのお客様は、是非、弊社へお問合わせ下さい。

 

では、また。

カテゴリー:

最終更新日:2022年2月21日
公開日:2022年2月20日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

今週は、ご売却でお預かりしていた下記の東中野のマンションがご成約となりました。

 

〇「パークハウス東中野リブゴーシュ」

仲介手数料【半額】【約110万円】お得にご売却となりました。

通常の仲介手数料:約220万円

弊社の仲介手数料:約110万円

お得額:約110万円

 

こちらの物件は昨年末にお預かりして、内見開始が1月下旬と少しお日にちがあったこともあり、

内見初日に6組のお客様がいらっしゃり、満額にてお申込みを頂戴しご成約となりました。

 

誠ににおめでとうございました。

お引渡しまでしっかりとサポートさせていただきます。

 

不動産の購入・売却をご検討されている方は、是非弊社にお声掛けください。

宅地建物取引士の資格を持つ、経験豊富なエージェントが資金計画のご相談から、住宅ローンのお手伝いまでお手伝いさせていただきます。

では、また。

カテゴリー:

公開日:2022年2月13日

こんにちは。

 

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

東日本レインズ 月例速報 Market Watch サマリーレポート  <2022 年 1 月度>

 

(公財)東日本不動産流通機構は2月10日、2022年1月の首都圏不動産流通市場動向を発表しました。

参考:東日本レインズ 月例速報〈2022年1月度〉

 

◆中古マンション

同月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は2,760件(前年同月比20.7%減)と大幅に減少。

都県別では、東京都1,430件(同19.4%減)、埼玉県328件(同19.6%減)、千葉県351件(同15.8%減)、神奈川県651件(同26.0%減)と、全都県が2ケタ減。

1平方メートル当たりの成約単価は64万1,800円(同11.5%上昇)と21ヵ月連続での上昇。

平均成約価格は4,149万円(同10.0%上昇)と、20ヵ月連続での上昇。

在庫件数は3万6,632件(同1.1%減)で、26ヵ月連続での減少。

 

◆中古戸建

同月の首都圏の既存戸建ての成約件数は、997件(同17.9%減)と大幅な減少。

平均成約価格は3,497万円(同7.0%上昇)となり、15ヵ月連続の上昇。

成約件数はすべての地域が前年比で減少し、都県別では、東京都区部と千葉県は前年比で 2 割を超える大幅減。

成約価格はすべての地域が前年比で上昇。

埼玉県は 20 年 12 月から 14ヶ月連続で前年同月を上回った。

横浜・川崎市と千葉県は 11 ヶ月連続で前年同月を上回った。

 

この不動産市場の品薄状態による価格の上昇傾向、いつまで続くのでしょうか・・・

 

では、また。

 

カテゴリー:

公開日:2022年2月6日

こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が【無料・割引】【REDS】の小野田(おのだ)です。

 

ついに「北京オリンピック」が開幕しましたね。

新型コロナ、外交ボイコットなど、色々と問題はありますが、純粋に選手の皆さんの素晴らしい演技や熱い試合展開を楽しませて頂きたいと思います。

 

ところで、ついに日本でも「3Dプリンター」で作られた「3Dプリンター住宅」が販売されることになるかも知れません。

数年前から海外のニュースなどでは、たまに見かけていたニュースですが、

ついに日本でも来年辺りから、一般向けに販売が開始になるかも知れないとのことです。

 

日本初!3Dプリンター住宅、世界2ヶ国で同時出力開始

(「アットプレス」より)

 

材質はコンクリートで、建築期間:24時間 で、 建築費:延床30坪で300万円 とのこと。

 

形が球体なので、住み心地や使い勝手は不明ですが、別荘やコテージ等の宿泊施設、店舗には良さそうです。

おそらく設備や什器類は別と思われますので、実際に居住用として使うには、プラスで500~1,000万円位必要になるのではないかと思いますが、それでも非常にコスパが高いと感じました。

 

実際の住み心地が問題なければ、本気で自分の家の建て替えの際には検討しても良いのでは、と考えている位です。

住み心地に問題がなく、コスパも優れている商品ならば、どんどん広まると思いますので、実物が見られる様になる日を楽しみにしています。

 

では、また。

 

 

カテゴリー:

アーカイブ