上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

小野田 浩

「囲い込み」がWBS(テレビ東京)でも出てましたね

公開日:2015年5月30日

こんばんは。

 

先週のブログで書いた「囲い込み」が、テレビ東京のWBS(ワールド ビジネス サテライト)でも特集されていましたね。

 

しかも、会社の実名入りで・・・

(結構なメインスポンサーの関連会社なのに、あんなにはっきり会社名出して、大丈夫なんですかね)

 

で、やはり放送のあった5月26日からその翌日は弊社のHPにいつもの何倍もの方がいらっしゃった様です。

また、売却査定依頼のお電話やお問合せもかなり多く頂きました。

 

不動産業界の内側を知らない方からしたら、結構ショッキングだったらしく、

本日もお客様から「あのニュースでやってた「囲い込み」って結構あるの?」なんてお話をされました。

 

公正な競争を阻害するお客様の為にならない、こういう業界の悪癖は本当に早く無くなると良いですね。

 

まだ見てない方は、下記の URLの YouTube の動画をどうぞご覧になってみてください。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=h27_Q3d4dsE

カテゴリー :

「囲い込み」は無くなるんでしょうか?

公開日:2015年5月23日

こんにちは。

 

このところ「囲い込み」に関する記事やニュースが色々な所で出て来ています。

弊社の売却のスタイルは「囲い込み」の真反対の「オープン・スタイル」で、情報は完全公開、来る者は拒まず、広告もどんどん出してください、というスタイルです。

このスタイルですと、たくさんの業者さんが広告を出してくれるので、広告量が増えてお客様も集まり、結果、「早期売却、高値売却」が目指せます。

 

他方で「囲い込み」されている場合には、良いお客様がいても案内させて貰えないので、「売却期間は長く、価格も安く」なってしまう可能性が高くなります。

本当に買主、売主のどちらにとっても、良い事は何も無いのです。

 

この「囲い込み」をし難くする為に、国も「レインズ」(不動産業者専用データベース)のシステムの改良を目指している様です。

どんな形に改良されるのか分かりませんが、上手くいくと良いですね。

 

???????????????????????????????????

 

太田昭宏国土交通大臣は5月22日、定例の記者会見で記者の質問に答え、「わざと物件情報を隠すようないわゆる『囲い込み』は売主・買主双方の利益を損なうもので、市場の公正をも損なう」と発言した。

「国交省としては、宅建業者間の仲介システムであるレインズのシステム上の対応を検討しているところだ」とし、レインズが行おうとしているステータス管理(登録された物件の販売状況を確認できる機能)などのシステム改善で対応する考えを明らかにした。

 

???????????????????????????????????

カテゴリー :

「買わないと損ですよ」的な話

公開日:2015年5月16日

こんばんは。

 

今週は、鎌倉市の物件のお引渡しが有りました。

「アトリエ兼住居」として使える物件 を探しているというお客様の物件でした。

お客様は芸術家の方で、「自分の作品を展示・保存したいので広いリビングかそれに準ずる部屋が欲しい」とのご要望でした。

お話を聞いた時には、正直「そんな物件あるんかいな?」、「土地を買って自分で建てるしかないんじゃないか」なんて思っていましたが、

 

有りました!(正確に言うと出て来ました!)

 

書類上の築年は少々経っていましたが、各所がリフォームされた非常にキレイな物件で、坂の途中にあり見晴しも良く、シャッター付のガレージも有るなどとても魅力的な物件でした。

基本「買わないと損ですよ」等のセリフは言わない方なのですが、こちらの物件の場合には建物代がほぼゼロの値段で、建物と立地が素晴らしかったので、

「こんなに良い物件で しかも格安なので、買わないと損ですよ」と思わずお話をさせて頂きました。

 

お客様も一目見て物件を気に入り、ご購入となりました。

(今回は運良く、ご希望にピッタリの物件が見付かり本当に良かったです)

 

こんな感じに、難しい希望条件の物件を毎回 見付けられるかと言われれば、それは正直、難しいと思います。

ですが、少しでもお客様の満足度の高い物件をご購入頂きたいと考えておりますので、

私が「こんなに良い物件、買わないと損ですよ」的な話をしたら、少しだけ耳を傾けて話を聞いてみてください。

(何の根拠も無く、思ってもいない事をセールストークはしませんので)

 

皆様の物件の「満足度の高い物件」のご購入をお手伝いをさせて頂きたいと考えていますので、不動産のご購入をお考えの際は、お気軽にご連絡ください。

 

「売るときも、買うときも仲介手数料がお得な《REDS》」 小野田

 

カテゴリー :

満額でのご売却、おめでとうございます。

公開日:2015年5月9日

こんばんは。

かなり色々と忙しかッたので、ついついブログを長期休載してしまいました。

これからは心機一転、ブログもサボらずに書いて行きます(なるべく)。

 

ここのところ、売却でお預かりしてたマンションが2件続けて、「満額」でのご売却となりました。

おめでとうございます。

 

お預かしている物件が「満額」でご売却となると、当方も嬉しい限りです。

(売却の時は売主さんの味方で、少しでも高く、購入の時は買主様の為に少しでも安くと、思います)

 

どちらも毎週末に、数件の内見の入る魅力ある物件だったので、ご売却自体は心配していなかったのですが、ホッと一安心です。

「満額」での成約につながったのは、内見の際してお部屋をキレイに整理整頓し、お掃除して頂いたのが大きかったと思います。

(清掃と整理・整頓は高値売却の必須事項です。 売主様は大変だと思いますが、よろしくお願い致します)

 

売主様のうち、お一方は売却後の新居のご購入もお手伝いさせて頂いておりますので、今度は「少しでも安く」と思ってお手伝いしています。

 

皆様の物件のご購入・ご売却も「少しでも高く・安く」お手伝いをさせて頂きたいと考えていますので、不動産のご購入・ご売却をお考えの際は、お気軽にご連絡ください

 

「売るときも、買うときも仲介手数料がお得な《REDS》」 小野田

 

カテゴリー :

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • 宅建マイスターによる不動産無料相談
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する