上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

渡部 親三

都内屈指の【文教地区】の魅力 フューズ・コート175が成約しました

公開日:2019年11月25日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

この度下記のマンションのご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

世田谷区池尻 2004年築 2LDK 南向き

 

 

 

 

仲介手数料【半額】にてご購入となりました。

 

 

(通常の不動産業者をご利用の場合に比べて、約100万円弱お得 になりました!)

 

田園都市線で渋谷駅から一駅目の【池尻大橋】。

 

世田谷区【池尻】と目黒区【大橋】から間を取って【池尻=大橋】です。

 

最近の【若松=河田】とか【清澄=白河】のような地域名の連呼による駅名で、詳しくは存じ上げませんが、駅の開業当初に世田谷区と目黒区の「熾烈な」戦いがあったのでしょうか・・・。

 

駅自体は世田谷区池尻にあることから目黒区側が得をした?ようにも思えますが、車を使う人間からするとあの辺りは「(目黒区の)大橋エリア」と言われても納得がいくところでもあります。まぁ駅名になってしまうと【池尻大橋駅エリア】という認識になるので、このあたりが世田谷と目黒の区境なんだな、と駅名から地域のことを推測させる効果があって後世の人間には教育的な効果もあると思いますね・・

 

さてそんな池尻大橋エリアの物件を今回購入していただきました。

 

 

池尻大橋エリアは【文教地区】として知られています。

 

 

東京都立駒場高等学校や筑波大学付属駒場中学校・高等学校、駒場東邦中学校・高等学校などの有名進学校が集積していて、淡島通りを超えると東京大学の駒場キャンパス(こちらは目黒区です)という立地です。有名学校が多く商業施設が少なく、落ち着いた環境が保持されている・・・。そうした意味で【文教地区】と言ってよいエリアだと思います。

 

千代田区の一部、文京区等に都心の典型的な「文教地区」がありますが、池尻大橋エリア(駅の北側のエリア)も東京の代表的な文教地区と言ってよい場所だと思います。

 

立地の良さ(利便性の高さ)の割に環境が守られていて、広々とした敷地に有名進学校が集積している・・・というのが当エリアの特徴です。

 

こうした良い立地に広々とした教育施設があるのはなぜか・・・

 

山手線の内側の都心部の教育機関は元をだどると大体「武家屋敷の跡地」にたどり着くのですが、池尻大橋エリアは【兵営や練兵場】、軍事施設の跡地だったようですね。

 

 

【敵の殲滅を目指す実力部隊の施設から、教育機関へ】

 

 

考えてみるとなかなか感慨深いものがありますね。

 

代々木の練兵場は公園や公共放送の施設に、赤羽の旧陸軍の施設は公営団地に、練馬の米軍施設は大規模団地に・・・

 

都内の軍事施設のその後の推移、土地の歴史も調べてみると感慨深いものがあって面白いですね。

 

 

 

【文教地区】というと学校、教育機関を中心に生徒学生に悪影響を及ぼさないように環境を保護している地域という一般的な意味があると思いますが、都内の不動産を取引していると【え?ここが文教地区?】という場所に出会うこともあります。

 

【文教地区】は普通名詞としては「教育環境が保全されている地域」くらいの意味だと思いますが、都市計画法が定める【特別用途地域】、法律=不動産用語でもあって、該当していれば我々はお客様向けに制限の内容等の説明が必要になるエリアでもあります。

 

この特別用途地域としての「文教地区」、エリアの指定になかなか【趣】があって、個人的には調べていてとても楽しいんですよね。計画者が何を排除したくて、どのような街並みを実現したいか。教育機関の有無とは別にうまく特別用途地域の制限を利用しているなぁ、と感心するエリアが多々あります。

 

「明治通り周辺の渋谷の神宮前エリア」、「広尾の外苑西通り沿いのエリア」などがそうしたエリアです。【絶妙】に法律の制限を利用して個性のある街並みを実現していて感心します。銀座のように法的なルール(一般的な規制は当然ありますが)がないのに自主的に個性のある街並を維持しているところは【別格】ですが、法制度をうまく利用して長期的な観点から街並を維持しているところも不動産業者としてはとても興味深いです。

 

【文教地区】の制限を利用してどのあたりが【絶妙】になっているのかは長くなりますのでまた別の機会に^^教育機関は確かにあるけど文教地区なの?というエリアに【文教地区】の制限をかけて、用途地域と特別用途地域の制限をうまく活用して個性のある街並みを実現しているところがポイントです。

 

都市計画法の射程範囲の広さや、地域の皆様の【知恵】を感じさせる【趣が深い】制度、それが法制度=特別用途地域としての【文教地区】です

 

 

池尻大橋は普通の意味での【文教地区】です。

 

 

静かに便利に暮らせるエリアで皆様にお勧めしたいエリアです。

 

 

良い物件を取引できて大変感謝しております。

 

 

ありがとうございました。

 

 

渡部親三

 

カテゴリー :

成約御礼 【The目黒四季レジデンス】が成約になりました

公開日:2019年10月21日

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・半額」の【REDS】の渡部親三です。

 

6月下旬に販売の依頼を受けた目黒区のマンション【The目黒四季レジデンス】。

 

新規物件 The目黒四季レジデンスのご紹介

 

この度無事に契約となりました。

 

お預かりしてから一度価格を見直し、その後満額での成約となりました。

 

このエリアは大型の物件が少なく、区役所の跡地という立地の分かりやすさもあってとても多くの反響をいただけた物件でした。

 

 

当物件は総戸数176戸。

 

一般に戸数が100戸を超えると「大型物件」「大規模物件」とされることが多いように思いますが、四季レジデンスや向かい側の桜レジデンス(こちらは同時期に分譲された区の公会堂の跡地)は売り物がとても少ないです。大型物件は常に複数の販売物件があるものですが、当物件は大体いつも1戸あるかないかであまり売りに出ません。総戸数の少ない物件で売り物が少ないことは当然ですが、これほどの規模でいつも売り物が少ないということは・・・住みやすいんだと思いますね。立地やグレード等の満足度が高いのだと思います。

 

さて次に取引に関われるのはいつになるか・・・かなり先になりそうです

 

貴重な経験ができました。売主様誠にありがとうございました。

 

いつかまた取引に関われる日を楽しみにしたいと思います。

 

カテゴリー :

成約御礼 大泉学園の新築戸建を仲介手数料無料で購入!

公開日:2019年9月25日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

この度練馬区の大泉学園の新築戸建を仲介手数料無料にてご購入いただきました!

 

 

 

 

 

一般的な不動産業者と比較して約145万円お安く購入することができました。

買主様誠におめでとうございます!

 

値引きもほんの少し・気持ちだけ売主様に認めていただくことができました。

ほとんど値引きしないことで有名(?)な業者様でしたのでとてもありがたかったです。

 

今回は住宅ローンで金利が最安のところを狙っていろいろ動きましたが、最終的に時間的に間に合うか分からないものの幾つかの銀行に絞ってチャレンジしています。

 

ただ進めていく中で【団信(団体信用生命保険)】の特約の内容を比較したい、ということになり、いろいろ比較しているところです。最近の保険の内容の充実ぶりは凄い!

 

金利や融資の手数料は「数字」の世界なので、比較して優劣をつけることはまぁそれほど難しくはありません。

 

ただ団信の保障の内容となると、例えば「三大疾病特約」といっても各銀行・保険会社で保険が適用される用件は全く異なります。超過負担に見合う保証の内容を吟味していくと、一見金利が安いところもそれほど内容が良くなかったり、トータルで考えると都銀もなかなか・・・といったことも出てくることになります。実に難しいところです。

 

よく銀行のローン担当者から新しい特約のアピールなどを聞く機会があるのですが、団信は複雑で【面倒】なところがあり、少しお客様任せにしていたところがありました。というより以前と比較して特約の内容が複雑化してしまい、間違った説明はできないのでどうしても遠ざけたくなる分野だったのです。

 

今回最近の各銀行の補償の内容を比較して大まかな傾向や特色は把握できました。

 

 

年齢や病歴等々によっては既存の生命保険の見直しを含めて、住宅ローンを組む際に一度検討するに値するところだと思います。住宅ローンは奥が深いです。

 

 

最終的には各銀行・保険会社に確認していただくことになりますが、大まかな特徴や各商品のメリットは把握できましたのこの分野に関心がある方はぜひ一度ご相談ください。

 

こうしてお客様を通じて真剣に考えることで少しづつ各商品の【知識】が付いていきます。

そうして得た知識をまた別の機会で活かして・・・というようにつながっていきます。

効率良く無駄のないアドバイスができるようにあらためて研鑽を積まねば、と気持ちを新たにした次第です。

 

団信はそもそも加入できるか、という不安がある方もいらっしゃると思います。

通常は売買契約後の本審査で保険会社に告知をするのですが、事前に無料で相談することも可能です。

こうしたことについてもお気軽に「渡部 親三」までお問合せください。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー :

【新しい大学街】の魅力 成約御礼 パークシティ柏の葉キャンパス

公開日:2019年9月20日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

この度下記のマンションのご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

〇 中古マンション

 

パークシティ柏の葉キャンパス 3LDK 

2009年1月新築

つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅徒歩3分

 

官(柏市)・民(三井不動産他)・学(東京大学・千葉大学)が連携してTX線開通とともに大規模な開発によって誕生した新都市【柏の葉キャンパス】。当物件は再開発の中心的なプロジェクトとして分譲された大規模マンションです。

 

駅を降りてすぐマンションの敷地になります。広々とした街の造りで周辺にそれほど大きな建物はないため特に目立つマンションです。

 

いわゆる郊外型のニュータウンは近年高齢化や過疎化が問題になっているとも聞きます。

当物件も郊外の大規模物件ということでは似ている部分がありますが、それほど大きなニュータウンではなく、駅を中心にコンパクトにまとまった街並のため将来現在のニュータウンが直面している諸問題は降りかからないのではないかな、と個人的には思います。

 

TXは弊社のある秋葉原駅が起点でつくば駅が終点です。

 

開業から十数年が経過し場所柄私もよく利用しますが、沿線に歴史のある国立大学のキャンパスが複数あること、つくばの研究学園都市や有名建築家の建物等々のイメージから、郊外に延びる沿線の中ではどこか印象が良い路線ではないかと思います。実際に利用すると新しいため駅や車両がとても清潔感があります。

 

都市開発の歴史を調べていると初期には【大学の誘致】がかなり大きな意味を持っていたんだな、ということに気付きます。大学生は「金の卵」で将来を担う貴重な人材だったため、大学の立地は厳選され水はけがよく、良好な地盤で、自然災害に強い場所が自ずと選ばれました。都心の古い大学は武家屋敷の跡地が多いですが、少し離れた場所や郊外になるとそうした傾向は強く、こうした立地は住宅にも適しているため付近に良い街並みが現存していることが多いですね(国立・成城etc.)

 

大学ができれば若者が集まり、研究者が集まり、街にも自然と「文化」が育っていきます。広範囲から人が集まることになるため駅を中心とした開発になることが多く、大学の名称が駅の名称についていることが自然と多くなります(大学が移転したり誘致に失敗しても駅名に残るくらい、この関係性は強いものです!学芸大学駅・大泉学園駅etc.)。東京の足立区が大学の誘致に力を入れていましたが、ブランド力やイメージの向上にかなり役立っていると思いますね。人の流れが街を変えていきます。

 

柏の葉キャンパスは駅名に東大や千葉大の名称はありませんが「キャンパス」がついていて、これはこのエリアの将来性の確かさをある程度保証しているもの、と個人的には思っています。大型商業施設があって、広い道路で歩道が広くて・・・といった単なる郊外型の再開発タウンとは似ていても少し違うと思うのです。

 

都心からも程よい距離で周辺には緑が多くどこかのんびりしたところもこの街の魅力ですね。

 

 

 

今回取引させていただいた物件。

普段都心の物件の取扱いが多い者からすると「新鮮」な体験ができました。それは何かと言うと・・・

 

 

 

 

 

利根川を眼下に望むこの眺望です!

 

 

タワー型のマンションの高層階なのですが、都内のタワーからの眺望とは全く異なる風景です!

 

 

「あの辺りは【市街化調整区域】だな・・・多分・・・」

 

 

タワーマンションのバルコニーから周囲を眺めてこうしたことを考えたのは初めての体験でした。

大体都内のタワーで抜けた眺望のところから見える景色は「海・橋・埠頭・倉庫・他のタワー」といったものですので、緑が多く開けた眺望はとても新鮮なものでした。

 

 

様々な魅力にあふれた物件で良い物件を取引できたと思います。買主様誠におめでとうございます。

 

 

TX沿線は弊社からアクセスしやすいので物件にもよりますが多少遠方でも取り扱い可能です。

 

 

皆様気になる物件がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

カテゴリー :

新横浜の築浅注文住宅を仲介手数料半額で購入!

公開日:2019年7月16日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

新横浜の中古戸建住宅のご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

〇 中古戸建住宅

 

新横浜駅徒歩3分 2016年築 土地約44坪 建物約35坪 4LDK 

 

 

 

大手ハウスメーカー施工の築浅の注文住宅です。

メンテナンスがしっかりしていて建物の調査も行っていたため安心してお勧めできる物件でした。

 

【注文住宅】にありがちな個性が強すぎる間取ではなかったところも良かったですね。

世の中には【夢】を詰め込み過ぎて商品性が失われている中古注文住宅もありますから、これから家を建てる方は十分気を付けてください。

 

築浅の状態の良い中古注文住宅はあまり市場に出ません。

日々いろいろな物件に接している私共もそれほど取扱いが多いわけではありません。

土地を購入する方についてはご予算やテイストに応じたハウスメーカーを紹介していますが、基本的に間取りや建築の打合せはメーカーとお客様で直接進めていただきます。

 

 

そのため完成後の注文住宅内部にはなかなか入る機会がないのですが、最近の注文は凄いですね!

 

 

品確法施行後は建売の質も格段に良くなっているので内装や建具等についてはそれほど驚きはないのですが、【設備】が違いますね。見たことがない器具があって驚きます。

 

当物件も「タッチパネル」がリビングに置いてあり、どうやら家電や設備と連動しているものということは分かるのですが、どのように利用するのか全く分かりません。

 

お客様と一緒に「なるほど・・・どうやらこれは浴室の湯はりの予約機能・・・これは蓄電池の残量?・・・このボタンは一体・・・?」といった感じで悩むことになりました。

 

分厚い取扱説明書を後日いただいたこと、ハウスメーカーのアフターサービスの担当者が現地で説明してくれることになったことで事なきを得ましたが、「最近の注文住宅は難しい!」とあらためて思いました。

こうした物件の販売では実際に現役で利用している売主様がその場で説明してくれることが一番助かります(当物件は転居後の空室での販売でした)。

 

なお当物件の購入では仲介手数料は100万円以上割引になりました。

良い物件が安く購入できました。

誠におめでとうございます。

 

渡部親三

 

カテゴリー :

新築は【夢】を中古は【現実】を! シティテラス草加松原シーズンズが成約しました

公開日:2019年7月8日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

4月から販売活動を開始した「シティテラス草加松原シーズンズ」。

 

新規物件 【シティテラス草加松原シーズンズ】

 

この度ご契約となりました。

 

近隣で大型の新築マンション(総戸数300戸越え)が分譲中で「常に」その物件と比較されるという条件での販売活動でした。

 

当物件の方が駅への距離は2分ほど近く、立地的にはこちらにやや分がありました。

 

ただ「新築」はやはり強力で「理屈」を超えているところがあります。

 

沿線の電車に乗れば社内や各駅でその新築の広告が嫌でも目に入ってきます(ライバルの新築は沿線の鉄道会社が売主ということもあり、沿線での露出はそれはもう「凄まじい」レベルです)。

中古物件であるこちらの物件はまともに戦っては勝てません。

 

 

新築は【夢】を売り、中古は【現実】を売る。

 

 

長年仲介業務に携わってきた実感です。

【夢】は強力です。なかなか厳しい戦いにならざるを得ません。

 

ただ築年数で4年程度の差ですが、駅により近いわが中古物件とその新築物件は、10年後20年後どうなっているでしょうか?

 

おそらくその時点での転売価格は駅により近いこちらの中古物件の方が高くなっていると思います。

数年は「新しさ」がアドバンテージになるでしょうが、どんな物件も中古になり【現実】と闘っていかねばなりません。その時・・・ほとんど同じ条件の物件の場合、駅から距離は大きな評価の差になってくるはずです。

 

 

弊社は「両手仲介」を原則行わないため当物件を見学に来られるお客様(買主様)を直接私が接客することはありませんでした。

 

ご案内は多い中で、案内してくれる仲介業者の方からの報告で「近隣の新築に負けました・・・」という内容を毎回聞く度に、自分だったら上手く説明できそうなのに・・やはり新築は強力か・・・というもどかしさが常にありました。

 

 

 

「そりゃあ新築は良い。でも中古も良いですよ。だって10年後、どちらの物件が高く売れると思いますか?・・・みんな中古になるんですよ・・・」

 

 

 

 

こうしたアピールを皆さん繰り返してようやくピッタリ合うお客様が見つかったということなのだと思います。

 

すぐ近くで300戸を超える大規模新築が分譲していることの大変さを実感した数カ月でした。

 

 

さてこの物件とは無関係ですが、晴海の大型物件はどうなりますかね。あの物件は【レガシー】とか【モニュメント】といったこれまた強力な【物語=ストーリー】があるので、近隣の中古物件は難しい戦いを強いられるでしょうね。業界にいる者として今後の推移は楽しみなところもあります。

 

皆様も【夢】に出会ったときは【現実】、リアルな【その後】を考えるようにしてください。

 

それではまた。

 

 

渡部親三

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー :

成約御礼 大田区の中古マンションを仲介手数料無料で購入!

公開日:2019年7月1日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

この度下記のマンションのご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

〇 中古マンション

 

大田区某所 所在 1972年築 約50㎡ 2LDK 中層階 南西向き

 

【仲介手数料無料】にてご購入となりました。

 

 

1972年築で築年数は経過している物件でしたが管理がとてもしっかりしているマンションでした。

室内はリノベーション工事済みで新築のような奇麗な状態でした。

 

他にも何件か検討していただいて中には平成の築の新しい物件もありました。

ただ立地や広さ、室内のコンディション等々、築年数以外の要素を重視しての選択になりました。

 

築年数の経過した物件は良い立地の物件が多いです。

まだ土地に開発の余地があった時代に建てられているからです。

先に良い場所は押さえられているので都心部であればあるほど新規の物件は供給されにくくなっています。

立地を重視して中古マンションを検討するという流れは今後も広がっていくと思います。

 

お客様は住宅ローンの利用予定がありましたが、事前の審査で希望以上の金利を提案してくれた銀行で進めることになりました。

古い物件は銀行によっては事実上取扱いができませんが、しっかり取り組んでくれる銀行もあります。

こうした各行の審査基準は一般に公開されていないため、我々の方で物件に合った金融機関をご紹介させていただいております。

 

皆様もローンについて質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それではまた。

 

渡部親三

カテゴリー :

成約御礼 新宿区の中古戸建を仲介手数料半額でご契約!

最終更新日:2019年7月16日
公開日:2019年6月24日

成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

下記新宿区内の中古戸建住宅のご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

〇 中古戸建住宅

 

新宿区某所 所在 2008年築 土地約98㎡ 建物約95㎡ 3SLDK 西側約5.5m公道に接道

 

 

 

 

仲介手数料【半額】にてご購入となりました。

 

(通常の不動産業者をご利用の場合に比べて仲介手数料だけで約100万円もお得 になりました!)

 

また住宅ローンにつきましても一般的な金融機関と比較して約90万円融資手数料が安い金融機関の商品をご紹介させていただきました。

 

 

お客様はご自身でいろいろ調べる力のある方で、問合せの当初から利用したいローン商品も決まっていました。

 

ただインターネット上でいくら調べても出てこない情報というものもございます。

 

WEBで調べられる「最善」といっていい商品(銀行)を当初から希望されていましたが、弊社の提携の特別な割引(WEB上には出ていない)がある金融機関をご紹介させていただき、そちらを利用することになりました。

 

住宅ローンの選択は常に悩ましいものですが、手数料(や保証料)も高い商品で簡単に借換えできるものではないので慎重に決めていきましょう。

 

また住宅ローンは手数料、金利、借入期間、保険の内容等々比較したいポイントが幾つもありますが、相手(売主)がいる中で【現実的に利用できる商品から選ばなければならない】という【鉄則】があります。

 

投資の世界では【ハイリスク=ハイリターン】の原則が一般にあると思いますが、これに似て、住宅ローンの世界では【金利が低い銀行・ローン商品=金融機関の審査体制が貧弱/審査能力が乏しい=審査に時間がかかる】という原則があります(金利が最安水準で審査の能力が高く、スピードも満足できる水準のところもありますがそれはまたの機会に)。

 

たとえば実店舗がほとんどない某ネット銀行は魅力的なローン商品がありますが、審査の能力が乏しく、お客様自身が持ち込むと【中古戸建】の取り扱いができません(法律の適合性のチェックや正確な担保評価ができないため。いつかできるようになってほしい!)。

 

取引の多い一般的な中古マンションでも【あなた素人ですか?】と言いたくなるような信じられない質問が銀行から我々に届くことがあります。担当者レベルではなく、かなり上の部署からです。

 

【これでは金利や手数料が低くて当然だ。安いものには理由がある。】

 

そんなことを考えたりもしますね(弊社も仲介手数料をディスカウントしているので関係者の皆様にこうした思いを抱かせないようにしなければなりません)。

 

弊社にお問合せをいただくお客様は物件をかなり絞り込んでいる方も多いのですが、その物件の条件に合わなければ希望の金融機関の住宅ローンは利用できません。

 

 

当初から利用したい住宅ローンが決まっている方は、先にその旨をお知らせいただければローンに合う物件をご紹介することができます。

 

大きい取引ですから失敗はできませんので何でもお気軽に相談してください。

 

後悔のない、納得できるローン商品を選びましょう!

 

 

渡部親三

 

カテゴリー :

【THE TOKYO TOWERS】 仲介手数料半額で成約となりました

公開日:2019年6月18日

皆様こんにちは。

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

下記のマンションのご購入をお手伝いさせて頂きました。

【THE TOKYO TOWERS SEA TOWER】

H20 年築 約56㎡ 1LDK 中層階 北西向き

 

仲介手数料【半額】にてご購入となりました。

 

 

 

日々変貌を遂げる勝どきエリアを代表するタワーマンション【THE TOKYO TOWERS】。

 

平成20年築ですから新築から10年以上経過しました。

当時と比べると勝どきは大型物件がたくさん供給されたため、人が増えました。

駅から物件まで歩いていると以前と比較して本当に歩いている人の数が増えました。

当物件の新築当時は少し閑散とした雰囲気だった街並も大分活気が出てきたように思います。

 

今後も勝どきでは超高層マンションを含む大型開発が幾つも計画されています。

「橋を渡れば銀座」という立地ですので、これからもどんどん人を集めることになると思います。

 

 

 

短期的には急増する人口が既存の街のキャパシティを超えてしまい不便もあると思います。

 

 

 

勝どきに行くと良く立ち寄るパン屋があったのですが、昼時は人があふれていました。

以前はいつ行っても店内に席があったのですが・・・

 

 

 

住宅だけではなく、増える人口に適した生活施設がもっと増えていくとより暮らしやすい街になっていくと思います。今後が楽しみですね。

 

それではまた。

 

渡部親三

 

 

カテゴリー :

成約御礼 【ローレルコートエスタ新小岩】が成約しました

公開日:2019年6月10日

皆様こんにちは。REDS不動産流通システムの渡部です。

 

 

昨年戸建住宅を購入していただいたお客様から売却の依頼をいただいていた葛飾区奥戸三丁目のマンション【ローレルコートエスタ新小岩 8階部分】。

 

 

 

 

 

 

この度無事に成約になりました。売主様誠におめでとうございます!

 

 

少し時間がかかりましましたが最後は納得のできる内容での取引となりました。

 

【価格変更】を何度か行い、その都度その価格でお客様を募るということを繰り返し、最終的に販売に要した期間は約10カ月でした。

 

 

これを「長い」と捉えるかどうか。判断できるのは売主様だけなんですよね。

 

 

弊社(というか私)は、販売価格=売出価格には全くこだわりません。

客観的なおよその取引相場価格を提示することはもちろんしますが、その価格はあくまで【目安】です。

不動産には【定価】というものが存在しませんので、相場を意識しつつ、売主様の売りたい価格で依頼を受けるスタンスで動いています。

 

実は他業者様ですとなかなかできるようでできないんですよねこれが・・・。

 

 

【売りたい価格で売りに出すこと】

 

 

シンプルですがこれが難しい。

 

 

 

最初は引き受けてくれるかもしれません。

しかしやがて「価格を見直しましょう!」「価格を下げましょう!」となっていくはずです。

 

 

 

不動産の売却は普通は人生で何度もあるものではありませんので、知識に勝る業者主導で進んでいくことが多いのではないでしょうか?

 

「よく分からないのでお任せする」というのも仕方がないところかもしれませんが、時代は変わりました

 

物件の情報がこれだけオープンになり、集客が圧倒的にWEBになりました。

窓口を間違えなければ物件の情報を広く流通させることが可能です。

 

ところが中には(というか大半?)あえて流通を狭めてより多くの仲介手数料の獲得を狙う業者もいます。

(この不動産流通業界の仕組みと現状が分かるとおのずと売却を依頼すべき業者が見えてくるはずです。)

 

不動産業者の話など参考程度に受け止めて、ご自身が望む価格で、ご自身が納得できる条件で物件を売りに出すべきです。そうすれば後悔がありません。

 

こちらの物件はそうしたスタンスで販売活動を行っていた物件で、最終的にとても円満に契約することができました。

 

皆様も不動産を売却される際はぜひこうした【後悔のない取引】を目指してください。

 

 

それではまた。

 

 

渡部親三

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する