上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

渡部 親三

仲介手数料半額のマンション売却! ~東野ビル後楽園住宅が成約しました~

最終更新日:2019年3月20日
公開日:2018年9月24日

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・割引」の【REDS】の渡部親三です。

 

新年度の4月にご売却の依頼を受けていた中古マンション「東野ビル後楽園住宅」。

 

この度無事契約が終了しました。

 

 

都営三田線「水道橋」駅徒歩1分の好立地が最終的な決め手になりました。

 

本郷エリアは様々な面で文京区の中心といってよい場所で、現在の東京の中心といえる東京駅周辺エリアにも近く、今後も需要が落ちることはない場所だと思います。

今回の物件も1966年築でかなり築年数は経過していましたが、満額での成約となりました。

 

敷地の権利は「旧法借地権(地上権)」で、土地の所有者(地主)が別にいます。

 

販売中から登記簿謄本で地主様のことは把握していましたが中堅の不動産会社が所有者で、7~8年前に取引したことがありました。

権利関係についてヒアリングしようと思い連絡してみたところ当時の担当者も健在で、以前の契約の話で懐かしく盛り上がりました。

当時取引したのは江東区の戸建住宅でしたので、まさか文京区の借地権の物件の地主として「再会」するとは思いもよりませんでした。

 

 

不動産会社は全国に約10万社あると聞きますが、広いようで狭いのがこの業界です。

 

 

売主、仲介業者、金融機関の担当者、司法書士・・・

意外な所で以前出会った方に再会します。

私は結構記憶している方なのですが、かなり古い取引ですと先方は当初忘れていることも珍しくありませんが・・・。

 

 

仲介業者は物件を媒介として人と人を結び付けるのが仕事ともいえます。

そして一つの取引においては売主と買主だけではなく、仲介業者や司法書士、金融機関も関わってきます。

一度だけでそれっきり会うこともない、という場合が大半ではありますが、長くこの仕事に携わっていると何度も同じ方と「再会」する場面がでてきたりします。

その関係性の中で情報が入手出来たり、交渉が優位に進められたり、プラスの面が生まれることもあります。

それぞれの会社や担当者の「癖」や「やり方」も分かってきますので、スムーズに手続を進めやすくなります。

 

 

というわけで、取引の際は「次回もまたよろしく」と笑顔で終わらせられることが理想です。

「嘘」や「約束違反」はダメですね。

 

 

こうしたことは業者間だけではなく、一般のお客様についても同じです。

 

不動産は高額商品で、嘘やその場しのぎで売れるものではありません。

高額なだけに、嘘で売った反動は大きく、すぐに苦情や訴訟につながるでしょう(私は経験したことはありませんが・・・)。

 

 

仲介業者にとっての理想は、納得の行く取引をしていただき、次回売買を考える際に声をかけていただいたり、お知り合いの方を紹介していただくこと。

 

 

そのためには一件一件の取引で全力を尽くさなければなりません。

 

今年もたくさんのお客様をご紹介をいただきました。

 

これからもたくさんのご紹介をいただけるよう日々精進してまいる所存です。

 

皆様も奮ってご紹介ください!

 

参考 <REDSご紹介制度のご案内>

 

REDSご紹介制度のご案内

 

 

 

 

 

カテゴリー :

仲介手数料無料での中古戸建購入!

最終更新日:2019年3月21日
公開日:2018年9月17日

皆様こんにちは。

 

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・割引」の【REDS】の渡部親三です。

 

下記の中古戸建住宅のご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

〇 中古戸建住宅

 

横浜市内某所所在 H17年築 約100㎡ 3LDK 

 

 

 

仲介手数料【無料】にてご購入となりました。

 

内外装をリフォームした中古戸建住宅で、最近利用が増えてきた「既存住宅売買瑕疵保険」に加入した中古戸建住宅です。

 

 

通常の不動産業者をご利用の場合に比べて、約120万円もお得 になりました。

 

誠におめでとうございます。

 

 

中古物件は引渡し後にご自身でリフォームをすることが多いです。

 

 

リフォームの内容をあれこれ検討するものも楽しいものですが、引渡しまでに売主がリフォームしてくれるというのも資金計画が立てやすかったり即入居できるなど、良いところがあります。

 

 

「既存住宅売買瑕疵保険」は建築からの経過年数の問題で各種減税制度が使えない場合に大きな力を発揮します。

 

 

今回の物件は経過年数は問題なかったのですが、第三者機関の検査を受けて保険に加入しているという点はとても安心できます。

 

 

 

実務上は検査に合格できず加入できない建物が意外と多いんでよね・・・

 

 

 

 

皆様も気になる物件がございましたらお気軽に「渡部 親三」までお問合せください。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

カテゴリー :

新規物件 クレッセント二子多摩川のご紹介

最終更新日:2018年9月24日
公開日:2018年9月10日

皆様こんにちは。《仲介手数料無料》 REDS株式会社不動産流通システムの渡部親三です。

 

 

 

本日は新たに販売の依頼を受けた中古マンションのご紹介です!

 

【マンション名:クレッセント二子多摩川】

【交通:東急田園都市線「二子新地」駅徒歩5分】

【専有面積:56.00㎡(壁芯)】

【間取り:3LDK】

【販売価格:3299万円】

 

1995(平成7)年モリモト旧分譲、清水建設施工の中規模ファミリータイプのマンションです。

 

 

 

 

駅から平坦に約5分の立地です。

 

大通り沿いではなくとても静かな立地です。

 

二子新地のエリアは近年は大規模物件が幾つか供給されたこともあり、子育て世代が増えました。

 

 

近隣には多摩川があり、二子玉川があり、渋谷駅までは電車で約15分です。

 

 

 

この頃のモリモトの物件は大型物件は少なく当物件のような中規模マンションが多かったですね。

 

「階数でいうと7階建てくらいまで、総戸数は25戸~50戸くらい」の中低層の物件が得意だった印象があります。

 

その意味で「典型的な90年代のモリモト物件」という印象です。

 

 

平成21年にリフォームされたお部屋で室内はとてもきれいにお使いです。

 

 

 

56㎡ですが無駄のない間取で3室取れているところが特徴です。

 

 

住宅ローン減税他各種控除の対象物件でもあります。

 

 

 

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する