上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

渡部 親三

新規物件 霞ヶ関のアパート 霞ヶ関フラットのご紹介

最終更新日:2018年5月2日
公開日:2018年4月23日

皆様こんにちは。《仲介手数料無料》 REDS株式会社不動産流通システムの渡部親三です。

 

 

 

本日は新たに販売の依頼を受けた1棟アパートのご紹介です!

 

 

【物件名:霞ヶ関フラット】

【交通:東武東上線「霞ヶ関」駅徒歩5分】

【敷地面積:155.02㎡(登記)】

【建物面積:143.30㎡(登記)】

【間取り:1K×8室】

【販売価格:3640万円】

 

 

霞ヶ関駅というと、東京の中心、官庁街の代名詞を思い浮かべる方も多いと思いますが・・・

 

私の知る限りあちらの霞ケ関にアパートはないですね・・・

 

 

当物件の所在する霞ヶ関は東武東上線「川越駅」から2駅先の駅です。

 

(霞ヶ関駅南口ロータリー)

 

副駅名は「東京国際大学前」。留学生の多い同大学の最寄駅です。

 

 

埼玉の霞ヶ関という昨年合衆国大統領と総理大臣がプレーされた名門ゴルフ場「霞ヶ関カンツリー俱楽部」で有名です。

東京オリンピックのゴルフ競技の舞台にもなるようですね。

ただこの名門ゴルフ場は霞ヶ関駅ではなく、川越線の「笠幡」駅が最寄りになります。

 

 

駅の南口から5分ほど歩くとかつて東急不動産により分譲された分譲地があります。

「東急霞ケ関ニュータウン」という名称の分譲地で当物件は同分譲地内にあります。

 

 

 

木造の2階建、2階部分はロフト付きの間取です。

 

各室はバス・トイレ別の1Kの間取になっています。

 

 

ここ数年で外壁や屋根、鉄部の塗装を行っており維持管理状態は良好です。

 

 

 

 

共用部も清潔感があります。

 

 

 

郊外駅ですが、学生の需要がある立地で徒歩5分以内です。

南道路で間口が広い土地で全室南向きです。

 

 

はじめての1棟収益物件におすすめしたい物件です。

 

 

 

さて現地と役所の調査の帰路、喜多院の天海大僧正の像に早期成約をお願いしてきました。

 

 

(喜多院 天海大僧正立像)

 

 

徳川家康の幕府の立地としての江戸の選定やその都市計画にも大きな影響与えたともされる天海大僧正。

 

不動産には詳しい方ですので御利益があるに違いません(笑)。

 

 

というわけで皆様ぜひ!よろしくお願いいたします。

 

カテゴリー :

ルモーデ亀戸 成約御礼 仲介手数料半額でのマンション売却

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年4月16日

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・割引」の【REDS】の渡部親三です。

 

ご売却の依頼を受けていた中古投資用マンション「ルモーデ亀戸」。

 

この度無事契約が終了しました。

 

 

 

仲介手数料半額にてご売却となりました。

正規の手数料との比較ですと約30万円お得に売却できました。

誠におめでとうございます。

 

 

当物件は賃借人が入居中のいわゆる「オーナーチェンジ」物件でした。

購入してもご自身で使用することはできず、もっぱら賃料収入目的のいわゆる投資用マンションです。

 

販売に要した期間は約1か月間でした。

 

中古マンションの取引で売出しから1か月で成約、というとかなり早く順調に売却できた例だと思います。

ライバル物件もかなりあったためもう少し時間がかかるかな?と考えていました。

 

決して割安に売りに出した物件ではないのですが、ライバルが多い価格帯で比較的早期に売却することができました。

 

 

 

東京都が指定する副都心の一つである「亀戸」。

 

 

あまり土地勘のない方もいらっしゃるかもしれませんが、注目度がやや低い分過小評価されているところもあるのではないでしょうか?

 

誰も知っており評価の定まった都心部は希少性が高く資産価値が高いと言われます。

 

ただ近年の豊洲エリア、大崎エリア、武蔵小杉エリアのように大幅に地価が上昇したエリアは再開発をきっかけにもともとの利便性の高さが再評価されました。

 

 

亀戸も隣の錦糸町とともに地域の中核で、まだまだ評価されつくしていない面白みがあるかもしれませんね。

 

 

 

想定よりも短期に売れたことで亀戸についていろいろなことを考えました。

 

 

 

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー :

仲介手数料半額でのマンション購入!

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年4月9日

皆様こんにちは。

 

 

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・割引」の【REDS】の渡部親三です。

 

 

 

下記のマンションのご購入をお手伝いさせて頂きました。

 

 

 

 

〇 中古マンション

 

 

 

都内某所所在 S58年築 約80㎡ 3LDK 西向き

内装新規リノベーション

 

 

 

仲介手数料【半額】にてご購入となりました。

 

 

 

(通常の不動産業者をご利用の場合に比べて、約70万円以上もお得 になりました!)

 

 

 

更に お値引きも約110万円 成功しました。

 

 

新規にフルリノベーションされた室内は「木のぬくもり」が感じられ、ご家族でのお住まいにぴったりです。

 

 

 

 

 

バルコニー先は公園で、室内のナチュラルなテイストがさらに活きています。

 

 

 

 

 

 

マンションを検討するときは間取図を眺めて家具の配置や居室の利用方法を検討します。

 

 

 

ただ室内だけではなくバルコニー先の眺望や景色も重要な要素です。

物件見学時にぜひご確認ください。

 

 

こうしたリノベ物件は仲介手数料無料で取引できる場合もが多いのですが、今回は半額での購入となりました。

 

 

物件ごとに仲介手数料が無料か半額かは異なります。

 

 

お問合せいただけましたらすぐに回答させていただきます。

 

 

気になる物件がございましたらお気軽に「渡部 親三」までお問合せください。

 

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー :

仲介手数料半額でのマンション売却 エクセレントシティ錦糸町が成約しました

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年4月2日

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・割引」の【REDS】の渡部親三です。

 

年が明けて1月にご売却の依頼を受けていた中古マンション「エクセレントシティ錦糸町」。

 

この度無事契約が終了しました。

 

 

 

仲介手数料半額にてご売却となりました。

正規の手数料との比較ですと約100万円お得に売却できました。

誠におめでとうございます。

 

 

 

もともと当物件は他業者(某大手不動産業者)様で6ヵ月程度販売していましたが結果が出ませんでした。

 

JR錦糸町駅に徒歩2分でこれだけ条件の良い物件がなぜ売れないのか?

 

当初ご相談をいただいた際はただただ驚きました。

 

しかも結果が出ないだけではなく、見学者がそもそもほとんどいない・・・という状況だったそうです・・・。

 

最初の見学者で売れることもあるため一概には言えませんが、やはり一般的には見学者が増えないとなかなか不動産は売れないものです。

 

弊社に業者変更していただいてからは、まずインターネット上の広告が増えました。

そこから反響をいただいて見学希望者がでてきて、約2か月間で成約に至りました。

ほとんどゼロからの再スタートだったため、それを考えるとまずまずの期間で成約できたと思います。

 

 

 

 

【世の中に売れない物件はない】

 

 

 

 

不動産業界でよく言われる言葉です。

この言葉を聞いたことがない不動産業者は一人もいない、というくらい業界では浸透している言葉です。

 

 

特に弊社の営業エリアである都内(及びその近郊)は相対的に需要が高く、どんな物件でも買い手は付きます。

 

ただしそのためには「間違った販売方法」だけは選んではいけません。

 

適切な販売方法を選択して、しっかりと売る準備を整えておけば物件は必ず売れます。

 

高額なため、今日明日で売る、というのは価格がよほど安くなければ無理ですが、ある程度の期間をかければ買い手は現れるものです。

 

今回は弊社に窓口を変えていただいたことで結果が出て、さらに手数料も安くなり、売主様は大変喜ばれていました。

 

苦労も多い仕事ですが、結果が出せて感謝されるというのは仲介冥利に尽きます。

 

 

 

新年度も始まりますが皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する