年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
渡部 親三わたなべ しんぞう

新規物件【プリヴェール赤坂】のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年6月16日
公開日:2021年6月1日

※こちらの物件は成約済みです。

 

皆様こんにちは。REDS株式会社不動産流通システムの渡部です。

 

本日は新たに販売の依頼を受けた中古マンションのご紹介です!

 

【マンション名:プリヴェール赤坂 6階部分】

【交通:メトロ南北線「溜池山王」駅及び「六本木一丁目」駅徒歩5分、メトロ千代田線「赤坂」駅徒歩7分他】

【建築:1996年4月新築】

【専有面積:26.20㎡(壁芯)】

【間取り:ワンルーム】

 

 

 

1996年4月新築、財閥系の旧東京建物株式会社分譲のワンルームマンションです。

 

東京建物は「日本で最も古い歴史を持つ総合不動産会社」とも称されることがありますね。

現在は「Brillia」ブランドに統一してマンション(戸建)を分譲していますが、Brillia以前は最高級ブランドの「ロワヴェール」をはじめ、「プランヴェール」、「プリヴェール」など、フランス語を借用した「ヴェール・シリーズ」、さらに遡ると「東建○○ハイツ」「東建○○マンション」などの名称でマンションを供給していました。

中古マンションを取り扱う中で様々な東京建物分譲の物件を取り扱っていますが、どの年代の物件も大手分譲物件ならではの魅力がありました。バブル期に分譲されたロワ・ヴェールブランドの物件の重厚感など、忘れがたいものがあります。

 

当物件は赤坂2丁目の大通りから内側に入った閑静な高台の立地のコンパクトマンションです。

 

山王下交差点からTBS、溜池交差点からアークヒルズのあたりのエリアが赤坂2丁目です。

広い赤坂の中でも都心側といいますか、外堀通り側のエリアで「中心」に近い場所です。

 六本木通り沿いにATT(赤坂ツインタワー)がありましたが、現在は解体されホテルやオフィスが入る複合ビルを中心とした再開発が行われています。溜池山王駅の出口がこちらの再開発地域にできるようで、出口の位置によりますが、現在徒歩5分のところが2024年頃には少し短縮され徒歩3分~4分程度になる見込みです。駅までの距離が変わるというのも都心ならではですね。

 

 

(前面道路とエントランス)

 

現在の溜池交差点周辺にはかつては「池」があり低い地形になっていますが、緩やかな坂を上った高台部分に当物件は所在しています。周辺に幾つかマンションがあり過去取引を経験していますが、通りから内側に入った場所で商業地域ないですが「閑静」な環境が魅力です。

 

 

 

南西側バルコニーからの眺望写真です。

 

先に見える緑はアメリカ大使館宿舎の敷地内のものです。緑の上に少し見えるキューブ状の特徴的な建物が大使館宿舎です。

前の建物と宿舎の敷地の間の道が【忠臣蔵】で有名な「南部坂」です。

 

文化・歴史が感じられれるエリアでありながら商業施設・有名ホテル・美術館・コンサートホール、各国大使館などが集積しているのがこのエリアの特徴です。

 

 

 

間取りは26.20㎡のやや広めのワンルーム。

柱がバルコニー側にある造りです。

居室の天井高は約2.6mと十分な高さが確保できていてとてもすっきりとした室内空間になっています。

 

 

セカンドハウス利用のため室内のコンディションは良好です。

 

まだ荷物があり室内の様子はご紹介できませんが今後当ブログなどでご紹介させていただきます。

 

 

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

渡部

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る