皆様こんにちは。

今日は朝から寒い雨が続いてますね。

 

コロナも終息が近づいてきてるようで、弊社の秋葉原周辺はヨドバシカメラも復活し人々が増えてきました。

 

最近コロナという名のもとに不動産業界では囲い込みがより一層激しくなっているように感じます。

 

先日大手某不動産会社へ物件の案内依頼をしようとしたところ、お店を閉めており、電話も転送されて個人の携帯につながりますが、何度電話をしても中々出てもらえず、折り返しもなく

途方にくれていたところ3日目にして、ようやく折り返しの電話が来ました。

 

空室なので案内を希望したところ

大手某業者「コロナの影響で案内を控えていますが、タイミングが合えば案内できます。」

私「案内依頼書を送りますので、タイミングが合えばご案内してもよろしいでしょうか?」

大手某業者「約束はできませんが、既にみているお客様が契約になる可能性もございます。」

私「???コロナの影響で案内を止めているのではないのでしょうか?」

大手某業者「(慌てて)コロナの前に見ているお客様がいるので、決まってしまうかもしれません。」

私「依頼書をお送りしたら、折り返しお電話いただけますか?」

大手某業者「それも約束できません。案内できるお約束もできません。」

 

???こんなやり取りをお客様に報告したところ、そのような売主担当業者ならその物件はやめます。と言っていただけました。

 

誰もが知っている大手某不動産会社。

 

弊社で預かっている物件には平気でお問い合わせをして、案内させてくださいと言ってくる。

 

このような事はこのようなコロナの影響でなくても「囲い込み」は日常茶飯事ですが、本当に嫌な囲い込みです。

 

コロナに便乗しての「囲い込み」

 

より悪質に感じます。

 

このような事も多々多く、せっかくお客様にお問い合わせいただいても、囲い込みをされて案内できないことも多々あります。

なので、このような場合はお客様に直接売主大元の担当業者へご連絡いただき、お客様は通常の3%+6万の消費税を取られることになるのです。

 

全ての物件がではないのですが、大手不動産会社は特に多いです。

 

というより担当者次第と言った方が過言ではありません。

 

物件お問い合わせの第一声の電話から担当者の良し悪しがわかります。

この人となら、最後まで気持ちよく仲介できる!。

 

そう思います。

 

そのような人についてるお客様も良い人。

 

今までの経験でつくづく思うことです。

 

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

 

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る