上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

成田 育子

今月は6件のお引渡しでした。

公開日:2019年6月28日

皆様こんにちは。

梅雨本番になり、この週末は荒れそうですね。。。

 

今月は6件のお引渡しがありました。

・Y様 購入 土地(武蔵野市)

・N様 売却 マンション(江戸川区)

・I様 購入 マンション(足立区)

・K様 購入 マンション(神奈川県横浜市)

・F様 購入 新築戸建(千葉県市川市)

・I様 購入 新築戸建(杉並区)

 

 

慌ただしい6月でしたが、本日で無事にお引渡しできましたこと、6組のお客様に感謝いたします。

 

 

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

 

 

カテゴリー :

悪徳不動産屋を生で見てしまいました(怖)

公開日:2019年6月15日

皆様こんにちは。

いや~な梅雨に入ってしまいましたね。

 

今日は先日契約後に一人ランチで新橋の某珈琲屋さんに入った時の怖~いお話です。

隣に若いサラリーマン風の男性が座っていました。

その後いかにもザ!不動産屋さんみたいな男性がその若い男性の前に座り、待ち合わせをしていたようです。

 

私はランチのパスタを食べていたところ、隣の男性二人が投資用マンションのお話を始めました。

最初、若い男性は「やはり妻も産休に入るし、僕も会社を辞める予定だから、今回は見送りたいです。」と切り出しました。

「奥様に購入お祝い金100万円をお渡しすることは話しました?女はお金を貯める、男は増やすんですよ、こんな良い物件ないですよ!!リスクはありますが・・・」と神奈川県の投資用マンションを淡々と進め、女はお金を貯める??男は運用して増やす?????とその後も必死の勧誘。

 

100万円のプレゼントってそれで手付金でしょうがぁと思いながら横で話を聞いてましたが、最後に必ずリスクはありますが。。。とつけるのです。

もうすぐ会社を辞めると言っているのに、賃借人が出たら、自分たちが住めば良いとか、そんなワンルーム家族3人住めるわけないだろうがぁと。

 

騙されちゃダメ、騙されちゃダメと念を隣で送りましたが、私もランチが終わり、次のアポもあったので、その店をあとにしましたが、その後あの青年は買わされてしまったのか、気になるばかりです。

 

現実このように買わされているんだなとびっくりしました。

以前も若いお兄さんが手付金1万円で投資用マンションを買わされて、重要事項説明書を見せてもらったら、ハチャメチャでご本人はだれが賃借人かもわからず蓋をあけたら、サブリースでその意味も分かっておらず、売却したくてもさせてもらえず、賃貸の契約でもないのに手付金1万円で何千万もの投資用を買わされている。

 

本当に怖い世界です。

私が言うのもなんですが、不動産屋は怖いです。

皆様も騙されないようお気を付けください。

 

 

カテゴリー :

お引渡し

公開日:2019年6月7日

皆様こんにちは。

今日は生憎の雨で、物件に行くまでに車の水をバシャバシャ浴びてしまいました。(悲)

もうすぐ、いや~な梅雨に入りそうですね。

梅雨の時期はこの仕事をしていると、とてもきつい時期です。

 

先日のブログでもご紹介しましたが、吉祥寺近辺で土地をお探しだったお客様で最初にお申込みをした時の某大手不動産販売の嫌がらせで買い逃したお客様が、その後すぐに近くに良い土地を見つけて気持ちの良いご契約をされました。

 

売主業者も担当者もとても良い方で、最後までスムーズにお引渡しができました。

やはり人と人だなとつくづく、つくづく思います。

 

 

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • プロが解説、家売るドラマのウソ・ホント
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する