9月1日・・・諏訪の父の喜寿の誕生日でもあり、私の15回目の

結婚記念日でもあるこの日に、無事に千葉県の新築戸建ての契約

を終え、色々とホッとしている、REDSの坂爪です。

 

今回は、家族構成と不動産に関する考察です。

 

9月1日にご契約を頂いたお客様、都内在住の会社員の方ですが

今回は千葉県内で新居をご購入。

理由は、お子様ご家族が千葉県内にお住まいで、お孫さんの

下校後のお世話などを勘案して、お子様の近くへの転居を決断

されたとの事。

 

7月に新築物件をご購入頂いた20代のご夫婦は、将来両方の親の

面倒が見やすい様にと、其々の実家にアクセスが良く、かつ

バリアフリーの物件を選ばれました。

 

8月末に物件の引き渡しを終えたお客様は、お母様との同居の

為に、二世帯住宅をご購入されました。

 

更に先日ご見学させて頂いた物件の売主様は、お子様・お孫さん

が都内にお住まいで、お孫さんの顔見たさに地方から都内の、

お子様お家の近くに、小ぶりなマンションをご購入されたが、

本格的に同居する事となった為のご売却との事でした。

 

「核家族」なんて言葉も一時良く聞かれて、昨今は、ご夫婦と

お子様と言うのが良くある家族構成だと勝手に思っていましたが

近頃はまた「両親含めて三世代同居」が復活しつつある印象です。

 

一緒に住まないまでも、それぞれのプライベートを確保しながら

近くに住むパターンや、独立型の二世帯等、完全な三世代同居で

は無いまでも、「近くに住む」と言うご希望を良く耳にします。

 

私なりには、若年世代の所得の減少、女性の社会進出、日本社会

の子育てのしにくさが原因なのかな?

 

と想像する訳ですが、何はともあれ家族が一緒に過ごすのは

良い事、不動産市場も社会の変化に伴って変わっていく事を

実感している今日この頃です。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る