年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
坂爪 潤さかづめ じゅん
 

プラウド志木 12階

公開日:2018年7月31日

ご売却依頼を頂いております、マンションのご紹介です。

 

東武東上線「志木」駅徒歩4分の好立地

12階部分・南西向きで日当たり風通し、眺望良好

コンビニ徒歩2分、現在近隣にスーパー建築中、と大変魅力的な物件です。

 

現況、空家ですので、ご都合に合わせて内覧可能です。

 

この物件も、REDSなら、仲介手数料半額でご購入可能、他社様で約165万円の

仲介手数料が82.5万円となります。

 

お気軽にお問合せ下さい。

カテゴリー:

持ち家か? 賃貸か?

公開日:2018年7月24日

当社は、不動産売買のみを取扱う仲介会社ですが、私も過去には賃貸を取り扱った事

もあります。

 

売買・賃貸、どちらの営業をしていても、お客様から聞かれるのは・・・

 

買うのが良いのか?

借りるのが良いのか?

 

色々なサイトで等で比較されていますが、キャッシュフローだけを見れば、良い勝負

と言えるようです。

 

営業マン目線で不動産の売買、賃貸両方を見た場合に思う事として

「不動産の売買・賃貸ともに年齢が重要」

と言う事です。

 

 

具体的にお話すると、

【売買の場合】

多くの方がご購入に際して、住宅ローンを利用されますが、住宅ローンの返済は

一般的な商品で最長35年、完済時の年齢は80歳~81歳となっています。

 

概ね45歳までであれば、35年のローンが組める訳ですが、その年齢を超えると

借入期間が短くなる⇒月々の返済額がUP、となる訳です。

 

更に、仮に45歳で35年ローンを組んだ場合、もちろん頑張って期限前返済して

行くのでしょうが、ローンが80歳まで・・・は結構ヘビーです。

 

【賃貸の場合】

大家さんや保証会社としては、「安定した収入」の有る方に貸したいのが一番

の希望条件となります。

 

安定した収入⇒会社員・公務員等で現役の方。

定年退職して、年金暮らし・・・となると別途保証人等を要求される場合も

あります。

 

また、賃貸の大家さんが一番嫌がるのが「孤独死」等の事故。

 

全くどこの物件も貸して貰えない、と言う事は無いですが、希望するような物件に

入居できない場合も出てくるでしょう。

 

実際に、ご高齢の方の賃貸物件探しで、年齢などを伝えただけで、大家さんから

やんわりお断り頂く事もあり、気分が暗くなった思い出があります。

 

 

私が、営業マンとして出した結論は

「買える時に買った方が良い」

となります。

 

現金をお持ちで、いつでも住む場所を確保できる状況の方は、その時が来るま

で、自由に賃貸住まいも良いと思います。

 

また、ご実家等、困ったら戻れる場所が有る方、も賃貸でOKでしょう。

 

 

結論に至った最大の理由は。

 

年齢を重ねて来たときに、買った物件を売ったり貸したりして自分は小さな家に

住替える事は可能ですが、賃貸住まいで貯蓄の無い高齢者が、一念発起しても

家は買えないという事です。

 

更に、月々のローンのは自分の資産への支払いですが、家賃は大家さんの

お財布への支払いと言う点も大きなポイントです。

 

 

カテゴリー:

三崎漁港にて。

最終更新日:2018年7月23日
公開日:2018年7月17日

例年6月~7月は、三浦半島では陸っぱりからのアオリイカが最盛期を迎えます。

 

数か月ぶりにゆっくりとした釣りの時間を取る事が出来ましたので、三崎漁港方面

へと釣行です。

 

16時頃に釣り場に到着、平日なのに釣り人で賑わっています。

 

数か月前に来た時とは打って変わって、少し濁りのある夏の海の色となっていました。

 

すいている場所を探して、のんびりとイカ釣り開始です。

 

ワイン色の夕焼けを見ながら、そろろそ時合が到来です。

 

潮がヨレて、何となく潮目が出来始めた場所を狙ってキャスティング。

 

来ました!!

 

暫くは時間が取れそうも無いので、今シーズン最後のアオリイカになりそうです

が、狙い通り気持ちよくヒットしました。

 

一緒に写っている、ピンク色の物が、イカ釣り用のルアー「餌木・エギ」です。

これを投げて、釣竿を上下しながら巻いていると、「ドンッ」とイカがかかります。

 

 

我が家、6人で食べても、一食で食べきれない、肉厚のアオリイカでした。

 

そろそろ、夏アジの季節ですので、次はアジですね、でも熱いので夜釣りです。

 

カテゴリー:

ご成約となりました。

公開日:2018年7月10日

ご売却依頼を頂いていた「シュロス台東根岸」が先日無事にご成約となりました。

 

売主様、買主様にご協力頂き、スムーズに、気持ちよく契約を取り交わすことが

できました。

ご売却依頼を頂いてから、約4ケ月、仲介手数料半額でのご成約。

 

売主様には、積極的に販売活動にご協力頂き大変助かりました。

 

これから、物件のお引渡しまで、しっかりサポートさせて頂きます。

カテゴリー:

不動産売買と心理的瑕疵

公開日:2018年7月3日

購入・売却を問わず、私たち仲介営業マンが気を使うのが、物件の「心理的瑕疵」

 

代表的なものとしては、「物件で人が亡くなった」「事件・事故が有った」と言う様な

ものですが、「物件で人が亡くなった」「事件が有った」と言う様な場合には、売主様

仲介会社は、買主様にその内容を告知する義務が生じます。

 

この様な物件を「告知物件」と言いますが、実務の現場では、買主様に告知すべきか

悩むような事案も御座います。

 

 

良くあるのが、マンションで、上の階がうるさい!!、隣の部屋がうるさい!!

と言った内容、またその逆で、隣接住戸から頻繁にクレームが来る!!と言う

パターンもあります。

 

近隣の暴力団事務所や、嫌悪施設、ゴミ屋敷等も心理的瑕疵に該当しますし、

昨今では、昨今では保育園や幼稚園の騒音も場合によっては事前に買主様に

伝えた方が良い事もあります。

 

更には、お隣の方が、各種市民団体等でかなりアクティブに、種々の啓蒙活動

をされていて、お会いすると面倒くさい・・・・。

 

なんてのも有ったりします。

 

この様な心理的瑕疵は、買主様としては内容次第では購入を見送るでしょうし

売主様としては、客観性が無ければ伝えたく無いと思われる事でしょう。

 

売主様としては、後からトラブルになるのであれば、知っている事実を全て

伝えて、その上で納得いただける買主様に巡り合う様にすることが最善ですし

 

買主様は、中古物件で売主様が居住中であれば、近隣の状況等の確認をして

頂く事が大切です。

 

新築物件や、非居住の物件についても、タイミングが有れば、近隣の方に

お話を聞いてみるのも良いと思います。

カテゴリー: