上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

坂爪 潤

一戸建てのご売却と、道路。

公開日:2019年2月26日

お客様の専属エージェント。

不動産流通システムREDSの坂爪(サカヅメ)です。

今回は、皆様なんとなく使っている道路のお話。

 

皆さんご存知の通り、道路は公道と私道があります。

 

普段の生活では、皆様意識していないと思いすが不動産

の取引となりますと、 私道の場合には気を付けるべき事

が結構たくさんあります!

 

 

そこで、今回は私道部分の通行・掘削の承諾に関して。

前面道路が私道である場合「その道路は誰が所有してい

るのか」が重要となります。

 道路の一部を自分が所有しているからと言って、 その

道路を当然に通行したり、掘削できるわけではありません。

 

道路を歩いて通るだけであれば問題ありませんが、

車で通ることに関しては争いがおこることがあります。  

                                                              

また、道路の下には上下水道管・ガス管などが埋設されている

ため、 建物を建築する際には、埋設管と敷地内の管を繋げる

必要があり、 道路を掘削しなければいけません。

 

そのため、私道所有者の方々をまわり、 通行及び道路掘削の

承諾書を取り付けることになります。

 

この作業が意外と大変でして、 不動産屋が来た!というだけで

身構えられてしまい、 『 何か用?』 なんて、怒られてしまう

こともあります。

 

こうやって近隣の私道所有者を回る時、 売主様と人間関係が

良好ですと、お話がとても楽なのですが、所有者が遠方にお

住まいだったり、既にご存命じゃない場合なんかもあります。  

 

                               

世の中、いろんな人がいますから、簡単ではないですよね。。。

 

難しい案件を抱えてしまうと、完全に割が合わなくなるのが、

この仕事の苦しいところでもありますが、 1つ1つが勉強に

なりますので、前を向いて頑張っていきます!

最後に~~~

不動産は現地を見ただけではわからない問題が隠れていることが 

たくさんあります。私道の通行・掘削承諾もそうですが、 しっかり

対応できる会社・担当者を真剣に探すことをお勧めします。

 

REDSはベテラン揃いですし、社内も仲が良いので、 お互いが助

け合い、知恵を出し合える環境が整っています。 購入も売却もお困

りのことがあれば、 いつでもお気軽にお問い合わせください m(_ _)m

カテゴリー :

繁忙期に入り、平日もご案内

公開日:2019年2月19日

お客様の専属エージェント、不動産流通システム

REDSの坂爪(サカヅメ)です。

 

年度末に近づき、昨日、本日と平日ですが物件のご案内に

駆け回っております。

 

今日は、朝から上井草の物件をご案内。

駅前にガンダムが居ました。

 

さて、マイホーム探しをされている皆さま。

住宅ローンの組み方・返済方法などをしっかりと考えていらっしゃいますか?

 

住宅ローンの返済計画、資金計画は、 マイホーム探しをする前に、

ご夫婦・家族で行っておくのがお勧めです!

 

ローンの相談だけで不動産会社には行きづらいな・・・とお考えでしたら、

まずは、私へお気軽にご相談ください。

 

ネット銀行・団体信用生命保険・毎月の返済額と借入可能額 、フラット35など

の全期間固定 or 変動金利・ミックス返済 などなど、 検討すべき項目はたくさんあるものです。

 

お客様の状況に合わせた住宅ローンの組み方をご提案しますので、

一緒に、しっかり・じっくり考えてみましょう 。

 

場合によっては厳しい判断をすることもあり得ますけど、

お客様の幸せを考えてプランニングすることをお約束いたします!

 

皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

カテゴリー :

文京シビックセンター・展望ラウンジ

公開日:2019年2月12日

沢山のご購入申込、ご売却依頼を頂き、毎日忙しくしているREDSの坂爪

(さかづめ)です。

 

火曜日・水曜日は定休日の不動産会社も多いのですが、今日は朝から週末

ご契約予定の物件調査で、文京区役所(文京シビックセンター)へ行って

きました。

 

各階を移動しながら、都市計画・道路・建築確認・ライフライン等々物件

調査!!

28階建ての建物ですので、エレベーターを使って上へ下へと移動。

 

ふとエレベーターの階数ボタンを見ますと「25階」部分に青枠のシールが

貼られて押して欲しそうな感じがします。

 

押してしまいたい衝動に駆られましたが、先ずは調査です。

 

調査の待ち時間にフロア案内を見てみますと、25階に展望フロアが有る

との事。

 

仕事柄、タワーマンションの上層階をご案内する事もあり「展望」には

余り新鮮さを感じないのですが、調査完了の充実感から25階へGO!!

 

 

ここの所、都内も降雪・降雨があったため、

冬の澄んだ空気にスカイツリー!

写真では小さく見えますが、肉眼では結構大きく見えました。

 

 

平日の午前中、展望フロアは人影もまばらで、ゆっくりと周りを見渡せます。

 

 

中央大学の建物ごしに、新宿副都心のビル群もクッキリと見えました。

 

しばしの休憩をとって、秋葉原の会社に戻って書類作成です。

 

何となく出た出口が、水道橋駅から最も遠い出口でありましたが、ご愛敬

です。

 

マイホームご購入のお客様にとって、2月中旬のこのタイミング、

住宅ローンの審査期間等を勘案しますと、年度内引渡しギリギリの

タイミングです。

 

新築戸建て、リフォーム済みマンション、等々、仲介手数料最大無料の

REDS坂爪まで、ご指名お問合せ下さい。

カテゴリー :

ご売却時の税金

公開日:2019年2月5日

お客様の専属エージェント、不動産流通システムREDSの坂爪(さかづめ)です。

昨今、都内のマンション等を中心に、ご売却時に利益が出るケースが多く、                          売主様にとっては、嬉しい反面、税金が心配と言うご相談を受けます。

 

今回は『譲渡所得税』に関して少し。

不動産売却時に利益が出ると、最大で約40%の税金が課税されます。                             3年前・4年前にマンションを購入された方では、 1,000万円を                             超える利益が出るケースも散見されます。

上記のような場合、最大で400万円も所得税・住民税が課税れるため、                            節税方法を考えることになると思います。

税金を計算する場合ですが、私たち不動産会社が具体的な数字を お客様へ                           ご説明してしまうと、税理士法違反になりますから、 原則、税務署や税理                           士先生に直接確認することをお願いしています。

 

ここで注意点!!

税理士先生も得意な内容と不得意な内容があるようで、 不動産を得意にして                          いる税理士先生または税務署に 聞いてみることをお勧めいたします。

税務署は、私たち不動産会社が質問をすると非常にサッパリとした対応すが、                          納税者の方が電話する時は、しっかりと対応してくれるようですので・・・。

 

譲渡所得税の計算に関して簡単にお伝えしますと

売却した時に利益が出ると課税されることになります。                                    ここでよく質問されるのが、利益はどのように計算するか?です。

単純に、売却した金額?購入した金額ではないので要注意です!

売却時と購入時にかかった諸費用は利益から控除できます。                                  仲介手数料・登記費用・印紙代などは、閉扉として差し引けます!

建物の減価償却費は利益のように扱うことになります。                                    利益が200万円だと思っていたら、減価償却費で800万円を追加され、                           1,000万円を利益として課税されることもあり得ますのでご注意ください。

大事なことは、資料と領収証を全て集めて、                                        不動産の税金に詳しい専門家に聞くことです。

なお、譲渡所得税を課税されないための3,000万円特別控除を利用すると、                         買い替え先で住宅ローン減税を利用することができませんのでご注意が必要です。

 

こちらの特例を使うと、あちらの控除は使えない、5年住んだと思ったら、                          起算日が1月1日で条件を満たしていなかった、なんて事もあります。

いろいろと難しいですけれど、損をしないように 一緒に1つ1つ                               お話を進めていきましょう。提携税理士への相談等、しっかりとサポートさせて                        頂きます。

 

都内、不動産のご売却はREDS、坂爪までご用命ください。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する