ここ最近、東京都のコロナ感染者数が減少を見せているせいか、

自粛疲れもあってか、休日の都内、我が街鎌倉も天気の回復した

日曜日には、かなりの人出でした・・・

あともう少しの辛抱・我慢、頑張りましょう!!!

 

さてさて、空室の物件を中心に三密を避けて、物件の御案内

をしておりますが、先日あるご主人様がポツリと・・・

 

「都内で探していたけど・・・田園都市線沿線も検討します」

 

理由を聞いてみますと、ご希望の価格帯では都心の50㎡~60㎡台

のマンションがターゲットになるが、色々考えるともう少し広い

物件に方向性を変えたい

 

都心では価格的に届かないので、エリアを広げる事を検討して

いると言う事。

 

今回のコロナ禍で、テレワークになり、自宅で過ごす時間が増え

現在の都内の賃貸マンション(40㎡+α)では、室内で長時間過ご

すのは無理。

 

かといって都内では、人工的な娯楽しかなく結局出かけられない。

 

今回のコロナの様な事は将来起こらない可能性が高いが、外出自粛

が「住まい」についての価値観を変えている模様。

 

 

現在はご夫婦お二人ですが、将来お子様の予定もあり、色々と

考えて、郊外の一戸建てに方向を変えようかと検討されていると

いったお話でした。

 

郊外に住むのであれば車は必須、車があるなら一戸建てが良い!

とご夫婦でお話合いがあった模様です。

 

元々奥様はフリーランスで毎朝の通勤などはない環境で、ポイント

はコロナ終息後に、ご主人様のテレワークが継続されるか否か

に係っている様です。

 

前回ブログでも紹介した、コロナで不動産のニーズが変わるの

では無いか!!そのもの

 

このご夫婦は、コロナの状況を見ながら、都内マンション・郊外

戸建の2方向で物件探しを継続される事になりましたが、今回の

ご夫婦以外にも色々な変化が出てくるものと予想されます。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る