街路樹は、赤や黄色に色づいていきましたが、何となく天気が悪く

釣になかなか行けないREDSの坂爪です。

 

今回は、勘違いが多い「瑕疵保険の加入」と「インスペクション

(住宅診断)」特に需要の多い中古戸建についてです。

 

不動産売買の重要事項説明書にも「住宅診断」の結果の有無の記載

が義務付けられ、お客様からも質問を頂く事が多くなりましたが、

意外と勘違いが多いのが

 

ホームインスペクション実施=瑕疵保険への加入可

 

と言う認識。

 

間違いでは無いのですが、受託診断士の資格を持つ私からもう少

し説明いたしますと。

 

【既存住宅瑕疵保険】

①瑕疵保険に加入するための物件調査・・・費用発生

②調査結果に基づく補修・・・費用発生

③補修が適切になされたかの検査・・・費用発生

④保険への加入・・・費用発生

 

【ホームインスペクション】

①単純に、建物の調査(設備の劣化なども含む)・・・費用発生

 

そうなんです「ホームインスペクション」は単純に、建物の不具合

や劣化状況を調べて、売主様・買主様の間で事実関係を共有する為

また、買主様に於いては将来の維持費用やリフォーム内容を検討する

資料としての検査であり、結果につき保証や保険が付くものではあり

ません。

 

 

以上の様に説明しますと、「瑕疵保険」の方が良いのでは無いか?

と思われると思いますが・・・

 

実は、検査項目自体は

 

「ホームインスペクション」>「瑕疵保険の検査」

 

で瑕疵保険加入の為の検査は、主要構造部分や雨水等の侵入を防ぐ

部分等に限られ、設備の劣化状況の調査などは含まれません。

あくまでも、保険の対象となる部分の調査と言う訳です。

 

そこで私がお勧めするのが、

 

「ホームインスペクション(瑕疵保険対象か所の調査付き)」です。

設備などの劣化状況も調査してもらえて、尚且つ検査結果次第では

瑕疵保険の加入も検討可能。

 

保険の加入の為には、調査の結果是正や補修条件が付いた部分に

ついて、是正・補修の費用が別途発生しますし、補修後の再検査

保険加入費用も別途発生いたしますが・・・・

 

先ずは

①ホームインスペクション(瑕疵保険対象か所の調査付き)

 

ここから先は、買主様と実施や費用負担について相談して決定

②調査結果に基づく補修・・・費用発生

③補修が適切になされたかの検査・・・費用発生

④保険への加入・・・費用発生

●③④は金額が予め解りますが、②の是正補修は場合により膨大

な費用が発生する場合もあります。

 

と言うのが私のお勧めの利用方法。

 

既存住宅の瑕疵保険加入は、買主様に於いては税制上のメリット

買主様のメリットは付加価値として売主様に於いてもメリットに

なりますし、後から瑕疵担保責任の負担を軽減できる等、お互い

にとってメリットが多い制度です。

 

制度の利用は、取り合う会社により個人では依頼が出来ない場合

も御座います。

売主様・買主様、どちらの立場でも、「既存住宅瑕疵保険」や

「ホームインスペクション」をご検討中の方、REDS坂爪まで

ご相談ください。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る