年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
下山 聡しもやま さとし

家探しは難しい??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年10月12日

みなさま、こんにちは。

《仲介手数料無料または割引》不動産流通システムの下山聡です。

 

新型コロナウイルスの影響で現在の不動産市場はかなり活性化しております。

今までと比べてかなり動きが早いと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

物件を見る前に、申込が入り、契約予定になったり

物件を見た後に、すぐ他の人から申し込みが入ったり

検討している内に売れてしまったり

申込を入れても、2番手、3番手になってしまったり

 

需要と供給のバランスが崩れているのかもしれません。

 

理由としては、家探しをする方が増えたことが原因です。

 

新型コロナウイルスの影響で、ステイホーム、在宅ワーク、働き方改革等で、

家に居る時間が長い分、家に対する認識が変わってきています。

 

今まで、賃貸で良かった方、職場への利便性重視で購入された方、家に対して関心がなかった方

いままで家探しをされていなかった方も家探しを始めたため、家探しをされている方のすそ野が広がったと云えます。

 

家探しの条件も、変わってきております。

在宅ワークにより、職場への利便性重視で、都内の物件へ拘っていた方も、エリアを広げて探すことができます。

 

私は様々な不動産業者の方と話をいたします。

緊急事態宣言解除後、明らかに変わったことは、お客様のエリアと言っております。

お客様が現在住んでいるエリアと住みたいエリアが今までと全然異なるそうです。

 

もし、今住んでいるエリアと住みたいエリアが全然異なる方はご注意ください。

 

良いと思う物件を買いそびれる可能性が高いです。

 

家探しの基準の一つ、職場への利便性の条件が減ることで、家探しの条件はかなり広がります。

 

エリアが広がることで、選択肢が広がりますが、買うか、買わないかの判断をする回数も増えてまいります。

 

よくあることですが、まず、物件を見てみて、良いと思ったら検討する方がほどんどです。

この検討が、周囲の環境、この駅はどうなのかの検討から行うことになると判断することが遅くなるのはもっともです。

 

買うことができるエリアの物件を見るよりも、

買いたいエリアの物件を見ることをおすすめいたします。

 

買うことができるエリアと買いたいエリア

似ておりますが、全く違います。

 

勿論、人それぞれ予算がございます。

それも踏まえた上で、買うことができるエリアをから、買いたいエリアをまず絞ってください。

 

予算の内で、買いたいエリア、つまり、住みたい駅を決めるのが良いと思います。

 

住みたい駅さえ決まれば、その駅周辺の広さ等の条件が合う物件を見ていけば良いだけです。

 

 

家探しが難しいと感じている方は、まずは、どの駅に住みたいのか

そこから考えてみるのもよいと思います。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

不動産流通システムの下山でした。

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る