年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
津司 徳義つし のりよし

コロナショック影響下で不動産を購入する際の注意点※営業マン編

公開日:2020年4月25日

仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS マンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

 

今回は実務に携わる不動産営業マンの視点からとても大切な事に気づいたのでブログに記載させていただきます。

 

それはコロナショックという外部要因がもたらした不動産営業マンに与える負の心的要因(内部要因です。

結果として、現状「なんとしてでも売らなきゃいけない!」と考える営業マンが増えてしまっていると感じています。(他社営業マンとのやり取りの中で)

 

以前のブログで良い営業マンの必須要件として「良い人間性」をあげましたが、たとえ良い人間性を持った営業マンでも今は「なんとしてでも売らなきゃいけない!と考えるようになっている方が増えている可能性があるという事です。

このような現状は不動産営業マンにも生活があるので仕方がない側面もあるかもしれませんがお客様にとって最悪です!

 

ここからはあくまでも私見になりますが「なんとしてでも売らなきゃいけない!」が先行し普段なら難なく伝えられていたデメリットも伝えられなくなっているという事が現場では起きつつあるのではないでしょうか。

 

とても憂慮することです。

 

(お住まいに不安を感じる疑心暗鬼な様子です)

 

担当の営業マンから「なんとしてでも売らなきゃいけない!」オーラを感じた時は担当変更を考えることがお住まい探しの失敗を減らす要因になると思います。

 

私がこのブログでお客様にお伝えしたかった事は

コロナショックの現状だからこそ営業マン選びは慎重に!!】【困難な時こそ信頼できる担当営業マンを見つけてください!】という事です。

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログが不動産ご購入をお考えのお客様のお役にたてれば幸いでございます。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

カテゴリー:

4月18日 コロナショック緊急事態宣言下の渋谷

公開日:2020年4月18日

仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS マンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

 

元々テレワークを導入している弊社ですが、本日は契約があり渋谷スタジオに出社いたしました。

 

契約室のデスク、ドアノブ、エレベーターの階数ボタン等をアルコール消毒するために契約時間の1時間前の出社です。

 

このような状況ですので今回の契約にあたっても、一つ一つのご質問に丁寧に対応させていただき、本日の契約に至りました。

 

確かにこの時期の契約にはリスクはありますが、一方でこんな時期だからのメリットもありましたのでご紹介させていただきます。

 

それは価格交渉での値引き、そしてリフォーム費用もとてもお安くすることが出来たという事です。

 

特にリフォームに関しては弊社の特徴でもある、ワンストップの強みを最大限に活かせました!

 

手前味噌ですが、今回は弊社リフォーム部にもとても感謝しています。

 

加えて買主様にもとても喜んでいただけたことが嬉しかったです!

 

契約に関してのリスクが全く無いという状況も常に現実的ではありませんし、反面買わないリスクも常に存在します。

 

一例としては購入検討中に病気をしてしまい、団体信用生命保険に加入できず住宅ローンが組めなくなる等がリスクでしょうか。

 

団体信用生命保険は非常に重要です。お問い合わせをいただければファイナンシャルプランナーとしての立場で、その重要性について真摯にご説明させていただきます。

 

4月18日午前10時、渋谷ヒカリエから渋谷スクランブルスクエアに通じる通路の様子です。一人も人がいませんでした!

 

 

自粛要請を受け入れ、コロナと向き合う素晴らしい光景です。

 

未来に明るい光景ですね!

 

このような自粛要請をしっかり実践していけばコロナを克服できる瞬間も近いのかと思います。(希望します)

 

私がこのブログでお客様にお伝えしたかった事は

 

リスクの裏には常にメリットもある!】【困難な時こそ信頼できる担当営業マンを見つけてください!】という事です。

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログが不動産ご購入をお考えのお客様のお役にたてれば幸いでございます。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

カテゴリー:

コロナの影響下での不動産の売りや買いについて

公開日:2020年4月11日

【仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS 津司徳義(つしのりよし)です。

 

今回は不動産売買の最前線に立つ不動産営業マン・マンション管理士・宅建士・2級FPの視点から売り買いの現状についてお話しをさせていただきます。

 

【今売らなくても良い】という売主様の多くは、売却を一旦ストップするという傾向がみられます。

 

売主様サイドの視点から逆算すると一定期間で騒動が落ち着けばその後は適正価格での売却が出来るだろうと考えていると推察できます。

 

不動産の市場価格は売主、買主という市場参加者の合意にのみ依存します。

 

したがってコロナが収束すれば通常の市場環境で売却が可能と考えている売主サイドの視点から考えると、【今買いたい】と考える買主サイドは今は買い時という判断が出来るかもしれません。

 

なぜならこれほど価格交渉のしやすい環境は前代未聞と言えるからです。

 

敢えて両論併記という立場から申し上げますが、騒動収束後の資産バブルを懸念する声も出始めています。

 

資産バブルとは地価、株式、物価等の上昇です。

 

また住宅ローンには必須の団体信用生命保険がありますが、大きな病気をすると加入が出来なくなります

下落するかどうかわからない状況で下落を待ち、その間に病気になってしまい団信加入が出来なくなるというデメリットも考えなくてはいけないかと思います。

相場を見極める期間が長くなればなるほど、家賃を払い続ける期間、健康リスクにさらされる期間も当然長くなります。

 

買い時を見極める事はもちろん重要です。

 

それ以上に大事な事は、必要な時に必要な不動産を買うという事が不動産購入の失敗の可能性を低減させるのかと思います。

 

最近は多くのお客様から今後の状況について私個人の意見を聞かれることが多くなってきています。

 

このブログは非常に難しい状況下での4月11日現在の私個人の意見です。

 

1年後にどのような状況で読み直すなか、明るい気持ちで読み返せることを願っています!

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログがみなさまのお住まい探しのプラスになれば幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

カテゴリー:

不動産の資産価値を見極めるのは、実は難しい

公開日:2020年4月4日

【仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDSマンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

 

コロナショックの影響下、弊社では「資産価値の高い物件を!」と各エージェントが推奨しています。

でも資産価値というのを見極めるのは実は簡単ではありません。

 

価格を決める3つの要素は以下の通りです。

 

●大きな要因:GDP、オリンピック、金利など26項目

(私は昨今の不動産価格の上昇は低金利に支えられている面が大きと考ています。

 

●中くらいの要因:沿線、道路幅員、都心との距離など46項目

 

●細かな要因:日照、通風、眺望など60項目以上

※不動産鑑定評価基準より抜粋

 

上記各要素が複雑に関連し価格が決まっていきます。

 

実際に※不動産鑑定評価基準では「一般の人が不動産の適正な価格を求めることは非常に困難である」との記載があります。

 

ですから「資産性の高い物件を!」といっても信頼できるエージェントの提案、サポートが必須であるという事の方が実際は多いのかと思います。

 

ここで信頼できるエージェントの選び方ですが、言うまでもありませんが宅建士であることは必須です。

 

 

宅建士の資格さえあれば後は、知識そして人間性ではないでしょうか。

経験は担当者の努力で大幅にカバーできる場合があります。

 

お住まい探し成功のポイントは「信頼できる不動産のプロを見つける!」だと思います。

過去のブログで複数回良いエージェントの選び方について書かせていただいております。  

      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

良い不動産営業マンの見分け方④

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログがみなさまのお住まい探しのプラスになれば幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

カテゴリー: