年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤ノ木 裕ふじのき ゆたか

季節の変化!

公開日:2021年10月31日

お世話になっております仲介手数料が【無料・割引】の【REDS】の藤ノ木です。
暑かった夏も終わり、10月に入ってようやく過ごしやすい気候となりました。
ただ日中かなり暑くなる日もあり晴れた日の朝晩は冷えるようになり
雲が少ないために放射冷却現象が起き、朝晩に冷え込みます。
先日の天気予報で、気になる解説がありました。
それは「このところ秋が短くなってきている」ということ

全体的な気温の上昇傾向とともに、
10月から12月にかけての気温の低下勾配が、
以前よりも急速になっている事を表しているそうです。
確かに年々秋を楽しむことが出来なくなって気がいたします。
そのため、私も体調を崩してしまいまました。
皆様、体調はいかがですか?
私自身、体調管理に気をつけて年を越せたらと思います!

カテゴリー:

(仮称)芝浦一丁目計画について

公開日:2021年10月24日

お世話になっております仲介手数料が【無料・割引】の【REDS】の藤ノ木です。
国土交通省は22日、「(仮称)芝浦一丁目計画」(東京都港区)を民間都市再生事業計画に認定いたしました。


浜松町・竹芝エリア全体の回遊性を高める歩行者ネットワークの強化、回遊の軸となる緑とにぎわいの空間整備、芝浦運河や日の出ふ頭における水辺の観光・にぎわい拠点とし考えているようです。


併せて、水辺の観光拠点を中心としたアフターコンベンション施設や、外国人の生活支援・滞在居住機能を導入した国際ビジネス・観光拠点も整備する予定で、オフィス・商業・ホテル・住宅等で構成する建物(S棟:地上43階地下3階建て、N棟:地上45階地下3階建て)など、合計6つの建築物を建設するそうです。

浜松町駅周辺は私としても非常になじみのある駅で、再開発された後には家族で芝浦運河や日の出ふ頭を散策したいと思います。

カテゴリー:

ハザードマップの重要性

公開日:2021年10月17日

お世話になっております仲介手数料が【無料・割引】の【REDS】の藤ノ木です。

先日、首都圏に地震が発生し防災に対してハザードマップの重要性が再注目されております。

ハザードマップとは、自然災害により予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、

さらには避難経路、避難場所などの情報を地図に示したものです。

市町村にあっては、ハザードマップの作成・周知や具体的な住民の避難計画の策定が求められています。

ハザードマップは、単に住民に周知するだけではなく、その記載内容を正確に理解していただくことがより重要です。

また、ハザードマップは、想定エリア以外の場所が、絶対に安全であることを示すものではありません。

したがって、ハザードマップが「安心マップ」として誤って周知されることは避けなければなりません。

ハザードマップは、あくまで想定の1つにすぎず、その想定を超える災害があり得ることについて住民に丁寧に説明することが重要です。

住民のハザードマップについての正確な理解を推し進めるとともに、ハザードマップに示されていない場所等の危険性について

綿密に住民と話し合うなど、十分なリスクコミュニケーションをとることを、防災対策の柱の1つにすべきです。

一度、ご自身のお住いのハザードマップをご確認されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて

公開日:2021年10月10日

お世話になっております仲介手数料が【無料・割引】の【REDS】の藤ノ木です。
国土交通省は8日、「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」を公表いたしました。
上記を作成するにあたり、以前から下記の内容が問題となっておりました。
・不動産取引に当たって、取引対象の不動産で生じた人の死について、適切な調査や告知に係る判断基準がなく円滑な流通、安心できる取引の阻害されている。
・判断基準がないことで、所有する物件で死亡事故等が生じた場合に、全て事故物件として取り扱われるのではないかとの所有者の懸念があり、単身高齢者の入居が困難になっている

そのため、今後は原則として、宅地建物取引業者は、人の死に関する事案が、取引の相手方等の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる場合には、これを告げなければならない。

例外として告げなくてもよい場合も付け加えられ、下記の内容になりました。
①【賃貸借・売買取引】取引の対象不動産で発生した自然死・日常生活の中での不慮の死(転倒事故、誤嚥など)。※事案発覚からの経過期間の定めなし。
②【賃貸借取引】取引の対象不動産・日常生活において通常使用する必要がある集合住宅の共用部分で発生した①以外の死・特殊清掃等が行われた①の死が発生し、事案発生(特殊清掃等が行われた場合は発覚)から概ね3年間が経過した後
③賃貸借・売買取引】取引の対象不動産の隣接住戸・日常生活において通常使用しない集合住宅の共用部分で発生した①以外の死・特殊清掃等が行われた①の死

・告げなくてもよいとした①~③の場合でも、事件性、周知性、社会に与えた影響等が特に高い事案は告げる必要がある。
・告げなくてもよいとした①~③以外の場合は、取引の相手方等の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる場合は、告げる必要がある。
・人の死の発覚から経過した期間や死因に関わらず、買主・借主から事案の有無について問われた場合や、社会的影響の大きさから買主・借主において把握しておくべき特段の事情があると認識した場合等は告げる必要がある。
・告げる場合は、事案の発生時期(特殊清掃等が行われた場合は発覚時期)、場所、死因及び特殊清掃等が行われた場合はその旨を告げる。

私としても、取引実務面から一定の基準が示されたことにより、本ガイドラインは、トラブル防止等に寄与し、情報を照会・収集し、正確に伝えていくことが出来き1つの方向性が見え不動産が活性化されると思います。

カテゴリー:

お引渡し前の室内確認

公開日:2021年10月3日

お世話になっております仲介手数料が【無料・割引】の【REDS】の藤ノ木です。

本日は、先月ご契約を締結いただきました、お客様のお引渡し前の室内確認・採寸・クリーニングの立ち合いで、弊社の木須と現地に伺いました。

室内は、売主様が非常に、綺麗にお使いになられており買主様も引渡が楽しみとの事でした!

運河沿いの素敵なマンションで、本日の様な天候の良い日には奥様とご一緒に運河沿いを散歩をしたいとの事でした。

引渡しまであと少しですが、U様引き続きよろしくお願いいたします!!

カテゴリー: