年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

令和4年4月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2022年5月19日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和4年4月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2022年度4月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

 

4月度も全エリアにて前年度比はマイナスとなりました。

在庫の件数につきましては、昨年6月より継続して増加しておりましたが、10か月ぶりに僅かではありますがマイナスに転じております。

通常は、在庫数が減少すると価格が上昇する傾向が見られますが、最近では在庫数が増加しているにもかかわらず、成約単価が上昇しておりました。

今後の在庫数の変動による価格への影響が、どの様に表れるか注視していきたいと思います。

 

◎中古マンション成約単価

 

先月と同様で、中古マンションの成約単価につきましては、全エリアで上昇となりました。

物件の在庫件数や成約件数にかかわらず、成約単価につきましては上昇している傾向が全く変わりません。

ニーズが高い物件は、今でも多くのお客様が競合する事が多く、まだこの傾向が落ち着きそうな気配は感じられません。

しかしながら、どの様な物件でも平均的に上昇している訳では無いようですので、ご売却を検討される際には、成約となった物件が、どれくらいの期間を要したかも含めて、適正な金額について慎重に分析する必要があると思われます。

 

◎中古戸建成約件数

 

中古戸建は横浜、川﨑を除いた神奈川県エリア以外では、全エリアで成約件数が減少となりました。

成約件数、成約価格ともに、地域によって若干の違いはあるものの、中古マンションとほぼ同様な動きです。

 

◎中古戸建成約単価

 

中古戸建の成約価格も、埼玉県を除き全ての地域で上昇となっております。

 

最近の不動産売買の傾向は、在庫数に影響されることなく、成約件数減少、成約価格上昇が継続しております。

不動産市況では、コロナ禍での影響は少なくなってきている様子ですが、今後は世界経済の影響による物価の上昇等で、建築コストの上昇も想定され、市場価格にも影響が出てくることも想定されます。

 

様々な角度から、ご購入、ご売却ともにお客様にとって良いご提案をさせていただければ幸いです。

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

カテゴリー:

令和4年3月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2022年4月14日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和4年3月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2022年度3月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

3月度は各エリアにて前年度比は大幅にマイナスとなりました。

3月後半には、新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置も解除となりましたので、人の流れは戻りつつあるものの不動産取引は減少の傾向が見られます。

世の中の人の流れの影響では無く、不動産市況自体に変化が出てきている事も考えられます。

 

◎中古マンション成約単価

中古マンションの成約単価につきましては、先月と変わらず全エリアで上昇となりました。

中古マンションの在庫件数は昨年6月より継続して増加しております。

成約となっている物件は、今までと変わらず高い価格水準であります。

先月と同様に在庫件数は増えておりますので、成約となる物件、ならない物件の2極化が起きていると考えられます。

特に都心部では価格が高騰したために、買い手がその動きに応じられなくなり、在庫が増加しているエリアも見受けられます。

市況に変化が出てきており、しばらくの間、売手市場と見られていた市況も今後変化していくものと考えた方が良いのではないのでしょうか。

 

◎中古戸建成約件数

中古戸建も全エリアで成約件数が大幅に減少となりました。

中古マンションと比較して、物件の在庫数は大幅な変動は無く、ほぼ一定水準で推移しております。

先月までは、人の動きに大きく影響されている事も考えられましたが、中古マンションと同様に市況の変化が要因となり、件数に影響が出ている事が考えられます。

 

◎中古戸建成約単価

中古戸建の成約価格も、殆どの地域で上昇となっております。

中古マンションと同様に、成約となっている物件はまだ、上昇傾向が見られます。

 

中古マンション、中古戸建ともに、売却中またはこれから検討される場合には、周辺の状況や推移を細かく調査を行い、適正な金額を把握する事が重要です。

売却査定も無料で行っておりますので、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

カテゴリー:

令和4年2月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2022年3月17日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和4年2月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2022年度2月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

1月に続き、殆どの地域でマイナスとなりました。

いずれの地域も1月よりは減少幅が少なくなっておりますが、昨年同月の水準には戻っておりません。

1月から2月にかけて、新型コロナウィルスの影響で、ご案内のキャンセル、契約の延期等が身近な範囲で起こっておりました。

先月に続き、人々の動きが大きく制限される事態が起こったことが、成約件数に影響を与えていると考えられます。

 

 

◎中古マンション成約単価

 

1月に続き、2月も全ての地域で成約単価が上昇となりました。

新型コロナに対して、影響なく成約となった物件については価格の上昇が継続しております。

首都圏全地域では、22ヶ月連続で、前年同月比を上回っております。

最近では全体の物件数の在庫は6月がピークとなり最も少なく、そこから増加に転じており約8ヶ月で1割程増加いたしました。

成約となっている物件は価格が高い水準で推移している反面、在庫数も増加している事から、売れやすい物件と売れにくい物件の2極化が起こり始めております。

売却に長期かかってしまっている物件につきましては、市場に則った適正な価格設定を行う必要もございますので、お悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

◎中古戸建成約件数

 

戸建の成約件数も、マンションと似た傾向で殆どの地域で減少傾向ですが、多摩地区を除き減少幅は縮小しております。

マンションと同様で、人々の動きの制限が影響しているものだと思われます。

 

◎中古戸建成約単価

戸建も成約となっている物件については、全ての地域で前年比で上昇となっております。

戸建については、マンションより少し遅れて、首都圏の在庫数の減少は12月がピークでそこから少し増加化に転じております。

市場に出ている物件の在庫数が増えてくるとマンション同様に、売れる物件、売れにくい物件が徐々に2極化する傾向となる事も推定出来ます。

また、マンションも戸建も、今後は在庫数が成約価格に影響してくることも考えられます。

 

毎月の傾向から、少し先の短期的な傾向も推定しながら、より細かいエリアごとの価格についても分析をしていきたいと思いますので、ご売却、ご購入いずれにつきましても、お気軽に、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までご連絡をいただければ幸いです。

 

お問い合わせをお待ちしております。

 

カテゴリー:

令和4年1月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2022年2月24日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和4年年1月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2022年度1月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

 

 

1月は、全ての地域でマイナスとなりましたが、最近では見られない程、大幅なマイナスとなりました。

 

先月にプラスに転じた東京区部や、横浜・川崎市も再びマイナスとなりました。

 

オミクロン株の爆発的な感染拡大で、取引先やお客様の中でも感染が見受けられ、ご案内を中止したことも何件かございました。

 

不動産市況の変化では無く、行動が制限された結果が成約件数にも影響していると思われます。

 

◎中古マンション成約単価

 

 

成約単価に関しては、1月も、全ての地域で上昇となりました。

 

成約件数が減少はしておりますが、行動制限による影響が想定されますので、平常通りの動きが可能だったお客様につきましては、変わらない価格水準で取引が行われております。

 

この傾向は、当面は続くのではないでしょうか?

 

◎中古戸建成約件数

 

一戸建てにつきましても、マンションと同様に全ての地域でマイナスとなりました。

物件種別に関わらず、行動制限による影響であると想定出来ます。

 

マンション、一戸建てともに、新型コロナウィルスの感染状況による影響が成約件数にも大きく影響しており、今後感染数が減少すれば、その反動でマンション、戸建ともに成約件数の上昇も考えられます。

 

◎中古戸建成約単価

 

 

12月度は、マンション、戸建ともに同じ傾向となりました。

成約となっている金額は高い水準は続いておりますが、人の流れが抑えられる状況も多かったため、成約件数が減少した結果だと想定出来ます。

 

今回の状況は、人の流れが回復すれば、成約件数もその動きに比例し増加するのではないでしょうか?

一度減少いたしましたが、その分通常の動きに戻った時に増加することも考えられます。

 

全体的には新型コロナウィルス感染者も減少し始めておりますが、まだ高い水準で推移しておりますので、少しの間、同じような動きが続くと思われます。

 

来月のデータにも着目していきたいと思います。

 

 

カテゴリー:

令和3年12月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2022年1月18日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和3年12月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2021年度12月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

12月は、全ての地域でプラスに転じました。

東京区部では7か月ぶり、横浜・川崎市も6か月ぶりの前年比プラスとなりました。

東京オリンピック以降、東京都区部、横浜・川﨑市ではマイナスが続いておりました。

少し動きが戻り始めたようにも感じられますが、1月以降も世の中の状況が変化しておりますので、今後の動きはまだ想定しづらいです。

 

◎中古マンション成約単価

12月も、全ての地域で上昇となりました。

成約件数、在庫数の減少にも影響されず、成約単価の上昇は変わっておりません。

まだ、ご売却を検討される方にとっては計画を立て易い時期だと思われます。

 

◎中古戸建成約件数

 

11月度は埼玉県以外全ての地域でマイナスとなっておりましたが、12月度は東京区部・多摩、横浜・川﨑市がプラスに転じました。

首都圏全体では、1年前の2020年12月時点で約18,000件の在庫がありましたが、2021年12月時点では約13,000件と約25%も減少しております。

大幅に減少しているにもかかわらず、成約件数がプラスとなっている地域は、益々物件の希少性が増し、売却する方には良い時期だと思われます。

 

◎中古戸建成約単価

12月度は、成約件数は上昇しているものの、東京区部のみ成約単価が減少という集計結果となりました。

東京都区部も、地域内では価格差も広くなりますので、中心部より少し外れ、比較的安価な地域での成約が多かったのではないかと想定出来ます。

 

それぞれの地域内でも、更に細分化すると様々な傾向がございますので、ご検討される地域に関しても細かく調査のうえ、ご売却、ご購入いずれにつきましても、最善のご提案をさせていただきます。

お気軽に、REDS【株式会社 不動産流通システム】金谷(カネヤ)までお問い合わせください。

 

 

 

カテゴリー:

令和3年11月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2021年12月13日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和3年11月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2021年度11月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

全体的には、減少傾向が見られます。

まだ、在庫物件数が前年より1割近く少ない状況ですが、11月は新規登録物件数が27ヶ月ぶりにプラスに転じました。

12月以降で少しづつ変化が起こる可能性もありますので、今後の動きを着目していきたいと思います。

 

◎中古マンション成約単価

最近の傾向と変わることなく、全ての地域で成約単価が上昇となっております。

地域によって上昇率の差はありますが、在庫や新規登録物件が少ないことにより、まだ需要の方が高い傾向が見られます。

今月より新規登録物件数がプラスに転じましたが、それが継続すれば、在庫が増えることにより、上昇幅も縮小していく事も想定出来ます。

 

◎中古戸建成約件数

戸建の成約件数についても、埼玉県を除き全て減少となりました。

マンションよりも在庫数が少なく、前年より27%減となっております。

新規登録物件数も-15%と、プラスに転じたマンションとは大きな違いがあります。

戸建を売却をする側としては、良い時期であると言えます。

 

◎中古戸建成約単価

日常生活で、「コロナ」や「テレワーク」というキーワードを耳にすることが少なくなりましので、不動産業界においても、直接の影響はそれほど感じることが無くなってきております。

まだ先が想定しづらい状況が続いておりますが、現自在の状況に適した購入、売却のお手伝いが出来れば幸いです。

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

カテゴリー:

東京駅まで30分以内・中古マンション価格相場が安い駅ランキング

公開日:2021年10月25日

リクルートのSUUMOが「東京駅まで30分以内、中古マンション価格相場が安い駅ランキング 2021年版」を公表いたしました。

 

 

SUUMOに掲載されている東京駅まで電車で30分圏内の駅(掲載物件が11件以上ある駅)で駅徒歩15分圏内、物件価格相場3億円以下、築年数35年未満、敷地権利は所有権のみ等、いくつかの条件にて、専有面積20平米以上50平米未満をシングル向け、専有面積50平米以上80平米未満をファミリー向けとし、2021/5~2021/7の間の掲載物件の中央値を算出し、ランキングを発表しております。

 

ランキングは以下の通りです。

 

【シングル向け】

1位 新子安(JR京浜東北・根岸線)
2位 鶴見(JR京浜東北・根岸線)
3位 新高円寺(東京メトロ丸ノ内線)
4位 お花茶屋(京成本線)
5位 尾久(JR高崎線)
6位 東向島(東武伊勢崎線)
7位 梅島(東武伊勢崎線)
8位 新三河島(京成本線)
8位 板橋本町(都営三田線)
10位 三河島(JR常磐線)

 

 

【ファミリー向け】

1位 東船橋(JR総武線)
2位 六町(つくばエクスプレス)
3位 四ツ木(京成押上線)
4位 扇大橋(日暮里・舎人ライナー)
5位 西船橋(JR京葉線)
5位 足立小台(日暮里・舎人ライナー)
7位 青井(つくばエクスプレス)
8位 お花茶屋(京成本線)
9位 五反野(東武伊勢崎線)
10位 西新井(東武伊勢崎線)

 

全体的に、東京都23区北、東方面のエリアが多く、東京の中心迄のアクセスが良い立地にて、比較的ご予算を抑えて物件を探しやすい地域です。

 

更にご予算を抑えたい方は、REDS【株式会社 不動産流通システム】をご利用いただくと、流通している不動産のほとんどの物件が、仲介手数料無料もしくは割引にてご購入いただけます。

 

物件をお探し中で、なかなか物件が見つからないという方は、物件探しからもお手伝いさせていただきますので、お気軽にREDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までお問い合わせください。

 

ご連絡をお待ち申し上げております。

 

 

カテゴリー:

令和3年9月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2021年10月18日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和3年9月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2021年度9月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

8月は全地域で減少となり、その割合も大きかったのですが、9月には横ばいもしくは先月よりも減少の割合が小さくなりました。

 

例年、活発に動きが増える時期ではありますが、昨年ほどの件数までは戻っておりません。

 

新型コロナウィルス感染者の急増は、不動産の流通業界では、それによる影響を受けたという事は、それ程体感できませんでした。

 

◎中古マンション成約単価

 

 

成約件数には連動せず、全ての地域で成約単価が上昇となっております。

多摩地域を除いては、2桁以上の上昇率です。

しばらく価格上昇の傾向が続いておりますが、価格設定が高くなり過ぎて、在庫が増えているエリアも見受けられます。

そのため、早期で売却となっている物件と、長期化している物件の2極化が起こっているエリアでは、売り側も買い側も、適正な金額を把握する事が重要だと思われます。

 

◎中古戸建成約件数

 

 

戸建の成約件数についても、マンションと似た動きとなっており、8月は区部以外全て減少となっていたのが9月で横ばいに転じた地域が増えました。

 

戸建の成約件数につきましては、中古マンションと少しの時差で連動する動きが見られます。

 

◎中古戸建成約単価

 

 

先月は、東京区部のみマイナスとなりましたが、9月は再び全ての地域で上昇となりました。

 

マンション、戸建ともに、成約単価の上昇傾向はしばらくの間続いております。

 

ここ最近は、市場の変動が予測しづらいのですが、価格面についての上昇傾向が続いているために、物件を探している方々が買い控え、成約件数に影響が出ている事も考えられるかもしれません。

 

地域ごとに細かく分析し、ご売却、ご購入いずれをご検討されている方にも適正なご提案が出来れば幸いです。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

カテゴリー:

令和3年8月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2021年9月13日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和3年8月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2021年度8月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

 

◎中古マンション成約件数

 

 

6月から減少に転じた地域が出る中、7月より全地域が減少に転じましたが、8月はその現象の割合が大きくなりました。

 

要因としては、需要が高いエリアで新規物件の件数の減少により供給が不足している点と、需要自体が減少し、流通自体が減少してしまっているエリアがある事が想定出来ます。

また、東京オリンピック開催により、市場の動きにも少なからず影響もあったではないかと思われます。

地域によっていずれかの要因が考えられますので、気になる地域がございましたら調査を行っていきたいと思いますのでお問い合わせください。

 

 

◎中古マンション成約単価

 

 

先月と同様に、神奈川県横浜・川崎市以外を除き、成約単価は上昇となっております。

 

東京都区部では16ヶ月連続、多摩地区も6ヶ月連続、神奈川県川崎市、横浜市では15ヶ月連続、神奈川県その他の地域は9ヶ月連続、埼玉県も15ヶ月連続、千葉県も13ヶ月連続での上昇となりました。

 

新規登録件数が増加しない状況が続いておりますので、先月と同様に価格の上昇が続いているようです。

 

 

◎中古戸建成約件数

 

 

先月と大きく変化した点は、中古戸建の成約件数の推移です。

 

先月までは千葉県以外の地域では上昇となっていた成約件数が、8月度は東京区部を除き、全て減少に転じた点です。

 

中古マンションと同様に、新規登録件数が増加しない中、成約件数の上昇が続いた結果、優良な在庫物件の数が減少に伴った動きではないかと思われます。

中古マンションから少しの時間差で類似した動きとなりましたので、少しの間同様の傾向が続く可能性がありそうです。

 

◎中古戸建成約単価

 

 

7月度は全ての地域で上昇しており、多摩地域を除く地域では2桁以上割合で価格の上昇が見られましたが、千葉県を除いては価格の上昇幅が縮小し、東京区部ではマイナスとなっております。

 

上昇から減少に転じましたので、来月以降でどのような方向性となるか、着目していきたいと思います。

 

8月度は、中古マンション、中古戸建ともに成約件数が減少に転じるという結果となりました。

新型コロナウィルスの第一波が起こった時期に不動産の市場は一時的に大幅に減少となりましたが、その後市場が停滞した反動により、大幅に成約件数が増加し、価格の上昇も続く傾向が見られました。

今回の成約件数の減少が、東京オリンピック開催の影響によるものであれば、同様にこれから少し動きが活性化する可能性もございます。

 

いずれにしても、市場の変化が少し現れている時期ではありますので、引き続き、市場の動向に着目していきたいと思います。

 

現在ご売却をご検討の方や、購入についてのご相談がございましたら、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

カテゴリー:

令和3年7月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2021年8月15日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和3年7月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2021年度7月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

 

◎中古マンション成約件数

 

 

5月までは増加で推移しておりましたが、6月より減少に転じた地域もあり、7月は全ての地域が減少となりました。

しばらくの間、物件の新規登録件数の減少に伴い在庫数も減少し、全体の成約件数に影響しているように思われます。

 

 

◎中古マンション成約単価

 

 

成約件数は減少となっているものの、成約単価は全てのエリアで上昇しております。

東京都区部では15ヶ月連続、多摩地区も5ヶ月連続、神奈川県川崎市、横浜市では14ヶ月連続、神奈川県その他の地域は8ヶ月連続、埼玉県も14ヶ月連続、千葉県も12ヶ月連続での上昇となりました。

物件の成約件数は減少傾向に転じておりますが、在庫数の減少から売り物件の希少性か高まり、価格の上昇が続いていると思われます。

 

 

◎中古戸建成約件数

 

 

中古戸建の成約件数は、マンションとは異なる動きが見られます。

千葉県以外は、まだ成約件数は上昇傾向です。

物件の在庫数は、マンション同様減少に転じております。

そのような状況の中、埼玉県の成約件数の上昇率は特に高い数字となっております。

傾向がとらえにくいデータとなっておりますが、8月のデータがどのようになるのか着目していきたいと思います。

 

 

◎中古戸建成約単価

 

 

成約価格については、全ての地域は上昇となりました。

 

成約件数とは連動せずに、マンション同様、価格は大きく上昇いたしました。

 

東京オリンピックの開催が大きな転機となり、今後の不動産市場に影響が出るかはまだ定かではありません。

 

今後も、マーケットの変化に応じて、適正、的確なアドバイスをさせていただきます。

 

ご売却、ご購入にいずれにつきましても、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: