年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
金谷 昭夫かねや あきお

9月の首都圏・不動産売買の状況

公開日:2020年10月30日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

すっかり秋らしい気候ですね。

 

 

日中は心地よい気候ですが、朝晩はかなり寒くなってきましたので、体調にはくれぐれもお気を付けください。

 

 

今回は2020年9月度の不動産流通市場の動向をお知らせします。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2020年度9月版)によると、首都圏(1都3県)の状況はこのような状況となりました。

 

 

◎中古マンション成約件数

千葉県 -3.7%

埼玉県 -3.3%

東京区部 -9.9%

多摩 -10.6%

横浜、川崎市 -3.9%

神奈川県他 -7.1%

 

先月とは一転して、成約件数の前年度比は、軒並み増加から減少へ転じました。

23区及び多摩の東京都が、約10%程の減少となってました。

 

◎中古マンション成約単価

千葉県 +7.6%

埼玉県 +3.5%

東京区部 +5.2%

多摩 +8.0%

横浜、川崎市 +2.1%

神奈川県他 +4.7%

 

成約単価では、先月に続き、全ての地域で単価が上がっております。

東京エリアは成約件数の減少率が高い反面、価格の上昇率が高くなりました。

 

 

◎中古戸建成約件数

千葉県 +7.7%

埼玉県 +11.8%

東京区部 -2.2%

多摩 +7.0%

横浜、川崎市 +2.1%

神奈川県他 -5.9%

 

一戸建ての成約件数は、地域によって増加、横ばい、減少とかなりのばらつきがありました。

 

◎中古戸建成約単価

千葉県 +16.6%

埼玉県 +8.0%

東京区部 -2.1%

多摩 +12.4%

横浜、川崎市 -0.7%

神奈川県他 -1.7%

 

成約単価については、成約件数が多かった地域が、成約単価が高くなるという結果となりました。

 

8月は、首都圏内の全体的な動きは類似していたものの、9月は隣接地域同士でも異なる動きが見られました。

 

全体的には、マンションの売却件数が減少し、一戸建ての成約件数が増加傾向にあります。

 

どちらの種別につきましても、成約金額については全体的には上昇いたしました。

現在ご購入されている方は、必要性と購入意欲が高いため、成約金額自体は微増しているようです。

 

月単位で、市場の動きが大きく変化しておりますので、引き続き、その時点での各エリアに動向に注視して、最善のご提案ができるようにいたします。

 

ご質問等ございましたら REDS【株式会社 不動産流通システム】金谷(かねや)まで、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:

プレミアム商品券

公開日:2020年10月23日

こんにちは!

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(かねや)です。

もうすっかり涼しくなりましたね。

季節の変わり目ですので、ご体調には十分お気を付けください。

 

私の住んでいる東京都府中市では先月から昨日までの間、地元応援商品券の申し込み受付がございました。

 

 

府中市民が申込対象で、10,000円で14,000円分の商品券の購入が出来、1人5冊までの申し込みで、必ず1人1冊は購入出来ることになっています。

人口約26万人で、発行数は26万冊のため人口分発行されるようで、購入しない人がいれば、当選した人が抽選で購入出来ることになります。

用途として、大型店や地元の小型店のみでしか使えない制限もありますが、1冊あたり4,000円もお得なので1冊でも多く当選することを祈りながら、家族全員4名で申し込みをいたしました。

さまざまな行政で、同様のプレミアム商品券の販売を行っております。

すでに終わってしまったところも多くございますが、少し調べてみたところ、

●埼玉県さいたま市・・・12,000円分の商品券を10,000円にて販売・10/12から11/10の間に申し込み後、抽選にて当選すれば購入可。

●神奈川県川崎市・・・13,000円分の商品券を10,000円にて販売・3次販売10/15から令和3年3月31日まで、なくなり次第終了。

●東京都小金井市・・・13,000円分の商品券を10,000円にて販売・10月末頃に申し込みはがきを全戸配布のうえ、郵送にて申込、抽選にて当選すれば購入可

●東京都中野区・・・6,500円分の商品券を5,000円にて販売、11月中旬頃までに申し込み(詳細はこれから発表)

等々、まだ間に合いそうな地域もありそうです。

皆様のお住まいの地域でも是非、ご確認をしてみてください。

 

コロナに負けず、様々な地域が活性化し、平和な生活が戻ることを願ってやみません。

 

 

 

カテゴリー:

住宅探しの秋

公開日:2020年10月15日

不動産流通システム【REDS】の金谷です。

早いもので、今年も残すところ、約2か月半となりました。

丁度、1年前には、日本でラグビーのワールドカップが開催され、ベスト8まで進出するという過去最大の結果となり、日本国内は大きく盛り上がりました。

随分、昔のような記憶です。

 

その反面、同じ時期の10月中旬には、台風19号が発生し、河川の氾濫、堤防の決壊により日本国内に甚大な被害を与えました。

 

その時期からハザードマップか注目され、不動産の購入にあたっても事前に確認をされるお客様が多くなりました。

 

本来であれば、今の時期は過ごし易い気候で、「スポーツの秋」、「読書の秋」、「食欲の秋」と好きなことに時間を注ぐ時期ですが、新しい生活様式の中で、今までとは異なった楽しみ方を工夫していかなければならない時代となりました。

 

 

例年では、この時期は、暑さも和らぎ不動産を探す方も多くなる時期です。

 

住宅探しについては、気候のみならず、生活様式の変化に合わせて住み替えを考えている方も増えているため、例年以上に多くのお客様が動いている印象があります。

 

「住宅探しの秋」として、良い物件探しのお手伝いが出来るように、お役にたてれば幸いです。

 

 

REDSでは、仲介手数料が割引もしくは無料にて、物件のご紹介をさせていただいております。

 

些細な事でも結構ですので、不動産流通システム【REDS】の金谷まで、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:

東京圏の人口 転入出の動向について(8月)

公開日:2020年10月10日

不動産流通システム【REDS】の金谷(カネヤ)です。

この週末は、台風の影響により、生憎の天候となってしまっております。

久しぶりの台風接近ですので、台風情報を細かくご確認のうえ、安全を第一にお過ごしください。

 

 

先月もご報告させていただいた人口移動報告(外国人含む)の8月の統計が総務省より公表されました。

7月は、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)から他の道府県への転出が転入を1459人上回り、東京都は転出者が転入者を2522人上回っておりましたが、8月は、転出が転入を459人上回りました。

東京都以外では、埼玉県は1528人転入者が転出者を上回り、千葉県、神奈川県もそれぞれ1674人、853人転入者が転出者を上回っておりますので、東京のみが転出者が上回るという結果となりました。

東京都に限っては、8月のみで転出者が転入者を4514人上回りましたので、先月よりも約2000人も増加しております。

傾向としては、東京から近隣の都道府県や、その他の都道府県に移動されている方がまだ増え続けているように見受けられます。

 

しばらくは、新型コロナウイルスの影響で同じ傾向が続くことが想定されます。

今後、不動産につきましても、需要と供給のバランスで少しづつ価格にも影響が出てくるかもしれません。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】では、東京圏の1都3県(弊社規定のエリアがございますのでお問い合わせください)でのお取引をさせていただいております。

様々な地域性もございますので、ご売却、ご購入を検討の方で、その地域の動向について把握されたいというご希望がございましたら、是非、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(かねや)までお問い合わせくだされば、調査のうえ、ご返答させていただきます。

 

季節の変わり目ですので、くれぐれもお体ご自愛ください。

 

カテゴリー:

住宅ローンについて(借入限度額のお話)

公開日:2020年10月2日

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)です。

日中は少し汗ばむ時間帯もありますが、だんだんと秋らしい気候となって参りました。

例年では、これから気候の良い時期となりますので不動産の売買も活発となってきます。

さて、今回は住宅ローンについて、少しお話をさせていただきます。

 

住宅ローンは、都市銀行からネット銀行、地方銀行等様々な銀行にて取り扱いがあります。

お客様から、「どの銀行が一番良いの?」というご相談を良く受けます。

 

住宅ローンを選ぶ際には、それぞれのお客様がどのような内容を望むかで、ご提案する金融機関が異なってきます。

最近、多くあるご相談が、住宅ローンの金利が安いため、自己資金を減らし、借入をなるべく多くしたいという内容です。

一般的にはご収入に比例して、借入できる金額は多くなりますが、同じ収入でも借入可能な金額の基準が異なってきます。

例えば、年収500万円の場合、

フラット35・・・4,920万円(令和2年10月実効金利による)

A銀行・・・3,730万円

B銀行・・・3,290万円

上記は一例です。

金融機関によって、かなりの違いがあります。

金額以外の条件も異なってきますので、総合的な条件にてご検討いただく事になります。

借入金額を増やすことが最善ではないと思いますが、現金を手元に残しておかないと不安なお気持ちの方もいらっしゃると思います。

物件購入に伴い、お客様に適した住宅ローンのご提案も行わせていただきますので、何なりとご相談ください。

何か住宅ローンのご相談がございましたら、住宅ローンアドバイザーの金谷(カネヤ)まで、是非お問い合わせください。

 

カテゴリー: