エージェントブログAGENT BLOG

金谷 昭夫(宅建士・リフォームスタイリスト)

高く早く売却する方法をご提案致します。

5

22

このエージェントに相談する

公開日:2022年9月24日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

先日、ご売却にて依頼をいただいておりました中古マンションのお引き渡しが終了いたしました。

当初は、ご購入にてご相談をいただいておりましたが、ご購入ではお手伝いする事が出来ませんでした。

ご購入した業者にそのまま売却をお願いされていましたが、売却についてはうまく進めることが出来ず、ご相談をいただき、弊社にご売却をお任せしていただく事となりました。

 

不動産業界では、仲介業者によって、ご売却への手法がいくつかのパターンに分かれます。

 

1.インターネットに広告掲載するが、国土交通大臣指定の情報機構「レインズ」には登録をせず、(この手法は、売主と専属専任媒介、専任媒介を締結している場合は法律違反となります。)他の業者には一切紹介をしないようにして、売主買主いずれからも仲介手数料を受領するいわゆる「両手仲介」のみ行う方法

2.自社のみインターネット広告に掲載をし、レインズには登録義務の期間(専属専任媒介は5日以内、専任媒介は7日以内)ギリギリで登録をし、レインズ登録からその後しばらくの間も他の業者への紹介もなるべく避けるようにして、まずは両手仲介を目的として販売活動を行う方法。

3.売却の依頼を受けた場合は、速やかにレインズに情報公開を行い、他の業者から広告掲載の依頼があった場合でも、資料等を提供のうえ積極的に協力をしていただき、広く情報周知に努め、早期に成約を目指す方法。

 

上記の1,2の方法では、多くの不動産会社で抱えている顧客の中で、良い条件で購入するお客様がいる可能性があるにもかかわらず、自社に直接問い合わせをしたお客様を優先し、不動産会社が最大限の利益を上げる目的のための方法です。

そのため、売主側にとっては最善の方法ではありません。

3.につきましては、多くの不動産会社がお客様へご紹介をし、互いに競争するため、売主にとっては最も良い条件にてお客様が見つかる方法です。

両手仲介とはならないため、仲介手数料は双方から受領出来ないため、不動産会社から見ると利益は少なくなりますが、売却する物件価格は最も高くなる筈です。

 

不動産会社の利益を最重視するのか、売主様の利益を最重視するのか、その不動産会社によって考え方は異なります。

経費を多く費やしている不動産会社は、必然的に会社の利益を重視しているのではないでしょうか。

売却を任せる不動産会社を選ぶ最も重要な点は、「ご所有不動産に対して、最大限の評価をしていただけるお客様を見つける」ことです。

 

現在売却中でお困りの方、これから売却する計画があるがどの様に進めたら良いか?、早く高く売却するためには?等、売却についてのご相談は、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせをお待ち申し上げております。

 

 

カテゴリー:

公開日:2022年9月17日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

令和4年8月の首都圏・不動産売買の状況をお知らせさせていただきます。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)の月次速報:サマリーレポート(2022年度8月版)によると、首都圏(1都3県)の前年の同月比はこのような状況となりました。

 

◎中古マンション成約件数

 

7月度は、久しぶりに東京都区部、多摩地域、神奈川県その他地域、千葉県にて、成約件数がプラスとなりましたが、8月度は全ての地域で再びマイナスとなってしまいました。

8月度は、コロナ禍となってから久しぶりの制限のない夏休みを迎えたため、その動きが少し影響しているかもしれません。

その場合には、9月度の動きに影響が出る可能性もあります。

例年、秋口は不動産の動きも活発になりますので、今月以降の動きにも着目していきたいと思います。

 

◎中古マンション成約単価

 

中古マンションの成約単価は、引き続き全ての地域で上昇となっております。

各地域で上昇幅の変動はあるものの、価格の上昇傾向は変わっておりません。

過去に一度査定をしたことがある方でも、現在の価格で見直した場合には変動しておりますので、現在価格を把握されたい方は、是非お問い合わせ下さい。

 

◎中古戸建成約件数

7月度は、横浜・川﨑市、千葉県にて上昇となっておりましたが、8月度は全ての地域で減少となりました。

減少幅もかなり大きな割合となりました。

通常、首都圏での新規の登録件数が1,100件から1,200件で推移しておりましたが、8月度は877件と大きく減少したため、その影響もあるようです。

成約件数が減少したものの、新規物件数も少なかったため、在庫件数はそれ程変動はしておりません。

 

◎中古戸建成約単価

成約件数は大幅に減少したものの、価格につきましては多摩地域を除き全ての地域で増加となりました。

価格については、中古マンションと同様で上昇傾向は変わりません。

 

中古マンション、中古戸建ともに、先月一度は成約件数が昨年同月比で増加傾向になったものの、8月度は再び減少傾向となりました。

円安傾向も続いておりますので、海外からも日本の不動産を購入する方も多く見受けられます。

売却するための時期としては、良い時期は継続しておりますので、これから売却をご検討されている方、現在ご売却中の方も、最善の方法をご提案させていただきますので、REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

カテゴリー:

公開日:2022年9月10日

暑さが少し和らぎ、秋の気配も感じられるようになってきました。

 

今回は、最近の東京都内の人口の推移について調べてみました。

 

東京都は、新型コロナウィルス感染症拡大による影響で、人口の流出が進んでおりました。

 

東京都総務局統計部によると、令和3年の1年間もその傾向がまだ続いていて、東京都23区内の一部を除き、人口が減少した地域が殆どとなりました。

年が明けて令和4年に入り、2月までは昨年と同様に減少傾向が続いておりました。

 

しかしながら、3月になると23区及び東京都市部の多くの地域にて、人口が増加いたしました。

 

不動産の取引においても、3月以降は、23区内の成約件数は昨年対比で若干マイナスではあったものの、徐々に件数も増加し、7月には、ようやく中古マンションの成約件数が昨年同月対比で約10%増加となりました。

 

今後は、東京23区、東京都市部に人が流入することが想定されます。

需要が増える時期に向けて、ご売却をご検討されている方は是非ご相談ください。

 

今後、弊社の営業エリア内である、神奈川県、埼玉県、千葉県についても調査をさせていただきます。

 

 

カテゴリー:

公開日:2022年9月3日

先日、J様に弊社の仲介にて中古マンションをご成約いただきました。

 

ありがとうございました。

 

 

売主様より80万円の値引き、仲介手数料も割引で約56万円お安くなり、合わせて約136万円お得にご購入いただく事が出来ました。

 

駅からも徒歩4分という利便性の高い立地で、将来的に売却や賃貸に出す事を検討するにも好条件のマンションです。

 

良い物件をご購入いただけましたこと、大変嬉しく思っております。

 

 

初めてのご購入ですので、お引き渡しまで不安の無いようにしっかりとサポートさせていただきます。

 

REDSでは、仲介手数料がお得なだけでは無く、物件購入、売却へのアドバイスや、様々な疑問についても丁寧にご説明させていただきます。

 

REDSを利用して良かったと言っていただけるように、ご購入、ご売却のお手伝いをさせていただきます。

 

REDSの宅建士・2級ファイナンシャルプランニング技能士の金谷(カネヤ)まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

カテゴリー: