エージェントブログAGENT BLOG

金谷 昭夫(宅建士・リフォームスタイリスト)

高く早く売却する方法をご提案致します。

5

24

このエージェントに相談する

公開日:2023年4月2日

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷です。

 

不動産の購入時には物件価格とは別に諸費用がかかります。

そのひとつに「仲介手数料」がございます。

 

不動産仲介手数料は、不動産会社が売主、買主の間に入って売買契約のために仲介を行い、その取引に対する報酬を、購入者が不動産仲介会社に支払う事となっております。

 

不動産仲介手数料の計算方法は、物件価格によって異なりますが、不動産売買における仲介手数料の法定上限金額は、売買価格により下記の速算式で計算されます。

 

① 売買金額が200万円以下の場合・・・売買価格×5%+消費税 (1円から2,000,000円まで)

② 売買金額が200万円超から400万円以下の場合・・・売買価格×4%+2万円+消費税

③ 売買金額が400万円超の場合 売買価格×3%+6万円+消費税

 

物件価格が5,000万円の場合は、150万円+6万円+15.6万円=171.6万円が税込の仲介手数料の金額です。

 

この金額はあくまでも法定上限額の計算式です。

多くの不動産会社は、この金額が固定金額であるかのような説明のもと、法定上限額の仲介手数料を受領しております。

個人の方が、不動産会社と売却をするための契約(専属専任媒介契約又は専任媒介契約)を締結した場合は、国土交通大臣指定の流通機構「レインズ」へ登録を行う義務がございます。

「レインズ」は加盟している全ての不動産会社が情報を閲覧できるデータベースです。

売却の依頼を受けた不動産会社は他の不動産会社に対して正しく情報を公開し、成約するために活動をしなければなりません。

 

いずれかの不動産会社が、専属専任媒介契約又は専任媒介契約を締結して売りに出している物件は、購入を検討するお客様はご自身で自由に仲介を依頼する不動産会社を選ぶことが出来る仕組みとなっております。

 

現在の不動産市場では、同じ物件を購入する場合でも、仲介を依頼する不動産会社によって仲介手数料が異なります。

REDS【株式会社 不動産流通システム】では、弊社にて取り扱いが出来る物件につきましては、必ず仲介手数料が割引もしくは無料にてご購入いただく事が出来ます。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】では不動産のポータルサイトにも、弊社お取り扱いの物件の仲介手数料のお得な割引額を表示させていただいております。

その他の市場に出ている他の物件につきましても、お問い合わせいただければお取り扱いの可否と割引金額につきまして迅速にお答えさせていただきます。

気になる物件がございましたら、まずはREDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)までお問い合わせください。

 

不動産をお得に安心してご購入いただけるよう、お手伝いさせていただきます。

お問い合わせをお待ちしております。

 

TEL:070-1475-4208(直通電話)

E-mail:a.kaneya@red-sys.jp

 

 

カテゴリー:

公開日:2023年2月25日

不動産購入は一生に一回という言葉を聞く事が多くありますが、最近は買替えにより複数回不動産売買を経験する方も増えてきております。

 

不動産購入が初めてという方もまだまだ多くいらっしゃると思いますので、今回は、不動産購入時にかかる諸費用についてご説明させていただきます。

 

不動産の価格は、【土地(借地権の場合は権利の価格)+建物+建物消費税】で構成されております。

その中で、建物消費税については、所有者が法人の場合に課税されますが、個人の場合は非課税となります。

また。土地の価格につきましては、個人、法人ともに非課税となります。

一般的に不動産広告での価格表示は、ほとんどが、売主が法人であっても消費税税込みの価格で表記されております。

 

物件の価格についてはわかり易いのですが、車を購入する時のように不動産を購入される場合にも、物件価格以外に別途諸費用を負担しなければなりません。

 

不動産を購入される場合、主な諸費として下記の項目が必要となります。

 

1.売買契約書収入印紙代・・・売買金額によります。(売買価格1,000万円以上5,000万円未満の場合は10,000円・令和5年2月現在・軽減措置適用)

2.登記費用【所有者の名義変更・ローン借入れの伴う担保設定等】・・・不動産の評価額、購入時の借入金額等により異なります、(登録免許税+司法書士報酬費用)

3.固定資産税・都市計画税精算金清算金(マンションの場合は別途、管理費、修繕積立金等の精算金)

4,住宅ローン借入れの際の保証料又は事務手数料・・・借入金額の2.2%程度(5,000万円借入れの場合約110万円)

5.仲介手数料・・・売買価格の3%+6万円+消費税(法定上限額・物件価格5,000万円の場合、171万6千円)

 

その他、火災保険費用、引越し費用、リフォーム費用、不動産取得税(物件によります)が必要に応じて負担しなければなりません。

 

これらの費用のうち1から5は、いずれの不動産会社を利用しても負担する必要がございますが、5の仲介手数料につきましては、法定上限額は定められておりますが、受領する金額は不動産会社毎に異なっております。

 

不動産購入時の諸費用は、一般的には物件価格の約8%程度が目安と言われております。

諸費用の項目の内、大きな部分を占めるのは、4の住宅ローンの事務手数料(借入金額の約2.2%・物件価格100%を借り入れた場合)と5の仲介手数料(物件価格の3%+6万円+消費税)で、両方で諸費用全体の約8%の内、約5%強の金額となります。

 

REDSでは、一般に公開されていて、弊社にて取り扱い可能な物件であれば、購入時の諸費用の内、「仲介手数料割引」もしくは「仲介手数料」にてご購入いただけます。

 

REDSならではのシステムで、お客様のご負担を軽減し、更に安心でご満足いただけるようにご利用いただけます。

 

REDSの大変お得なシステムについてご質問がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ご連絡をお待ち申し上げております。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷 昭夫

TEL;070-1475-4208

E-mail;a.kaneya@red-sys.jp

 

 

カテゴリー: