年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

不動産 囲い込みの手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年1月25日

REDS【株式会社 不動産流通システム】の金谷(カネヤ)です。

 

年が明けてから、物件購入をご検討されているお客様の動きが増えて参りました。

 

お陰様で、REDSに仲介を依頼したいとお考えのお客様の数も大幅に増えております。

 

しかしながら、お客様の希望する条件に合った物件をご紹介が出来ない事が多くある事も実情です。

 

売主より売却の依頼を受けている仲介業者が、他の不動産会社に紹介をすることを拒み、直接お問い合わせのあったお客様のみに紹介をし、仲介手数料を売主、買主双方から受領する事を目的とする、いわゆる「両手仲介」を目的とした不動産会社の動きです。

 

 

この仕組みは、昔から変わることがありません。

 

先日、大手不動産仲介会社の物件をご案内をしようと依頼をしたところ、「買い替えのため、現在ローンの審査中で、審査が通らなければ、売主に内覧をさせてもらえない」という理由で、案内を断られた物件がありました。

同じ日に別のお客様のご案内のために確認した物件で、別の業者でしたが、全く同じ理由でご案内の依頼を断られてしまいました。

 

 

本当に売却するタイミングが早いのであれば、まだ公に売りに出す事は無い筈ですので、その担当営業マンが、他の会社には案内をさせないための断り文句として使っている理由にすぎません。

 

以前は、コロナウィルスを理由に見ることが出来ないと言い続けて、募集を継続している物件もいくつか見受けられました。

 

折角興味を持っていただいて、良い条件にてご購入いただける可能性のあるお客様がいるにもかかわらず、その事も知らされず、売りに出している売主様も非常に気の毒だと思います。

 

REDSでは、ご売却の依頼をいただいた場合は、即時に不動産会社が売却物件を登録する国土交通大臣指定の情報機関「レインズ」に販売図面作成のうえ登録を行い、囲い込み等は一切行うことは有りません。

 

ご購入のお客様につきましても、ご紹介が可能な物件につきましては、仲介手数料が必ず割引~無料となります。

 

ご購入もご売却も、お任せいただければ必ずご満足いただけると思います。

 

お問い合わせを、心よりお待ち申し上げております。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷 昭夫

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る