年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

住宅ローン利用者「変動型」が73.9%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2022年7月7日
公開日:2022年7月4日

こんにちは。

仲介手数料が必ず割引、更には無料の

REDS宅建マイスターの井原です。

 

表題の件、

 

先日、住宅金融支援機構の調査で、「住宅ローン利用者調査(2022年4月調査)」の結果が発表されました。

https://www.jhf.go.jp/files/400361299.pdf

 

内容として面白かったのはこちらです。

利用した金利タイプは「変動型」が73.9%と前回(21年10月:67.4%)よりも増加し7割を超えた。

今後1年間の住宅ローン金利の見通しについては、

「現状よりも上昇する」が39.2%(21年10月:23.1%)と4割近くまで増加。

一方、「ほとんど変わらない」は46.1%(同63.1%)で大幅に減少している。

 

つまり、「金利は上がると思っているけど、固定金利ではなく変動金利を選択している。」という結果です。

 

この結果から、「なんだかんだで金利は上がらないんでしょ(期待)」という消費者心理が見えてきます。

 

変動金利は政策金利に連動していますので、この背景には、

「この先も不況が続くので、政策金利も上げられないでしょう」という、諦めの感情もあるのだと思います。

 

世界的には金利上昇トレンドになりますので、日本がいつまで金利を維持できるか、緊張感をもって注視していきたいですね。

 

住宅ローンにも詳しい、REDS宅建マイスターへお任せください。

 

気になる物件があるお客様も、

 

これから物件を探すお客様も、

 

「トコトン安心・お得」に物件を探すなら!

 

お気軽に【REDS】井原までご相談ください!

メールはこちら

LINEはこちら

フリーコール 0800-100-6633

携帯電話 080-7564-4417

ご連絡はお気軽にどうぞ!

カテゴリー:

無料セミナー紹介 無料セミナー紹介

「『マンションは管理を買え』に学ぶ高値売却の秘訣」無料オンラインセミナー

宅建士・マンション管理士で、

マンション仲介のスペシャリストである

REDSエージェントの津司 徳義(つし のりよし)が、

物件のオーナー様が安心して売却依頼できるプロを

見抜くための秘訣をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る