年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

マンションの面積は3つある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年6月9日

 

ご購入もご売却も仲介手数料「最大無料」・「必ず割引」のREDS【宅建士】 志水です。

 

本日はマンションの面積についてお話したいと思います。

 

ご存知でしたか?

マンションの面積は3種類あります。

 

①専有面積・壁芯面積

壁の中心線の面積です。

設計図面の面積、建築確認申請、パンフレット記載などの面積となります。

広告(チラシ・インターネットなど)に表記されている面積もこちらになります。

パンフレットなどで確認できます。

 

②登記簿面積・公簿面積・内法面積

壁の内側の面積です。

土地家屋調査士が、測量を行い登記された面積です。

壁の内側の面積ですので、実質はこちらの面積が有効スペースとなります。

登記情報・登記簿謄本などで確認できます。

 

③課税床面積・現況床面積

こちらの面積は、あまり目にすることがないと思われます。

固定資産税・都市計画税・不動産取得税などに関わる面積で、共用部分(持分に対して)も含まれています。

 

評価証明書・固定資産税納税通知書などで確認できます。

 

 

 

実はこの面積に減税やローンなど色々と影響いたします。

面積ごとの詳細については、次の機会に説明したいと思います。

※すぐにお知りになりたい方は下記より志水までお問い合わせください。

 

上記面積に関わらずREDSがお取り扱いできる物件なら

仲介手数料が必ず「割引」、そして最大「無料」となります。

 不動産のご売却・ご購入はREDSの「志水 恵吾」まで

 

直接お電話OKです 070-1475-4269

メールでも ke.shimizu@red-sys.jp

LINEでも ID:reshimizu

ご連絡お待ちしております。

お客様の「味方」になってお取引のお手伝いいたします

 

 

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る