年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
志水 恵吾しみず けいご

中野区立平和の森公園のご紹介

最終更新日:2021年4月16日
公開日:2020年11月26日

ご購入もご売却も「仲介手数料無料もしくは割引」のREDS【宅建士】 志水です。

 

本日は、わたしの住まいの近くにある「中野区立平和の森公園」をご紹介いたします。

◎中野区立平和の森公園

 

住所 中野区新井3-37-6  西武新宿線「沼袋」駅徒歩約2分

 

ホームページ

https://www.heiwanomori-park.com/park/

 

平和の森公園は、平成29年より再整備工事を行い、令和2年4月1日に再オープンされました。

長期間利用ができずに、子供をはじめ、私たち近隣に住むものにとっては残念でしたが、新しく生まれ変わった平和の森公園は、待ったかいがあり、さらに良い公園になりました。

広さは約54,700平方メートルあります。

いろいろと新しくなった施設

例えば・・・

 

〇トラック競技に活用できる300mトラックが新設されました。

また約11,600平方メートルの原っぱ(一面芝生です)では、競技としてのスポーツ以外は自由に使え、幼児から、大人まで走り回ったり、寝転んだり、簡単なスポーツなどをして楽しまれています。

 

 

〇ジョギング・ウォーキングコースは420m・520m・1000mの3コースになりました。

※私は週2回ほど1000mのコースを5周から7周程度走っています。

  小学生の子供と一緒に走っている場合もあります。

 

〇バーベキューサイトも新設されました。

※まだ利用はしていませんが、来年には利用したいと思います。

 

〇犬を飼っている方にはうれしい、中野区内唯一のドッグランがあります。(犬の広場)

 

その他、ホームページの施設紹介では全12種類の施設が紹介されています。

 

・・・住宅を探す上でも、近隣に大きめの公園があることはかなりプラスポイントだと思います。・・・

 

また、平和の森公園に隣接して、中野区立総合体育館(キリンレモンスポーツセンター)も今年10月にオープンしました。(中野駅近くの総合体育館が移転してきました)

※こちらは次の機会にくわしくご紹介したいと思います。

 

中野区の不動産の売買は、中野区在住の「志水」を是非ご指名ください。

当然、中野区以外の不動産売買も「志水」までお気軽にご相談ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:

不動産売買価格の「消費税」について

最終更新日:2021年5月27日
公開日:2020年11月19日

ご購入もご売却も「仲介手数料無料もしくは割引」のREDS【宅建士】 志水です。

 

2019年10月1日より消費税が10%になってから1年以上がたちました。

不動産売買における消費税について、少しご説明したいと思います。

 

 

◎不動産の売買価格について

 

 簡単にご説明すると・・・

 

・売主が個人の場合は非課税となり消費税はかかりません。

・売主が法人の場合は建物部分にのみ消費税がかかり、土地は非課税となります。

 

※厳密には、売主が課税対象者(個人・法人にかかわらず)になるかどうか、また居住用・事業用等によって変わってきますが、一般的には上記の認識でほぼ大丈夫です。

 また、土地売買はすべて非課税となります。

 

なぜ土地売買は非課税?

「消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや社会政策的配慮から、課税しない非課税取引が定められています。つまり、土地の売買はモノやサービスの消費ではなく資本の移転だから消費税になじまない」との理由です。

 

(国税庁ページより)

 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6201.htm

 

 

◎広告等における価格表示

 

よく広告などの不動産の価格表示について「5,500万円(税込)」や「3,980万円」だけの表示などがありますが、そういった理由です。

 

・5,500万円(税込)の物件は

本体価格5,000万円と消費税10%の500万円ではなく、例えば建物2,500万円の場合+10%の消費税250万円となり合計2,750万円と土地2,750万円(非課税)で5,500万円(税込)ということになります。

※土地・建物の内訳(按分)は、売主業者等に確認が必要となります

 

・3,980万円の場合

おそらく非課税(売主個人)の可能性が高いと思われます。

※単に(税込)をつけ忘れている場合も結構あります。

 

また、以前はサービス、商品価格は消費税を含んだ総額表示が義務とされていましたが、10%の増税時に、特別措置として税抜表示も認められるようになりました。

※税込価格ではないことが分かる措置(○○円(税抜き)等)がなされていることが条件                                                                                                         

ただし不動産の場合は、不動産公正取引協議会によると、これまでと同様に総額(税込)表示とすることとされています。つまり(税抜)表示はないことになります。

 

要するに、不動産の価格については、表示価格にプラス消費税といったことは基本的にないため、消費税がかかるか、かからないかはあまり気にする必要はありません。

 

 

以上、簡単ですが、不動産売買価格の消費税についてでした。

 

 

なお、REDSでのご購入であれば・・・

 

・税込価格の物件なら  ~仲介手数料「無料」のチャンス~

・非課税価格の物件でも ~仲介手数料「割引」のチャンス~

 

となります。ちなみに仲介手数料には消費税がかかります。

 

また機会があれば、諸費用などの消費税についてもご説明したいと思います。

 

不動産のご売却・ご購入はREDSの志水までお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:

首都圏既存マンション、成約件数・価格とも前年同期比プラス

最終更新日:2021年4月16日
公開日:2020年11月12日

ご購入もご売却も「仲介手数料無料もしくは割引」のREDS【宅建士】 志水です。

 

本日は、(公財)東日本不動産流通機構(レインズ)より発表された 2020年10月の首都圏不動産流通市場動向についてお知らせいたします。

 同月の首都圏中古(既存)マンション成約件数は、19年10月の消費税率引き上げの影響もあり、3,636件(前年同月比31.2%増)と大幅増に。10月としては90年5月の機構発足以降、過去最高となった。都県別では、東京都1,897件(同33.5%増)、埼玉県398件(同17.4%増)、千葉県435件(同19.5%増)、神奈川県906件(同40.0%増)。

 1平方メートル当たりの成約単価は56万400円(同4.8%上昇)平均成約価格も3,649万円(同5.4%上昇)と、いずれも上昇。成約単価は6ヵ月連続、成約価格は5ヵ月連続の上昇。新規登録件数は1万5,106件(同11.3%減)で、14ヵ月連続で前年同月を下回り、在庫件数は3万9,829件(同16.7%減)となり、11ヵ月連続で前年同期を下回った。

 中古(既存)戸建ての成約件数も、1,316件(同41.8%増)と大幅に増加。平均成約価格は3,113万円(同1.2%減)となり、3ヵ月ぶりに減少した。

現在も世界中でコロナ禍がつづいておりますが、東京では新たに317人感染発表があり(11月11日)、日本医師会 会長も「第3波と考えてもいいのではないか」などといわれています。

残念ならがまだまだ当分このような状況が続きそうです。

 

不動産取引についてもコロナの影響がないとはいえませんが、上記のように中古マンションは10月、機構発足以降の最高の取引件数になっていました。

 

コロナ当初は、不動産相場は下がるとの声が多く、大暴落との意見もありましたが、短期的ではありますが、現在まではその予想ははずれているといえます。

 

先のことを予想するということは、不動産に限らず本当に難しいと思いますが、不動産を購入したいとお考えで行動を起こされている方が多くいることは、私たち不動産会社にとってはありがたいことです。

なお、上記にもありますが、在庫件数が減っていますので、ご売却をご検討の方はこの機会に是非ご相談されてみてはいかがでしょうか?

また、ご購入をご検討の方も、急がれる必要はございませんが、ご自身のタイミングや必要に応じ、良い物件がいつ売りに出るかは中々わかりません。ご興味のある物件があった場合は、REDSの仲介をご利用下さい。仲介手数料が最大無料もしくは必ず割引になります。

 

不動産のご売却・ご購入はREDSの志水までお問い合わせください。

ke.shimizu@red-sys.jp     070-1471-4269    

よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:

はじめまして 不動産流通システムのエージェント 志水です

最終更新日:2021年4月16日
公開日:2020年11月5日

このたび、不動産流通システム(REDS)のエージェントになりました

志水 恵吾(しみず けいご)と申します。

私は不動産業界経験25年以上になります。

その中で10年以上勤務した会社が2社あります。

一社目は当時最大手マンションデベロッパーの仲介会社で売買仲介を中心に13年半従事しました。

入社当時はいわゆるブラック企業の代名詞のような会社(今はホワイトらしいです)でしたが、不動産仲介の基礎を学び多くの契約を行うことで、営業成績でも成果を残しやりがいも感じていました。しかし、ふと我に返ると会社の内側(お客様より会社の都合が最優先)ばかりを見て仕事をしていることに疑問に感じるようになり、その考えは日に日に増していきました。(私を育ててくれた感謝の気持ちは今でもあります)

もう一社はその後お客様の立場にたった仕事をしたいと思い入社した地元密着の不動産会社(フランチャイズ加盟店)です。

賃貸仲介中心の会社だったこともあり、売買事業部の立ち上げを任され、売買仲介、買取・リノベーション再販を中心に10年半従事しました。

理想に近い営業を行うことができ、リピーターや紹介なども増えましたが、近隣に大手仲介業者の支店が次々にオープンし、競争激化や囲い込みにより、理想と利益の両立の継続が厳しく感じるようになっていました。(社員全員が一生懸命にがんばって売り上げは微増でした)

その後、個人的な事情もあり、家族の介護経験から興味があった有料老人ホームで入居者営業を行いました。老人ホームとはいえ、お住まいを提供することは、不動産に近いところもありました。また介護・医療などの奥の深い知識も必要でやりがいは感じていましたが、運営会社だったため、自社のホームしか斡旋できないことが新築マンションの営業に近いと思いました。(この経験から老人ホームのご相談も対応可能です)

やはりもう一度、自由に物件を提案することのできる不動産仲介業を行いたいと考えるようになり、個人的な事情もそのタイミングでほぼ解決したため、不動産業界にもどりました。

そこで原点にかえり、お客様のために何ができるかを考えた仕事を行うことを実現できる会社を探していました。

REDSでは、全ての取引で仲介手数料無料もしくは割引を行っておりますが、それだけではなく、全員宅建士で経験豊富な人材のみで営業することで、徹底して効率化をはかりお客様に還元している。これこそが私の理想の営業スタイルと思い入社いたしました。

今まで個人での契約件数 約550件、管理職として関わった契約件数 約1900件ありますが、これからのご契約は今まで以上(当然今までのお取引も全力でした)にお客様にご満足頂けるお取引を目指していきたいと考えています。

少し長くなりましたが、REDSの「志水」を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー: