エージェントブログAGENT BLOG

堤 延歳(宅建士・リフォームスタイリスト)

NHKドラマ正直不動産、現場監修担当の堤です。

4.9

37

このエージェントに相談する

公開日:2022年8月14日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で19年目となりました。

 

つい先日、赤坂にある収益物件の売却のお手伝いをさせていただきました。同じ不動産仲介でも居住用不動産と違い、収益物件の売却は、居住用不動産とは違う目線での販売経験が必要となってきます。その点、私自身、10年以上相続コンサルをやってきた経験もありますので、収益物件の売却や購入については比較的得意な分野と自負しております。今回の資産売却も売主様との綿密な打ち合わせを何回も重ねたうえで、半年ほど掛けて売却活動をすすめてきたわけですが、結果、当初の目標通り4部屋同時売却を無事にまとめることができました。これも売主様のご協力の賜物だと思っております。

 

ちなみに赤坂といえば、麻布・青山と合わせて3Aと呼ばれるブランド性の高い街としてよく知られております。エリア内には赤坂見附駅、赤坂駅、永田町駅などがあり、溜池山王駅、国会議事堂駅、青山一丁目駅なども徒歩圏という立地。官公庁や迎賓館なども近く、国会議事堂を間近にした立地でもあります。近隣には大使館や高級ホテル、外国人向け住宅なども多く、まさにビジネス・政治・文化の表舞台といった側面もあります。

 

赤坂エリアの特徴

・赤坂は都心のど真ん中であり、家賃や物価はかなり高め。

・余裕のある富裕層が多く住む街。

・飲食店は数えきれないほどある(駅周辺には200件以上のお店あり)。

・駅周辺はTBSをはじめとするテレビ局やオフィス・ホテル・繁華街が広がる。

・住宅エリアは少し離れたところにあるが、意外と閑静な住宅街である。

・自然も多く、公園も多い。

・駅前のスーパーは成城石井かマルエツプチがおすすめ。

・治安はとても良い。

 

 

周辺を歩くとよく分かりますが、「赤坂」という地名のとおり、坂が多いエリアです。

 

ちなみに「赤坂」の名前の由来ですが、見附から四ッ谷へのぼる坂があり、その坂上には茜草が生えた赤根山があり、その赤根山をのぼる坂だったことから「赤坂」と称するようになったとのことです。

 

あと物件の周辺環境を確認するため、色々と周りを歩いてみましたが、坂と言っても全然急な坂ではないので、ダイエットをやっている私には丁度良い感じの坂でした。

 

お引渡しは1か月後ですので、安全にお引渡しができるようしっかりフォローをさせていただきます。引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

カテゴリー: