エージェントブログAGENT BLOG

堤 延歳(宅建士・リフォームスタイリスト)

NHKドラマ正直不動産、現場監修担当の堤です。

4.9

37

このエージェントに相談する

公開日:2021年11月30日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で18年目となりました。

 

K.K様より【お客様の声】をいただきました!

テンポ良く進めていただき非常に満足。無駄な部分を削れるシステムが非常に良かった(担当 堤)

 

K.K様が購入されたマンションは、相鉄沿線では人気のある和田町のマンションです。和田町駅は横浜駅まで相鉄線利用で9分というアクセスの良さ、さらに駅前には和田町商店街があり、商店街を抜ければ16号線もあるので車移動も便利な街です。横浜国立大学の最寄り駅ということで学生さんも多く、私も利用しましたが、駅近くの定食屋さんはボリュームも多くて安くておいしいお店が多いと感じました。

 

K.K様は弊社のHPよりお問い合わせをいただき、すぐ現地をご案内させていただきました。フットワークの軽い方で、物件の良し悪しもご自身でしっかり判断できるお客様でしたので、非常にテンポの良い取引をさせていただきました。

 

今回の取引では仲介手数料も無料にて無事決済・引き渡しをさせていただくこともできました。また高評価もいただきありがとうございます。今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

 

 

カテゴリー:

公開日:2021年11月22日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で18年目となりました。

 

今回は雑談です。全く不動産の話はいたしません!

 

私が事務所で仕事をしているときに机の上に必ず置いてあるものが3つあります。ひとつは筆記用具、ひとつは物件資料、そしてもうひとつがスターバックスコーヒーです。

 

もともとコーヒーをいれるのが趣味ですのでコーヒーは1日3杯くらい飲むわけですが、さすがに事務所でサイフォンを使ってコーヒーをいれるわけにはいきませんのでどこかでコーヒーを買ってくることになります。その点、スターバックスですと営業所から徒歩2分のところにありますのでよく利用させていただいております。

 

スターバックスではドリップコーヒーを注文しますともう1杯お得に飲める【ワンモアコーヒー】というおかわりサービスがあります。もちろんそのシステムを利用するのは言うまでもないのですが、スタバの好きなところが、私みたいな週5ペースで行くような常連でも、飽きがこないように季節ごとに必ず新作を投入してくるところです。

 

例えば、さくらの季節ならさくらラテ、夏はトロピカル味のフラペチーノ、秋はパンプキン、そして冬は定番のジンジャーブレッドラテといった具合です。

 

スターバックスが新作に力を入れる狙いは既存客を飽きさせないこと、それから季節ごとに新作を出すことでプレミア感をだすことの2点だと思っております。私みたいに限定品に弱い人間はスターバックスの戦略に当然うまく乗せられてしまっているわけですが、新作を飲むと仕事が捗ります。

 

11月24日から発売予定の新作商品、トーステッドホワイトチョコレートフラペチーノは必ず初日に飲みたいと思っております。

 

 

 

カテゴリー:

公開日:2021年11月13日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で18年目となりました。

 

先日ですが、土地購入を先行し、そのあとハウスメーカーでご家族のライフスタイルに見合った建物を建てたいというお客様をご案内させていただく機会がありました。もちろん土地探しも大事ですがそれと並行してハウスメーカーもお客様ご自身で探さないといけませんので、お客様にとってもなかなか大変な作業だと思います。

通常、建売住宅であれば、完成物件をそのまま見ることができますので、お引っ越し後のライフスタイルなど具体的にイメージをすることができますが、なにも建物が建っていないまっさらな土地(更地ともいいます)を見て、ここにどのような建物が建つのか、どれくらいの規模の建物が建てられるのかを具体的にイメージができるお客様はそれほどいないと思います。

 

その点、地場の地域密着型の売主業者ではありますが、更地の状態からセミオーダー住宅を販売していた経験がございますので、土地をご案内させていただくときは私の分かる範囲内で、不動産と建築の両面よりお客様に対してご説明をさせていただいております。

 

話は変わりますが、その土地購入をご検討されているお客様より、土地購入先行時の住宅ローン控除の取り扱いについてご質問を受けたことがありましたので、今回はその点について少しまとめてみたいと思いました。

 

年内で適用期限を迎える住宅ローン控除も延長する方向で政府が調整に入っているとの報道もありましたので、来年度以降も引き続き景気浮揚対策の一環としてこの制度が延長される可能性が高いのでは?と思っております。

 

 

土地購入先行時の住宅ローン控除の取り扱いについて

基本的に、土地を購入しただけでは住宅ローン控除は受けられません。住宅ローン控除はあくまで「住宅」のための制度です。ただし、例外もあります。

 

次の要件を満たしている場合は、住宅を建築する前に土地だけを先行取得して住宅ローンの借り入れがあっても、土地と建物の両方の住宅ローンが「住宅ローン控除」の適用になります。

 

1.住宅の新築日より前の2年以内に土地を購入していて、その土地の住宅ローンに住宅を目的とする抵当権が設定されている場合

 

2.住宅の新築日より前の2年以内に土地を購入していて、一定期間内に住宅を建築することを条件にした住宅ローン借入があり、その貸付条件に従って住宅が建築されていることの確認を受けている場合

 

3.住宅の新築の日より前の3か月以内の建築条件付き」で土地を住宅ローンで買っていて、その土地の売り主が「宅地建物取引業者」の場合

 

4.住宅の新築の前の一定期間内に「建築条件付き」で土地を購入していて、その土地の売主がUR都市機構、地方公共団体、地方住宅供給公社、土地開発公社の場合

 

5.土地の購入資金は「つなぎ融資」等で借りていて、住宅の新築工事の着工日より後に住宅の建築費に「つなぎ融資」を含めた借入金を返済する住宅ローンの場合

 

色々と細かく条件が書いてありますが、簡単に言いますと期限付きではあるが住宅を建てるための土地購入であれば、土地・建物ともに住宅ローン控除の対象になるという認識で大丈夫です。

 

マイホームの資金計画において住宅ローン控除が受けられるかどうかどうかは大切なポイントですので、期限に注意して土地購入をご検討されることをおすすめいたします。

 

 

カテゴリー:

公開日:2021年11月6日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で18年目となりました。

 

つい先日ですが、新築住宅をご購入されたお客様のグリーン住宅ポイント申請手続きのお手伝いをさせていただきました。

 

グリーン住宅ポイントとは?

高い省エネ性能をもつ住宅の取得者等に対して、「新たな日常」等に対応した追加工事や商品と交換できるポイントを発行することにより、グリーン社会の実現および地域における民間主導の好循環の実現等に資する住宅投資を喚起し、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るものです。なんと事業予算は1094億円もあります!

 

ポイント対象者はポイント交換を申し込むことで色々な商品と交換することができます。ポイント発行の条件は新築住宅だけでなくリフォームや中古住宅でも対象となることがあります。

 

どんな新築住宅・リフォーム・中古住宅がポイント発行の対象なのか?

2020年12月15日から2021年10月31日までの契約案件で、一定の省エネ性能を有する住宅の新築、一定のリフォームや既存住宅の購入が対象となります。

 

住宅の新築(持ち家の場合)

  • 高い省エネ性能等を有する住宅(認定長期優良住宅・認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅、ZEH)
  • 省エネ基準に適合する住宅(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)

 

住宅の新築(賃貸住宅の場合)

  • 高い省エネ性能を有すること(賃貸住宅のトップランナー基準に適合)
  • 全ての住戸の床面積が40㎡以上の賃貸住宅

 

住宅のリフォーム(持ち家、賃貸住宅)

  • 省エネ改修(窓・ドアの断熱改修、外壁・屋根・天井又は床の断熱改修、エコ住宅設備の設置)
  • 耐震改修、バリアフリー改修等

 

と色々と条件はありますがリフォームで最大30万ポイント、新築で最大100万ポイント付与されて、冷蔵庫やエアコンなどの大型生活家電、テレビなどの音響映像機器、パソコンやスマホやタブレットなどのデジタル家電、ダイニングテーブルやソファなどの生活家具、食料品や健康器具などあらゆるジャンルの商品と交換することができます。

 

私がお手伝いさせていただいたお客様は、新築住宅をご購入されてまだ完成前ではありましたが、フラット35S設計検査に関する通知書および設計検査申請書、確認済証と書類がすべて揃っておりましたので、30万ポイントほどグリーン住宅ポイントが付与される予定となりました。1ポイント=1円換算ですので、30万円分の商品と交換することができます。

 

1094億円の予算に対するポイント申請割合が今日現在で72%に達しておりますので残りは28%となります。100%に到達しますと12月15日を待たずして手続きができなくなりますので、条件が揃っている場合は早めの申請手続きをおすすめいたします。

 

なお、新築住宅については、申請に必要な証明書の発行受付を終了している登録住宅性能評価機関等もありますのでご注意ください。

 

 

 

 

カテゴリー: