エージェントブログAGENT BLOG

堤 延歳(宅建士・リフォームスタイリスト)

NHKドラマ正直不動産、現場監修担当の堤です。

4.9

35

このエージェントに相談する

最終更新日:2022年6月4日
公開日:2022年5月16日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で19年目となりました。

 

NHKドラマ「正直不動産」が毎週火曜日22時より絶賛放送中です!

 

220万部以上販売されている人気漫画「正直不動産」。その人気漫画を題材にしたドラマが、4月5日午後10時よりNHKで放映(全10話)されております。このドラマ制作には弊社REDSが全面協力させていただきました。弊社代表深谷が不動産考証として、そして私が現場監修担当として取材協力をさせていただいております。

 

放送開始から1か月、問い合わせの数は2000件を超え、総合視聴率(リアルタイム&録画)は10%以上を記録。NHKプラスも、第1話が新記録(朝ドラ・大河ドラマをのぞくドラマの歴代最高値)を叩きだして以来、その数値を毎週維持し続けているそうです。

 

今回も引き続き、現場監修担当としてのドラマの撮影現場の裏側を少しお話したいと思います。

 

正直不動産というドラマは、長年実務に携わっている私から見てもかなり幅広いテーマを扱うドラマだと思います。普段あまり聞く機会のない不動産の専門用語や業界用語もたくさん出てくるわけですが、誰が見ても楽しみながら自然と不動産知識が身に付く内容となるように心掛けて、現場監修の方をさせていただきました。

 

特にドラマ制作にあたっては、プロデューサーや演出(監督・監督補・助監督の皆様)の方とは、かなりの回数、打ち合わせをしております。数えてはおりませんが、細かい打ち合わせなどを含めれば、おそらく100回くらいあったはず・・・。すごい回数です。

 

扱うテーマが多岐に渡り、1つ1つの内容が濃い作品ですので、あれだけの回数の打ち合わせをこなさなければ、今回のドラマ自体、作れなかったと思っております。私も引き受けた仕事については妥協は一切しないタイプですので、最後まで私のやり方で監修を受け入れていただいた制作スタッフの皆さんには大変感謝しております。

 

このような感じで制作されたドラマ「正直不動産」には色々な不動産知識が随所に織り交ぜられており、幅広いテーマを扱うドラマとなっております。全10話を最後までご覧になっていただければ相当の不動産知識が付くものと思います。

 

第1話は、サブリース契約や退去時の原状回復について

第2話は、預り金返却をめぐるトラブルや3種類の媒介契約について

第3話は、ペアローンや賃店舗の値下げ交渉について

第4話は、事故物件や高齢者の入居拒否問題について

第5話は、欠陥住宅やインスペクション(住宅診断)について

第6話は、建築条件付き土地や建設業違反について

 

これだけでも中々のボリュームですが、まだまだ面白いテーマが続きます!

 

宅建資格を勉強中の方で、不動産業界のことや仕事の流れなど具体的に知ることが出来てタメになったとのお声などもいただいております。

 

第6話では、永瀬が「俺達とお客との本当の関係は契約書にサインしてから始まる。生活の拠点を仲介するって事は、その人の人生を背負うことだ」と言っておりました。ウソがつけなくなった永瀬が正直営業で奮闘しながらも、新人営業の月下とともに、人として成長していっている姿がよく分かります。

 

次回、第7話 【過去の自分と今の自分】 の放送は5月17日(火)の22時からです。

第7話もウソがつけない営業マン永瀬財地(山下智久さん)の奮闘ぶり、成長ぶりが楽しみです。

 

 

カテゴリー:

最終更新日:2022年6月1日
公開日:2022年5月7日

仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS宅建士/CFP/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスターの堤 延歳(つつみ のぶとし)です。社会人スタートは教育業界で約10年。その後、不動産業界での門を叩いてからは今年で19年目となりました。

 

NHKドラマ「正直不動産」が毎週火曜日22時より絶賛放送中です!

 

220万部以上販売されている人気漫画「正直不動産」。その人気漫画を題材にしたドラマが、4月5日午後10時よりNHKで放映(全10話)されております。このドラマ制作には弊社REDSが全面協力させていただきました。弊社代表深谷が不動産考証として、そして私が現場監修担当として取材協力をさせていただいております。

 

「正直不動産」というドラマは全然固い内容ではなくコメディドラマですので、楽しみながら不動産のことを勉強できる内容となっております。

 

原作では中堅不動産仲介会社である登坂不動産を舞台として、不動産業界の問題点、トラブル、実態などを掘り下げて不動産事業者のモラルを問う内容となっております。その中身も原作者である夏原先生の綿密な取材にもとづいて作成されているため、極めてクオリティの高い内容です。

 

今回も現場監修担当の視点でドラマ撮影現場の裏側を少しお話ししたいと思います。実は私も山下智久さんが演じる永瀬財地と同様、現役の不動産営業であり、物件のご案内や契約・決済などをこなしつつ、約4か月間、現場目線で監修をさせていただきました。

 

まずドラマ撮影ですが、朝は非常に早く、主演の山下智久さんをはじめメインキャストの福原遥さん・市原隼人さんは大体朝7時にはスタジオ入り、夜も22時くらいまで撮影をしている感じです。あと制作スタッフの皆さんも、分刻みでスタジオ内を忙しく動き回っております。同じスタジオにいても私の場合はプロデューサーや演出の方と打ち合わせをすることが多かったのですが、すぐ上の階で撮影をしておりますので、呼ばれればすぐに駆け付けるといった感じの動き方をしておりました。

 

ドラマで使用する小道具なども非常にクオリティが高く、装飾や美術担当の方の本気度がすごいです。映像ではあまり映る部分ではないので気づかないかもしれませんが、営業ブースにあるホワイトボードの行動予定表や机に置いてある資料や棚に置いてあるファイル、社員の名刺、販売図面、チラシ、立て看板、成績表のグラフ、カレンダー、路線図、ポケットティッシュ、飾ってある賞状やトロフィー、神棚までもしっかり作り込んであります。

 

あと、ドラマ撮影を間近で見ていて私が常々感じていたことですが、このドラマに携わるスタッフ1人1人がプロ意識が高い職人のような存在であり、そのプロ集団が撮影現場を動かして作品を作っているという点です。ドラマ撮影というものは限られたスケジュールの中ですべての作業をこなしていくわけで、現場におりますとキャストの皆さんはもちろんのこと、制作スタッフの皆さん1人1人が相当の熱量をもってこの仕事に携わっていることがよく分かります。

 

制作スタッフの皆さんにもいろいろな役割があります。プロデューサーや監督をはじめ、演出・撮影・照明・録音・美術・装飾・小道具・衣装・メイク・スタイリスト・監修・編集・フード担当といった方々がいらっしゃいます。長丁場のドラマ撮影においてはどれひとつ欠けてもダメなわけで、撮影終盤に差し掛かってくると、あとは体力気力勝負といった表現が一番似合う職場であることは間違いないと思います。

 

山下智久さんのツイッターでも「週末まで頑張ろう!そんな風に思ってもらえるドラマになるよう、スタッフ、キャスト寝ずに頑張りました。」と書いてありましたが、まさにその通りです!私も不動産業界に入ってからダントツで一番仕事をした4か月間となりました。ほぼ毎日終電で帰り、終電に乗り遅れて朝5時まで小道具や台本チェックしていたことも何回かあったような・・・。

 

それと演出の方から教わったことですが、ドラマを成り立たせる重要な要素としては、「脚本」「俳優」「演出」の3つがあり、すべての要素が上手く噛み合わないと良い作品にならないと現場でお聞きしました。ネタバレになるので詳細は控えますが、演出の考え方やテクニック、ちょっとした裏話など聞いている時間がすごく楽しかったです。

 

このようにドラマ制作というものは、原作者・脚本家・キャスト・制作スタッフなど大人数で仕事を進めていくわけですが、全員が良い作品に仕上げるという1つの目標に向かって迷うことなく一途に突き進んでおり、それこそが最大のやりがいでもあるんだなと率直に感じました。

 

話は変わりますが、この写真!山下智久さんから頂いたフリースです!今は私の所属する横浜営業所の接客ブースに記念として飾ってあります!現場でも制作スタッフの皆さんがこのフリースを着て仕事をしておりました。まさに「チーム正不動産」です!

 

このようにして制作されたドラマ「正直不動産」には色々な不動産知識が随所に織り交ぜられており、幅広いテーマを扱うドラマとなっております。全10話を最後までご覧になっていただければ相当の不動産知識が付くものと思います。

 

第1話は、サブリース契約や退去時の原状回復について

第2話は、預り金返却をめぐるトラブルや3種類の媒介契約について

第3話は、ペアローンや賃店舗の値下げ交渉について

第4話は、事故物件や高齢者の入居拒否問題について

第5話は、欠陥住宅やインスペクション(住宅診断)について

 

これだけでも中々のボリュームですが、まだまだ面白いテーマが続きます!

 

次回、第6話の放送は5月10日(火)の22時です。次回もウソがつけない営業マン永瀬財地(山下智久さん)の奮闘ぶりを楽しみにしております。

 

 

カテゴリー: