年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
有馬 春志ありま はるし

ウッドデッキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年8月30日

「不動産流通システム」有馬でございます。

 

庭の一部に設けられた木製の床で、リビング等と連続した造りになっているものを「ウッドデッキ」といいます。

家族や友人たちとの団らんを楽しむためや、子供・ペットの遊び場としてウッドデッキを設置している人は多いでしょう。

ウッドデッキを設置するにあたり、覚えておきたいのがその寿命やメンテナンス方法です。

一般的なウッドデッキの耐用年数は、素材にもよりますが10年から15年くらいだといわれています。

屋外で使用することが多いウッドデッキは雨風や紫外線、湿度などによる影響を受けやすく、徐々に経年劣化が進んでしまいます。経年劣化により床が抜けたりシロアリが繁殖したりすることもあります。

 

ウッドデッキの素材は、大きく分けて天然の木材と人工的に造られた樹脂木があります。
素材によって見た目が異なるのはもちろん、寿命や耐久性、経年劣化のスピードなどにおいても違いがあります。

天然木は木の持つ温かみや風合いが感じられ、経年とともに色味が変化するのを楽しめるという魅力があります。

弱点は湿気や雨による腐食が起こることです。

天然の木材で施工する場合は、水に強い木材を選びましょう。

この素材のウッドデッキを長持ちさせるには、日当たりの良い場所に設置し、防水処理のメンテナンスを定期的に行うことが大切です。また、虫食いができることもありますので防虫処理を施すことをおすすめします。

 

樹脂木は樹脂と木粉、プラスチックなどを混ぜ合わせたものを接着剤で固めて作られているため、湿気や雨による影響をほとんど受けません。樹脂のウッドデッキは劣化に強いとも言われていますが、紫外線によるダメージは避けられません。紫外線

ダメージを浴びると徐々にプラスチックが劣化して、ひび割れや曲がり。反り返りなどが起こりやすくなってしまいます。

樹脂ウッドデッキは基本的に定期的なメンテナンスが不要です。しかし、汚れが定着すると劣化を進めることにつながるため、小まめに水拭きをしておきましょう。
水拭きでは落ちないひどい汚れは、デッキブラシやたわしでこすって落としましょう。頑固な汚れには、高圧洗浄機を使うのも一つの手です。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る