年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菊池 弘之きくち ひろゆき

築年数によるマンションの断熱性の違いを実感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月22日

仲介手数料最大無料・最低でも割引】不動産流通システムREDS

「リアル正直不動産」を目指している宅建士の菊池弘之です。

【正直不動産9巻で弊社REDSが紹介されています】

 

こんにちは。今年ももう年の瀬ですね。

12月上旬くらいから冷たい風になり、ぐっと寒くなったのを実感します。

 

今回は家の断熱性能の話です。

私の自宅が築50年の中古マンションなのですが、とても寒いです。

その原因はズバリ「窓のサッシが古いから」です。新築分譲時のサッシをそのまま使っており、隙間が多いのです。

 

冬は家の暖房の約6割が窓から逃げていくそうで、これほど窓が断熱性に関して重要にもかかわらず、あまり気にしている人はいないと思います。そして、私もその気にしない一人でした。

 

いざ購入して住み始めてみると、

・東向きということもあり、朝に温度が上がりすぎて暑い。

・冬は暖房で温めてもすぐ冷えてしまい、部屋が温まらず足元が寒い。

ということを実感しました。

 

ところが以前友人の築年数が新しいマンション(約5年前くらい)に訪問していただいたときは、

冬にもかかわらずとても暖かく、その暖かさに驚いたことを覚えています。近年のマンションは冬は床暖房だけでエアコンを使わないでも過ごせるということもよく聞きます。

 

私のマンションは今年窓サッシの全交換を行おうとしましたが、修繕積立金不足により来年に持ち越しになってしまいました。

断熱性の低さを改善するためには、内側に2重窓を設置するという方法もありますが、あと数年は待ってみようと思います。

 

毎日暮らす住宅において、断熱性は重要さを実感した事例をお話ししました。

内見に行った際に設備や空間の豪華さよりも、「窓サッシ」を見ることをお勧めいたします。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る