菅野です。

昨日、私は全日東京会館(全日本不動産協会 東京本部)で「法定研修」を受けて来ました。

この法定研修というのは、「宅建業法64条の6」に基づく宅地建物取引に係る専門的知識の習得育成を目的とする研修でして、保証協会に加盟している宅建業者には受講が義務となっています。

(宅地建物取引業に関する研修)
第六四条の六 宅地建物取引業保証協会は、一定の課程を定め、宅地建物取引士の職務に関し必要な知識及び能力についての研修その他宅地建物取引業の業務に従事し、
又は従事しようとする者に対する宅地建物取引業に関する研修を実施しなければならない。

 

今回の研修ですが、第一部は第一生命経済研究所の永濱利廣さんの公演で、市況の分析と今後の予測についてのお話でした。

永濱さんによりますと、株価は来年春にも下がり目の傾向になり、景気については来年の夏ごろがピークでその後落ちていくという予想だそうです。

おそらく来年の不動産市況は悪化していくものと思われます。

今、高く売り出している物件も、来年は皆売れなくなると思いますので、不動産を売りたい方は景気が堅調なうちになるべく早く売ってしまうことをおすすめします。

永濱さんがおっしゃるには、消費税増税前の駆け込みも直前で勢いがなくなり、景気はそのまま下降していくだろうということです。

おそらく、不動産の売却は来年夏までになんとかしたほうが良いだろうと思われます。

 

第二部は上野雄一税理士による平成30年度の税制改正についての解説でした。

改めて教えてもらうと、本当に増税が進んでいる印象です。

特に相続税についての解説を入念に行っていただきましたが、まず、大きな財産をお持ちの方々はとにかく相続税対策をしっかりとやっていらっしゃるようです。

しかし、上野先生いわく、本当に大変なのは普通のご家族で、特に都内に一戸建てをお持ちの方だとほぼ皆さんが相続税の支払いで大変な思いをするそうです。

これは、相続税の基礎控除額が平成27年に大幅に引き下げられた影響で、今までなら家一軒程度なら基礎控除額に収まっていたものが、収まらなくなってしまったためです。

また基礎控除額は相続人の人数によって増減するため、少子化の現在では相続人数も減り、更に基礎控除額が下がるという状況になっています。

昔は「うちには財産なんてこのボロ家しかないから相続税なんて関係ないな」とたかを括っていられたのですが、現在ではそうも行かなくなっているのです。

これからは、不動産を一つでもお持ちであれば、亡くなる前にちゃんと準備をしていくという心構えが必要かと存じます。

相続の争いは、せっかく財産を残していってあげたにもかかわらず、その残した方への弔いや尊敬の念を薄れさせます。

財産を残して行くのであれば、その相手にちゃんとした形で残せるほうがより良いですよね。

 

義務で行った法定講習ですが、大変参考になり、有意義な時間でした。

宅建業者の皆さん、時間が無駄とか言わずに法定研修を受けてくださいね。

本当に勉強になりますよ!

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る