年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

マンションにおいての修繕積立金の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年5月26日

仲介手数料最大無料・最低でも割引】不動産流通システムREDS

「リアル正直不動産」を目指している宅建士の菊池弘之です。

【正直不動産9巻で弊社REDSが紹介されています】

 

マンションの資産価値を左右しているといっても過言ではないのが、「修繕積立金」です。

マンションの購入を検討される際は、ぜひしっかりと確認していただきたい箇所になります。

 

極端に少ない金額しか積立が無いと、実施したい修繕ができず、お金が貯まるのを待つか、銀行などから借り入れする必要が出てきます。

 

事例①:窓サッシ全体の交換を実施したいが、積立金が足りず、総会での承認から5年が経過している事例。

事例②:分譲時から使用しているエレベーターが使用から約50年経過しているため交換したいが、足りないため交換時期は未定になっている事例。

事例③:バルコニーの手すりが剥げて錆びている状態になっているが、積立金が不足していおり塗装の塗りなおしが後回しになっている事例

 

管理会社が入っているマンションであれば、管理会社が発行している「管理に係る重要事項調査報告書」という書類がありますので、

その中に現在の修繕積立金額が記載されております。

 

マンションをご内見希望の際には、私の方でこちらの書類を取得いたしますので、ぜひ一緒に確認していただければと思います。

 

 

参考資料として、国土交通省発行の以下の資料がありますので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。

「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」(この文言で検索すると出てきます)

平成23年4月発行で、令和3年9月改定されております。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る