年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

伊橋 秀鎭いはし ひでやす

4.810件

ひとりごと

公開日:2022年6月24日

こんにちは!

 

【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)です。

 

だんだん暑くなってきましたね。

蒸し暑くて毎日たいへんです。

 

時々思うことがあるのですが、

我々不動産の仲介業者は、売買契約締結の際に

あらかじめ対象物件の重要事項説明という作業がありまして、

物件調査のために様々な機関へ出向き、時間と手間をかけ、

調査することとなります。

 

その調査した状況を重要事項説明書という書類にまとめ、

お客様に説明することになるのですが、

内容の終盤には容認事項というものがあり、

様々な留意事項、注意事項について文章で

記述させていただいております。

 

物件にもよるのですが、時代が経過するにつれ、

様々なケース、事例を業界で共有し、

その情報をもとにたくさんの内容が

追加されていくこととなっております。

このままいくと、末尾の備考欄や容認事項だけで、

かなりのページ数になってしまうのではないかと思います。

 

また、取引の際に気づかされることも多く、

次回以降、個人的に記述内容に加えていくこともあります。

 

この流れは、不動産売買という性質上今後も続くのだとは思います。

何年やっても、学ぶことがあり、経験値となるのは、

とても頼もしいことだとは思っています。

 

先日も新たに気づいたことがあり、取引の安心安全のため、

今後に活かしていきたいと心に強く思った次第でございます。

 

まもなく、梅雨が終わり、本格的な暑さが到来いたします。

どうかくれぐれもご自愛くださいませ。

 

今後とも【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)を

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

直通携帯 080-7564-4410

 

 

カテゴリー:

梅雨と満員電車

公開日:2022年6月17日

こんにちは!

 

【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)です。

 

また、梅雨の時期がやってきました。

この時期は、蒸し暑く感じることが多い時期ですね。

 

悪天候の日も多く、クリーニングから帰ってきたばかりの

スーツが、すぐにクリーニングに戻ることもよくあります。

 

先日は業務の関係で、朝早く電車に乗ることとなりました。

あいにくの雨で、空調の効きも体感できず、

満員の車内は涼しめのサウナといった状態で、

とても蒸し暑く、朝から多量の汗をかくこととなりました。

 

離れた車内では、トラブルの声も聞こえ、

大変な時間を過ごすこととなりました。

 

気分を悪くして、しゃがみこむ方もいる状況で

なぜこんなにエアコンの効きが弱いのか

皆が不思議に思っていたのではないかと思います。

 

降りる一駅手前で、エアコンから強い冷風が吹き始め、

どんどん涼しくなりました。

 

今の時期は、とても蒸し暑く、大変ですね。

今年の夏は猛暑になるような報道もされており、

覚悟している状況です。

 

こんなときこそ、体調を崩さぬよう、

栄養をとり、体力をつけていきたいですね。

 

今後とも【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)を

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

直通携帯 080-7564-4410

 

 

カテゴリー:

はじめての名刺整理

公開日:2022年6月10日

こんにちは!

 

【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)です。

 

コロナも大分おさまってきていますね。

梅雨も始まり、今年は暑い夏になりそうです。

 

ということで、暑い夏がくる前に書類の整理をすることになりました。

整理を始めると、不要書類が判明し、あっという間に

書類の山となりますね。

 

一台のシュレッダーでは、なかなか処理が進まず、

一部は、メモ用紙にしたりして作業をすすめていくと、

そのうち、名刺がたまっていることに気づき、

思い切って整理してみることになりました。

社会人になって約32年間、一度も名刺を整理したことがなく、

実際には、連絡をとっていない名刺であふれています。

 

なかには思い出深い名刺も多く、とても懐かしくて、

思わず手が止まり、長い時間を要すこととなりました。

 

新卒の頃の名刺のなかには、

既に存在しない企業がたくさんあったり、

今は有名企業の上層部にいる方の入社間もないころの、

名刺がいくつかでてきたりして、

「会っていたんだ」

と妙に感慨深げに見つめてしまいました。

 

とてもめずらしいものを発見したかのような感覚です。

 

これだけ名刺が存在しても、実際に今も連絡をとっていたり、

つながっているのは、ほんの一握りの方ですね。

今も助けてくれている方の名刺には、頭が下がる思いです。

 

とても懐かしい思いのなか、整理は進みましたが、

いろいろな思いから、処分できない名刺も

残ることとなりました。

 

自分の経験や歴史を今一度、思い出として振り返ることが

できた出来事となりました。

 

今後とも【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)を

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

直通携帯 080-7564-4410

 

 

カテゴリー:

住宅ローンと金融機関

公開日:2022年6月3日

こんにちは!

 

【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)です。

 

コロナもおさまってきており、以前の日常が戻りつつありますね。

海外では、利上げのペースが早まっており、経済とのバランスが

気にされていたりしています。

 

不動産購入については、全額自己資金のお客様はいるものの、

やはり金融機関から、購入資金を借入されるお客様が圧倒的に多いです。

 

ローンをご利用になる場合には、事前審査を金融機関に申し込み、

その回答が承認となった後、売買契約を締結させていただくことが

ほとんどです。

 

時々思うことがあるのですが、ローンを利用する際、

相談する金融機関が以前と比べると、とても少なくなりました。

金融機関の統廃合、ネット銀行の登場などですね。

 

また、以前は固定金利といえば住宅金融公庫の時代で、

住宅ローンの場合には、

・住宅金融公庫

・年金

・財形

・銀行

の順番で、検討されるお客様がほとんどでした。

これだけあると、資金計画のご提案も間違いがないよう

何度も確認していたことや、残代金決済時の繰上返済手続きの準備など、

慣れるまで一生懸命だったことを思い出します。

 

住宅金融公庫は、今の住宅金融支援機構に業務が引き継がれ、

フラット35の誕生以降、低金利で固定金利のご利用が、

誰でも利用できるチャンスがある時代になりました。

また、民間の金融機関で全期間固定金利商品があったり、

変動金利と組み合わせたミックス型商品などもありますね。

 

すっかり低金利に慣れてしまっている感じもありますが、

以前は、大企業にお勤めの方は、社内融資などがあったり、

一定の金利以上の負担分を会社が負担したりなどで、

金利負担を軽減されているお客様もおりました。

 

銀行の通期優遇金利の制度がでてきてからは、

どんどん低金利の時代となり、年金、財形、社内融資、都融資などは、

聞かなくなりました。

 

バブル経済終了後、住宅ローンについては、

低金利の住宅ローンが利用しやすくなり、

住宅ローンを利用される購入者にとっては、

本当に低金利でよい時代が続いています。

 

日本はまだまだ低金利ですし、

さらに不動産の流通が活発になることを心から願うばかりです。

 

今後とも【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)を

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

直通携帯 080-7564-4410

 

 

 

カテゴリー: