年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
島崎 正輝しまざき まさき

2022年以降の住宅ローン控除減税について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月13日

ありがとうございます。REDSの不動産エージェント島崎 正輝(しまざきまさき)です。

業界内の関心事である「2022年以降の住宅ローン控除減税」ですが少し変わりそうです。

今年年末に期限が到来する「住宅ローン減税」は、令和7年の入居まで4年間延長したうえで、

年末時点の住宅ローン残高の控除率を引き下げる見込みだそうです。

これまで住宅ローンの金利は変動金利の場合等は1%を下回るケースが多く、

減税の額がローン金利額を上回り、税金還付によって利益を得るという指摘が出ておりました。

これが来年度の税制改正ではローン残高の1%としてきた控除率が0.7%に下がりそうです。

控除対象の借入限度額についてですが、令和5年の入居分までは省エネやバリアフリーなどに配慮した

「認定住宅」の場合5000万円となるそうです。

他一定程度、省エネに配慮している場合は性能に応じて4500万円か4000万円で、それ以外の住宅は3000万円となるそうです。

毎年この時期に言われてきた、還付方法は変わるが内容はほぼ同条件で延長されると言われてきた還付額ですが

今回は少し状況が変わりそうですね。

 

REDSの魅力は

■仲介手数料が最大無料!余計な諸費用もなし

■REDSはすべての仲介物件をご紹介できます。

■REDSのスタッフは100%宅建士のベテラン揃い

■購入に合わせてリフォームもワンストップで対応

■上場企業グループ会社だから安心サポート!

ぜひ今後ともご利用いただければと思います。

宜しくお願い致します。

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る