エージェントブログAGENT BLOG

公開日:2024年6月10日

不動産登記(所有権保存登記・所有権移転登記・抵当権設定登記)の内容や費用、手続きを解説

こんにちは! 【仲介手数料が最大無料】のREDSエージェント、宅建士の伊橋秀鎭(いはし ひでやす)です。気がつくと、もう6月、梅雨の時期になりますね。この時期は蒸し暑く、梅雨が終わると一気に夏の暑さがやってきます。

今回は、業務で関係する不動産登記について、お話しします。

登記

不動産登記とは

不動産登記とは、土地や建物などの不動産が誰のものなのか、権利関係を明確にするために法務局で公に記録して管理する制度です。登記内容は一般に公開されており、誰でも閲覧や登記事項証明書の交付を受けることが可能です。

以下の3つが、私たちの業務と関係することが多い登記となっています。

  • 所有権保存登記
  • 所有権移転登記
  • 抵当権設定登記

所有権保存登記

所有権保存登記とは、新築住宅やまだ所有権の登記がされていない不動産において、誰の所有であるかを公にするために最初に行う登記のことです。この登記は、不動産の所有者の権利を保護し、将来的な紛争を防ぐために重要です。

所有権保存登記のメリット

所有権保存登記をすることのメリットは主に以下の3つです。

  1. 法的な所有権の主張:登記を行うことで、第三者に対して所有権を法的に主張することができます。
  2. 融資の受けやすさ:登記された不動産は、銀行からの融資を受けやすくなります。抵当権設定登記が可能になるため、住宅ローンが利用しやすくなります。
  3. 相続時のトラブル防止:所有権保存登記を行っていると、相続時の権利関係が明確になり、トラブルが起こりにくくなります。

所有権保存登記にかかる費用

登録免許税:不動産の価値に応じた税金がかかります。
司法書士費用:登記を専門家に依頼する場合、その手数料が必要です。

所有権保存登記の手続き

所有権保存登記の手続きは、法務局で行います。必要な書類を準備し、申請書を提出することで登記が行われます。手続きは個人でも可能ですが、専門的な知識が必要なため、多くの場合は司法書士に依頼します。

以上が所有権保存登記についての概要です。不動産を取得した際には、適切な登記を行うことで、将来的なリスクを避け、所有権をしっかりと保護することができます。ご自身の不動産に関しては、専門家に相談しながら、適切な手続きを進めることをお勧めします。不動産の登記に関するさらに詳しい情報や、具体的な手続きの流れについては、法務局や信頼できる司法書士にご相談ください。

所有権移転登記

不動産の所有権移転登記は、不動産の所有者が変更された際に、その変更を法的に公式にするために行われる手続きです。この登記は、不動産の売買、贈与、相続などの際に必要となり、所有権の変更を登記簿に記録し、公的な証明を提供します。これにより、不動産の所有権が誰にあるのかが明確になり、第三者に対してその権利を主張することができます。

以下、所有権移転登記について説明します。

所有権移転登記が必要なタイミング

所有権移転登記が必要になるのは、不動産の売買、贈与、相続などが行われた際です。特に、2024年4月1日からは、相続による所有権移転登記が義務化されており、相続が発生した場合、一定の期間内に登記を行う必要があります。

所有権移転登記にかかる費用

所有権移転登記には、登記にかかる費用が発生します。これには、登記手数料、司法書士への報酬、印紙税などが含まれます。費用は、不動産の価値や登記の内容によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円程度が目安となります。

所有権移転登記に必要な書類

所有権移転登記を行うためには、いくつかの書類が必要です。これには、登記申請書、権利証、印鑑証明書、身分証明書などが含まれます。また、売買や贈与の場合は、契約書や贈与証明書などが必要になります。

【手続きの流れ】

所有権移転登記の手続きは、以下のステップで行われます。

  1. 必要書類の準備
  2. 司法書士への依頼
  3. 法務局での登記申請
  4. 登記完了の確認

所有権移転登記は、専門的な知識が必要なため、多くの場合、司法書士に依頼して行われます。司法書士は、登記に必要な書類の準備から法務局での申請までを代行し、スムーズな登記手続きを支援します。

所有権移転登記をしないとどうなる?

所有権移転登記を行わないと、不動産の所有権を巡るトラブルが発生する可能性があります。例えば、売買の場合、代金を支払ったにもかかわらず、所有権が移転されないと、第三者に対して所有権を主張することができません。また、相続の場合、登記を行わないと、相続人間での権利関係が複雑になることがあります。

抵当権設定登記

抵当権の設定登記は、不動産を担保として金融機関に融資を受ける際に行われる重要な手続きです。この登記により、借入金の返済が滞った場合に金融機関が不動産を売却して債権を回収する権利が確保されます。以下、抵当権設定登記について説明します。

抵当権設定登記が必要なケース

抵当権設定登記は、主に以下のような場合に必要となります。

  • 住宅ローンを組む際
  • 不動産投資を行う際
  • 事業資金を借り入れる際

抵当権設定登記の手続きの流れ

抵当権設定登記の手続きは以下のステップで行われます。

  1. 金銭消費貸借契約と抵当権設定契約を締結
  2. 必要書類を準備
  3. 登記申請を行う
  4. 登記事項証明書を取得して金融機関に提出

抵当権設定登記に必要な書類

抵当権設定登記には、以下の書類が必要です。

  • 抵当権設定契約書
  • 不動産の権利証
  • 所有者の印鑑証明
  • 実印
  • その他の必要書類

抵当権設定登記にかかる費用

抵当権設定登記には、登録免許税と司法書士費用がかかります。登録免許税は、抵当権の設定額に応じた税率で計算され、司法書士費用は、業務の内容や地域によって異なりますが、一般的には数万円程度です。

抵当権設定登記を行わないとどうなる?

抵当権設定登記を行わないと、金融機関は担保としての不動産を売却して債権を回収する権利を失う可能性があります。また、抵当権が設定されていることを知らずに不動産を購入した第三者に対しても、抵当権を実行することができなくなります。

抵当権設定登記は、融資を受ける際の重要な手続きであり、金融機関と借入人双方の権利を保護するために不可欠です。不動産を担保に融資を受ける場合は、適切な手続きを行い、必要な書類を準備することが大切です。詳細な手続きや費用については、司法書士や法務局に相談することをお勧めします。抵当権設定登記に関するさらに詳しい情報は、専門家に相談するか、法務局のウェブサイトで確認することができます。

正確な情報と適切な手続きにより、安心して不動産取引を行いましょう。

 

今後とも【仲介手数料が最大無料】のREDSの伊橋(いはし)を
何卒よろしくお願い申し上げます。
伊橋の直通携帯 080-7564-4410

 

この記事を執筆した
エージェントプロフィール

4.8

26

伊橋 秀鎭
(宅建士・リフォームスタイリスト)

スキルと経験をフル活用してサポートさせていただきます。

4.8

26

このエージェントに相談する
カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

嬉しい口コミも
多数いただいております

  • 40代男性(マンション売却)
    こちらでマンションの売却をいたしました。
    比較した大手の不動産屋よりも専門知識が豊富に感じ、なおかつ仲介手数料も安かったのでこちらにお願いしました。
    結果、売り出し価格で1回の内覧で決まり、満足しています。
    無駄な勧誘が一切なかったのもおすすめできます。
  • 50代女性(マンション購入)
    マンション購入にてお世話になりました。
    担当の鈴木朋子さんには、本当に親切にしていただき感謝しかないです。 いつも私たちの目線になり、分かりやすいアドバイスをしてくださりました!子供への気遣いも嬉しかったです。 何より、鈴木さんの表裏のない感じが私も夫も大好きです。(笑)
    不動産購入で後悔したくない方、安心して物件探しや手続きを進めたい方にはぜひお勧めしたいです! お世話になり、本当にありがとうございました。
  • 40代男性(中古マンション購入)
    中古マンション購入にあたり、いくつかの不動産仲介会社にあたってたところ不動産流通システムさんに辿り着きました。他の仲介会社さんは営業の電話が激しく、仕事の障害になる程でうんざりしておりましたが、不動産流通システムにて担当頂いた成田さんは、押し売りする様なことは一切無く安心して物件を探せました。

    女性ならではの細かい気配りと単刀直入に物件の懸念点をプロの目からアドバイス頂き、納得のいく物件選びができました。会社名が大手の不動産仲介会社ほど知れ渡ってはおりませんが、ネットでの口コミで良いサービスが良いものとして伝わり、より多くの消費者が良いサービスが受けれる様になればと思い書き込ませて頂きました。
    大手の名前だけに騙されて無駄な手数料払うのは、勿体ないですよ。
    不動産流通システムさんで物件を売り買いするのに、大手に引けを取らないサービスをより安価に受けれますので
  • 40代女性(住み替え:購入・売却)
    不動産の売却・購入の両方お世話になりました。
    以前中古マンションを購入する際は、不動産ポータルサイトに掲載している不動産会社に問い合わせをしないと内覧ができなかったことが何度かあり、大手不動産会社に任せると、売却の際幅広く宣伝活動がされないのではないかという不安がありました。
    そこで、「囲い込みはせず、他社にドンドン広告掲載してもらい幅広い媒体で宣伝してもらう」「LINEからの問い合わせも可能」「仲介手数料が安い」の3点に惹かれ、お任せしました。
    担当の鈴木さんの明るく、お茶目な人柄も好きだったので、購入売却にかかる庶務も憂うつにならずに対応できました。 いつも家族のことや、部屋についてもポジティブなことを言ってくれるので安心してお任せしました。
    最寄駅にはないので、いつでも会って相談するというのむずかしいかもしれませんが、心配なことはメールや電話ですぐに対応してくれるので、私達には十分満足できました。
    結果としては売却も1ヶ月で売出価格で決まり、購入時のローンも紹介していただき、購入・住み替えもスムーズに決まりました。また住み替えの際にはぜひお願いしたいです。
  • 50代男性(マンション売却)
    マンション売却で、担当していただいた津司さんには本当にお世話になりました。
    次に住む所の相談と住んでいるマンションの売却を同時進行で行いましたが、分かりやすい説明と進め方の提示が手際良く、安心してお任せする事が出来ました。
    ネットで何でも調べられる時代ですが相手が何を考え、何を優先するかは会話の中でこそ分かると思います。プロフェッショナルを感じました
  • 30代女性(マンション購入)
    とにかくレスが早い。
    専門知識も豊富で、説明が分かりやすいです。
    担当してくれた方は非常に業界に通じており、ホスピタリティーに溢れていてかなり信用できます。 他社と比べて手数料もとても安いのでオススメの会社です。
  • 60代男性(戸建て購入)
    酒井智様にご担当して頂きました!細かい相談も小さな不安も毎回本当に迅速に対応して頂き、無事マイホームを購入できました!
    酒井さんは大変親切な方でREDSを選んで本当に良かったです。
    仲介手数料も無料で!今物件等お探しで検討してる方は絶対REDの酒井さんに相談してみてください!
※Google口コミより他の口コミを見る

一生に一度あるかの家の購入・売却…

相談したいけど、まだ買うか売るか決まっていない...

いきなり不動産屋さんへ相談に行くのはハードルが高い...

そんな方へ!LINEから気軽に相談でき、宅建士のプロが対応します。

宅建士が対応! LINEでご相談

LINEで気軽に相談したい方へ!