年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
井原 直樹いはら なおき

先物(さきもの)を使った新手の囲い込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年3月29日
公開日:2021年3月22日

こんにちは。

仲介手数料が必ず割引、更には無料の

REDS宅建マイスターの井原です。

 

表題の件、

 

金融業界には「先物取引」などを筆頭に、「先物」という業界用語が浸透しておりますが、

 

不動産業界にも「先物」がございます。

 

不動産業界でいう先物とは、

 

「他社が媒介契約を受けた物件を、自社で広告している物件」です。

 

一般のお客様からすると、

 

物件は同じ物件でしょ?と思われるかもしれませんが、

 

私たちが購入希望のお客様をご案内する時には、

 

先物を掲載している業者ではなく、

 

その大元の業者へ内見を依頼する必要があります。

 

なので、内見を依頼した際に、「それ、先物ですよ」と返されると、

 

ちょっと恥ずかしい思いをします笑。

 

逆に言うと、案内希望の他社業者に対しては「先物です」と言っておけば、

 

深追いされない=囲い込みしやすいと思っている業者もいます。

 

「先物」を使った囲い込み

 

従来型は、

 

単に「先物です」と一点張りして、力ずくで囲い込みます。

 

電柱に貼ってあるチラシを見て、不動産業者として内見を依頼すると、ほとんどこうなります。

 

胡散臭い業者が良く使うワザです。

 

令和版は、

 

本当に先物にして囲い込みます。

 

実際にあったのですが、

 

「先物」の状況をよく聞くと、

 

売主様が依頼している仲介会社は別にあるが、

 

販売活動は全てA社で行っているとの事。

 

少なくともA社は合法的に囲い込みが出来ます。

 

ここまで来たかという感じです。

 

いずれにしても、囲い込みは百害あって一利なし。

 

売主様は広く集客できませんし、

 

買主様は言い値の仲介手数料を支払うことになります。

 

やはり両手仲介の禁止と、REINSの一般開放しか道は無いと思いますね。

 

REDSは仲介手数料が必ず割引、もしくは無料です。

 

気になる物件があるお客様も、

 

これから物件を探すお客様も、

 

「トコトン安心・お得」に物件を探すなら!

 

お気軽に【REDS】井原までご相談ください!

メールはこちら

LINEはこちら

フリーコール 0800-100-6633

携帯電話 080-7564-4417

ご連絡はお気軽にどうぞ!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る