年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
鈴木 朋子すずき ともこ

花粉症でお困りの方!!参考にしていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年3月6日

こんにちは。仲介手数料最大無料または割引の
REDS不動産流通システムの鈴木朋子です。

花粉症の季節がきましたね( ノД`)

私も花粉症で毎日薬を飲んでいます。
先日ご購入いただいたお客様が薬剤師の方だったのでどの薬がいいかお聞きしました!

すると大変丁寧なメールをいただいたので花粉症でお困りの方、ぜひ参考にしていただければと思います!!

 

花粉症、市販でオススメは「アレグラ」とか、商品名は違ってもとにかく「フェキソフェナジンという成分」を使用している商品であればOKです。
どこの会社からも今のところ成分の量は一緒だったと思います。

これでも、鼻水がダラダラ出てきて追加するのであれば、漢方「小青竜湯」というものです。
こちらの場合、成分の量が濃いものから薄いものまで出回ってますので、「満量処方」と書いてあるものを選んでくださいね!
1番濃いやつという意味です。1日3回飲めますが1回でも2回でも、症状がおさまればやめて構いません。
結構夜は落ち着いてもう飲まない方も多いです。

それでもダメな日は、もう、アレグラは飲むのはその日はお休みして、代わりに「プソイドエフェドリン配合の花粉症薬」これを飲んでください。
1日2回タイプもあれば3回タイプもあります。効果は強いですが眠気・口の渇きという副作用も多めです。
でも忙しい日なんかは、特に副作用は私は感じません。
私は個人的に「新アルシン鼻炎カプセル」というのが安いし効くしお守りがわりです。
1シーズンに3-4回くらい使います。

ひどい日もしくは高尾山などに行くのでずっと外でヤバい、という日には、
朝アレグラではなく、この新アルシン鼻炎カプセルを飲み、昼も飲み、さらに小青竜湯も合わせて飲み、
夜はもう 家に帰ってきてて花粉に晒されないので新アルシンも飲まず、アレグラもまぁいっかと飲まず、翌朝からもう酷くなければアレグラに戻しています。

新アルシンをずっと飲みたいとこですが、やはり効果が強すぎるので眠気や口の渇きの副作用も強く出やすく、長期飲むにはオススメ出来ません
いざというときの効果も 徐々に甘くなってしまうとも言われるくらいです。

ですので普段は、1日2回タイプのアレグラや、もう少し弱め?の1日1回タイプのアレジオンにしてほしいのです。
ただ、小青竜湯に関しては何とでも一緒に飲めるのが何と言ってもいいとこなので、眠気や口の渇きと言った副作用はありませんし、一家に一箱オススメです。

 

とても助かりました。鼻水がたれてきてしまうこともあり、今はマスクをしているので大変なので・・・。

本当にありがとうございました!!

花粉症でお困りの方ぜひ参考にしていただければと思います。

 

不動産購入を安く!!仲介手数料安く!諸費用を抑えたい!

不動産をお探しの方!!内覧希望を出す前にご連絡お待ちしております。

仲介手数料安くご紹介できます

まずはREDS不動産流通システムにお問い合わせください!!

インターネットでご覧いただき気になる物件ございましたら、お気軽にメールいただければ仲介手数料お答えします。

仲介手数料は割引きか半額か無料です。諸費用の節約になります。

価格交渉もいたします。

SUUMO・アットホーム・ホームズ等インターネットに掲載の物件は、ほぼご紹介できます。

不動産購入に関してこれはどうなんだろう?

ご質問・家探しは仲介手数料最大無料または割引の

REDS不動産流通システム宅建士の鈴木朋子までお気軽にお問合せお待ちしております。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る